FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ボブとの再会3

2015.04.26 (Sun)


入れられちゃうわ、って、思う間もなく、
身体を圧される様な違和感に、頭をもたげた私の目に見えたのは、
私を上手に、女の身体にしてくれた先輩の、
長さも、太さも倍はありそうな、黒い男の人のものだったんです。

1-320x240.jpg


とても無理だって思いました。
先輩からも、主人からも、そして、私の身体を味わった男の人から、
「順子のって、狭いっていうか、小さいっていうか、きゅうって、すごく絞まるんだね」
そんな恥ずかしいこと、いわれることって、多いんです。
自分の身体の奥がどうなのか、わかんないですけど、
それって、私を抱いた男の人にとって、いいことなんでしょうね。

そんな、小さな、狭い私の中に、驚く程おっきなボブの真っ黒なもの、
圧し入れられようとしてました。

「いや、無理だって」って、そう言ったのに、
何度か、進み、戻り、そして、また、進み、そう繰り返すたびに、
誘われるように、私の身体の奥から溢れ出た愛液が助けたんですね、
とうとう、彼のものの一番太い先の部分が、
私のもの、押し広げ、そして、入り込んできたのでした。

声にならない声を上げながら、私、激しく仰け反りました。
これ以上は、無理だと思えるほど、自分の中が押し広げられ、
そして、今まで知らなかった身体の一番奥に、彼のものが突き入れられてきたんです。

furubokki_982_004_thumb.jpg


両手で彼の厚い胸板を押し上げようとしたのに、
これまで感じなかった彼の重さが被さってくると、
思わず、私、彼の首筋に顔を埋め、その背中を両手で抱き締めてしまってました。
自分の身体が、完全に彼のものになってしまったこと、
もう、諦めるしかなかったんです。

ダウンロード


白い肌、たわわに揺れる乳房、
自分のものとしっかりと繋がり悶える私の身体、
ゆっくりと見下ろしている彼の視線を感じてました。
「気持ちいい、じゅんこ」
そう言うと、彼、厭らしく腰ををうごめかせ、
それまでより、更に奥にまで、自分のもの、こじ入れてきたのです。

後は、もう、彼の思うがままに、突き動かさ、
私、叫び声を上げるのが怖くて、自分からボブのくちびるに吸い付いていたんです。

99cuc.jpg


それは、犯されてるって、言ってもいいように、激しく抱かれました。
朦朧とした自分の身体がうつ伏せにさせられ、
後ろから彼のものが入ってくると、私の乱れは、更に激しいものになり、
狂ったように、髪をふり乱したんです。

1186.jpg


「赤ちゃん 大丈夫?」
そう言ってきたボブへの応えも、
恐ろしいような快感に悶えた私には、それがどういうことなのか、
しっかりと、考えられませんでした。

「じゅんこの中、たくさん」
後ろから揉み続けられていた乳房の手に、それまで以上の力が加わると、
曇ったボブの唸り声が聞こえました。
その途端、私の身体が崩れ落ちるように激しき突かれ、
彼の両手が私の腰になかったら、壁に頭、当たっていたかもしれません。

「まだ 出る」

それは、先輩との営みではなかった、長い射精の時間でした。
それに、私の身体の奥に納めきれなかった彼の多量の男の人の液、
秘唇から、溢れ出ようとしていたんです。

殆ど、気を失いかけてました。
恐ろしいようなボブのもので犯され、彼の男の人の印を受け入れた私の身体、
その身体を襲う治まらない麻痺に、もう、委ねるしかなかったのです。


関連記事
21:13  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

果報者!

黒人さんの巨大なモノをねじ込まれた若き日の順子様、一体どれくらいに乱れたのでしょうか?
でも、順子様を大いに狂わせることができたボブくん、果報者ですよ、ね?
よっしー |  2015.04.28(火) 21:20 | URL |  【編集】

順子さんは、いままでにたくさん?の肉棒を受け入れてきたようですが、まさかの黒い棒まで経験があったとは・・・驚きでした。
最愛のだんな様は、この事実をいつ知ったのかな??既に知っていたからコレが書けたのかな・・・
1回きりだったのか、順子さんはしばらくこの快楽を続けたのかも興味がありますよ~
わんぱく |  2015.04.29(水) 08:44 | URL |  【編集】

果報者

よっしーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

随分と昔のことなんですが、
やっぱり、強烈な思い出として、
こころに残っています。
まだ、それほど、男の人との営み、
慣れていなかったころだったと思うけど、
自分にとっては、
忘れられない経験だったと思います。

痛みはなかったけど、
あれほど、おっきなもの、
自分の身体が受け入れられたことに、
驚いたんですね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。

順子 |  2015.04.29(水) 12:19 | URL |  【編集】

黒い棒まで経験

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、本当にびっくりする経験でした。
ボブとこんなことになるなんて、
全く、考えていなかったのに。

主人にも、話してありますよ。
そのこと話すと、
そのこと刺激になるんでしょうね、
元気になってくれるんです。
ふふ。

一度では、済みませんでした。
身体のほうが、ボブのこと、
忘れられなくなってしまったんです。
また、そのこと、書きたいと思っています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2015.04.29(水) 12:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/303-5ce8a943

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |