FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ボブとの再会

2015.04.18 (Sat)


大学生活に、少しずつ慣れてきた初夏のある日、
高校のクラスメートで、系列の大学に行った友人のみどりちゃんから連絡がありました。
お互い、新入生で忙しい毎日を過ごしていたせいでしょうか、
高校時代はあれほど親しかったのに、三か月振りの懐かしい声だったんです。

私も、叔父さんのところから引っ越し、アパートで初めての一人住まい。
講義や大学生活って、慣れないことばっかりでしたが、
毎日が楽しくて楽しくて、本当に充実した生活のスタートだったんですよ。

kyotanabe.jpg


それに、前にも書いたように、
桜の散る頃に、とうとう、男の人経験して、彼とのお付き合いも始まっていたのでした。

やっぱり、女としての身体が、男の人、欲しがってたんでしょうね、
彼のことを考えただけで、燃えるように熱くなる身体を実感してたんです。

それは、真面目に大学の授業を受けているときもありました。
一人住まいの台所で、サラダを作っているときもありました。
彼のことを、彼の男の人のもの思い出した瞬間に、
熱くなった秘唇から、滲むような蜜液を滴らせようとして、
そんな自分の身体の疼きに、目を閉じてしまうことがあったのです。

仕方のないことだと、そんな自分の女としての身体を許してました。
男性のこと知ったばかりの若い女の身体だから、男の人、欲しがるって仕方のないことだわ、
彼に抱いてもらうこと、何にも代え難い、幸せな時間だと思えたのです。

1916-13s.jpg


「ほら、イギリスに行った時会った人たち、何人か私の大学に短期留学で来てるのよ。
 順子たちのこと話したら、ぜひ、逢いたいって」

前に書いた、高校時代のホームステイ先での友人たちのことです。
まぁ、懐かしいわ、数年ぶり、本当、逢いたいわね。
と、言うことで、みどりちゃんたちが、お膳立てしてくれたんですよ。

当日は、昼間にバーベキューを楽しんで、夜、薪能を見に行くことになりました。

懐かしい皆の笑顔に逢えて、話が弾みます。
三人とも、高校時代、私たち日本からのホームステイの生徒に出会ったことで、
日本に強い興味をもち、もともと、海外への留学をと考えていたので、
迷わず、日本を希望したとのことでした。

一年間の短期留学なんですけど、事前に勉強してたんでしょうね、
日本語も随分と上手になってて、驚いたんですよ。
逆に私たちの英語、全然上達してなくて、困らせちゃったわね。

bbq_photo_02.jpg



ボブのことも、印象強く覚えてました。
白人の多い、ハイスクールの中で、背の高いがっちりした黒人のボブ。
実家はロスアンゼルス、ハワイに別荘を持っているような裕福な家庭で育った彼、
日系人の乳母に育てられ、日本人の家庭教師に勉強を教えてもらったことが、
この街への留学を決めた理由だと話してくれました。

042554f3.jpg


とにかく、片言の日本語と、英語の混じりあう同窓会でしたが、
こうして、また、逢えたこと、皆、すごく喜んでました。

未成年なのに、昼間からお酒飲んでいい気持ちでしたが、
遅れると困るからって、施設のシャワーを浴び、
予定をしていた薪能の会場に向かったんです。

薪能の会場、まぁ、もう、人がいっぱい。
私の街にも能舞台があって、ときどき、お能見ることありましたが、
やっぱり、本場京都の舞台はそれ以上に素晴らしいロケーション、
舞台の両脇には、早々とかがり火、幽玄な雰囲気を醸し出してました。

takigi2.jpg



ボブの隣に座った私、不思議そうに舞台を見ている彼に、
お能の主人公には幽霊が多いことや、恋愛のお話もあることなど、
いろいろと教えてあげると、随分と興味を持って聞いてくれてたみたいです。

お能が終わった後、
あらっ、皆、どこにいっちゃったんだろう。
ボブも困った様子でしたが、もう、遅かったので、そのまま帰ることにしたんです。
神宮を出て、国立大学の横を通り、驚いたことに、ボブの家も同じ方向でした。
まぁ、彼の大学と私の通う大学、お隣同士、
そこの学生だった私たち、当然だったのかもしれませんね。

私のこと、送ってくれてると思ったのに、京都では当たり前の京町家の前に来たとき、
「ここ 僕の家、寄る?」
そう言われた私、正直言うと、ちょっとお手洗い貸してもらいたくて、
あっさりとうなづいたのでした。

images (2)



関連記事
18:10  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/301-cdccfe7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。