FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ホームステイ2

2015.04.01 (Wed)


「お姉ちゃん、おっぱい、おっきいんだね」
下着を外してしまっていた胸、彼の手の平が被い、ゆっくりと揉み始めたんです。
「友達が言ったんだ、日本人の女の人の裸って、どんなか見てきてって」
「あん!」
彼の指に乳首摘ままれ、私、甘い声、上げてしまってました。

3ced830e-s.jpg


今年中学生になったばっかりだというマーク、
右胸の乳首に吸い付いて、上手に舌を使い、甘噛みさえしたんです。

「二週間前、家庭教師の先生と、初めて、セックス、したんだ」
「えっ!」
「上手だって褒められたよ、それに、女の人が、いくって、初めて見たし」

初めて経験したマークを相手に、家庭教師だっていう相手の女性、
悦びに昇り詰める裸体、彼に見せたのかしら。

se461s.jpg


「それに、赤ちゃん大丈夫だからって、たくさん、中に出したんだよ」

下着を脱がされながら、私、そんな話を聞かされながら、ぼぉって、してたんです。

「お姉ちゃん、いいでしょ」って、
返事を聞く前に、マーク、私の身体に被さってきました。
子どもだって思ってたのに、
こうして、上から乗られると、もう、立派な大人の人の身体なんですね。

5774bcf9b85a9518e56905a2118b3712-630x456.jpg


「あぁ、お姉ちゃん、いい匂いがする」
そう言って、私の胸の間に顔を埋めてくると、幸せそうな顔と声。
やだぁ、このまま、マークが、私の初めての男の人になるのかしら。

何時の間にかズボンも脱いでいたマーク。
彼の、男の人のもの、熱く、太く、濡れてて、
私の、太ももや、お腹に触れてきました。
けれど、やっぱり、余りに的外れな動きで、逆に私の方が、なんだか冷静になれたんです。

「ほら、マーク、落ち着いて」
落ち着かせて、どうしようって、思ったんでしょうね。
でも、遅かったんです。

「あぁ、お姉ちゃん」って、
女の子のような細い声を出し、
自分の男の人のもの、私の柔らかい胸に擦り付けると、
どくっ どくっ って、射精、始めちゃったんですよ。

140524c_0023-580x435.jpg


私、細い指を巻き付かせて、精液に濡れた彼のもの、
時夫君にしてあげるように、ゆっくり動かしてあげましたよ。
彼、それが気持ち良かったんでしょうね。
「あぁ、まだ出るよ」って、唸るようにして、
驚く程沢山の男の人の液、私のお腹に撒き散らしたのです。
その温かいもの、私の乳房や肩口、頬にまで飛んできたんですよ。

後で聞いたら、先週の家庭教師の先生との初体験。
お口でおっきくしてもらった後、横に寝かされ、
跨ってきた彼女から手を添えられ、濡れた秘唇に上手に入れてもらったとのことでした。
あぁ、だったら、上手くいくんだろうな。

abe73d49-s.jpg


と、言うことで、びっくりした朝の時間は終わりました。
実は、次の週の朝にも、同じようなことあったんですが、
その時は、私の手で、彼、また、たくさんの男の人の液、
私の胸に振りかけたんです。

午後からは、ジュデイやクラスメートたちと、観光。
マークから教えてもらったハンバーガーも食べてみましたが、
世界中で一番料理の不味いって言われるイギリス、
やっぱり、うわさ通りの味だったのは、残念なことでした。

楽しかった英語研修、沢山のお友達ができましたが、
その中には、大学時代、偶然に再開した人もいたんですよ。
そのお話は、また、いつか書きますね。

729409f393d0eea71c06eda18e79ddc8-300x225.jpg

関連記事
14:20  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/300-94ce7837

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |