FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.04.03 (Fri)


中学時代に親しくしていた友達から電話があり、
私も良く知っている妹さんに、
三人目のお嬢さんが産まれたとのことだったので、お祝いに行ってきました。
ご馳走するからって言われてたんで、久し振りに電車で行ってきたんですよ。

708a1349a218612fa2a95c7bcb66661e.jpg


三人目と言うこともあって、妹さんも子育てに慣れた様子。
上の子どもさんたちと一緒で、お母さん似で本当に可愛らしいんですよ。
赤ちゃん、胸元に抱いて、おっぱいあげているの見ていると、
私も昔のこと、思い出しました。

胸がおっきい人、お乳は心配って聞いてたんですけど、
幸い、沢山出て、二人の子どもたち、母乳で育てること出来ました。

家にあったミルクって、試供品でいただいた小さな缶、ひとつだけだったんです。
それも、とうとう、開けることなかったんですよ。

milk.png


そんな頃、赤ちゃんの泣き声が聞こえると、自然とおっぱいが張って困りました。
パパにも、お願いして、時々飲んでもらってはいたんですが、
赤ちゃんの吸い方と違って、ちょっと強すぎるし、
それに、舌やくちびる使って、いろいろされちゃって、
私の方が我慢できなくなり、そのまま、母乳が吹き出すおっぱいにタオルあてながら、
リビングで抱かれちゃうこと、結構、ありましたね。ふふ。



赤ちゃんが寝ている間に、
近くのお寿司屋さんから届いた、贅沢なお料理、
ちょっと、お酒も頂いて、昼下がりの淡い日差しの射すリビング、
楽しいお話いっぱいしました。
友達も妹さんも、それぞれの旦那様と幸せな家庭築いているみたいで、
本当に、良かったです。

駅まで送ってもらい特急に乗り込むと、
窓際の席に腰を下ろしました。
気付くと、生憎の細い雨が、窓を濡らし始めてました。

日頃は、パパの自動車で移動すること多いけど、
本当は、電車の旅、とっても好きですよ。

別に鉄道ファンじゃないけど、いいですよねぇ、列車の旅。
そんな時間しばらく楽しんでると、
残りいくつか駅のホームに、私を乗せた電車滑り込みました。

images (5)


あら、見覚えのあるレインコート。
黄昏の人ごみの中に、それを見つけた私、思わず胸を震わせました。
早い足取り、背の高いスマートな装い、
それは、まぎれもなく、昔、身体を繋ぎ合った、そう、あの人だったのです。

642861_11_m.jpg


私に気付くかしら。
彼の姿、一度視線の後ろに流れ去りましたが、
発車のベルが鳴り終わり、電車が動き始めていくらもしないうちに、
後ろのドアから入ってきた彼が、私のすぐ横の通路を歩き去り、
三列ほど前の通路側の席に腰を下ろしたんです。

シートの間から、間違いのない端正な顔が伺えました。
けれど、懐かしさの一歩手前で、こみ上げてきたあの頃の思い出。

e231_2.jpg

人妻でありながら、
思いもかけず彼の男の人のもの、始めての女性として、自分の身体に迎えた夜。
テーブルマナーや、ジャケットの柄の選び方を教えたように、
私が年上の女性として、リードするつもりだった男女の営みのこと。

そんな人に言えない夜を重ねるうちに、
いつのまにか、その若さと激しさに翻弄され、
彼のこと、どうしようもなく、忘れられない身体にさせられていたのでした。

唾液を啜り合い、悦びを告げる恥ずかしい声を聞かせたわね。
隙間のないほど彼のもので繋がりあった私の身体の奥に、
あなたの温かい男の人の液、あんなに何度も注いでくれた。

身体が少しでも離れることが嫌で、
両腕と太ももであなたの身体をいつまでも抱きしめていたわ。

022.jpg


けれど、二人が付き合いだして半年ほど経った頃、結婚をして父親になった彼。
それまでのように、身体を繋ぎ合う時間はだんだんとなくなってきて、
私は、彼と逢う前と同じように、
主人からだけ愛されることを求める人妻に、少しずつ戻っていったのです。

シートの間から見える彼の横顔を、溢れそうな涙を我慢しながら見つめていました。
あなたに逢えなくなった今も、
その時のこと、忘れることできないままに暮らしていること、
さりげなく、告げたかったのに。

あれから、随分と永い時間が流れました。
変わったのは、俯いた彼の眼差しと、あの頃より少しだけ伸ばした私のこの髪。

今は、それぞれの待つ人のもとへ、こうして戻って行くのね。
規則正しく続く電車の振動を、そんな風にして、感じていたのです。


暫くすると、彼と私の降りる、終点の駅に着きました。
彼は、とうとう私に気付くことなく立ち上がると、
そのまま振り返ることもしないで、電車の前のドアに向かって歩き出したんです。

彼の姿がそのドアの向こう側に消えたのを見て、
私もゆっくりと立ち上がりました。

ホームに降りて、彼の後姿を探すと、人ごみの中にそれを見つけることができました。
きっと、彼、幸せな生活だろうけど、
そんな後姿、今の私には、やっぱり、ひどく哀しく見えたのです。

DSC02448_convert_20120906185858.jpg


改札口を抜けたころには、彼のその後ろ姿も、人々たちの背中の中に紛れてしまい、
それまで降っていた小雨がやみかけた頃には、
いつものありふれた夜が、この街をゆっくりと包み抱こうとしていたのでした。

20130905_869310.jpg


関連記事
14:33  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

Comment

順子さん、こんにちは。
お花見はされましたか?

駅や空港には色んな方のそれぞれのドラマがありますよね。
年月を重ねて幾つになっても、本気で愛し合った人の想い出はそう簡単には忘れられないですよね。
それはどんな関係であっても…。

せつない歌ですが、某女性歌手の歌は僕も非常に共感できる好きな歌の1つです。
順子さんの今回のお話も違った色気があって良かったですよ。
続きはあるのかな?
今後も順子さんの綴る文章を楽しみにしていますね。
のり |  2015.04.05(日) 11:39 | URL |  【編集】

その彼って…

桜満開なのに雨でお花見できず、欲求不満です(笑)

その彼って、もしかしたら以前の日記に出てきたよしくんですか?

偶然とはいえ、すごい巡り合わせですよね。

もしかしたら彼、順子さんに気がついていたのにわざと気づいてないふりしてたんじゃないかななんて。

素敵な思い出として今を大切にするために、わざと振り返らない意志みたいな。

エロいオッサン的には、気づいて電車降りてすぐにホテルなんて安易な展開もいいですけどね(笑)
流浪の現場監督 |  2015.04.06(月) 00:08 | URL |  【編集】

愛し合った人の想い出

のりさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、あの頃のこと、主人には悪いけど、
本当に、どうかしていたんでしょうね。
年下の、彼の若さに翻弄されていた時間でした。
偶然、彼の後姿見て、いろいろなことが、
思い出されて、ちょっと、辛かったです。

桜、満開ですよ。
綺麗ですね。主人や帰省していた娘たちと、
ちょっとだけですけど、
見物に行きました。
本当は、桜の下で、宴会したかったんですけど。

コメント、ありがとうございました。
次は、2月に行った東京でのこと、
書かせてもらいますね。
順子 |  2015.04.06(月) 07:31 | URL |  【編集】

素敵な思い出として今を大切に

流浪の現場監督さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

桜、満開です。
家族で見物にいって、満足してます。

えぇ、おっしゃる通り、彼のことです。
暫く勤めていた事務所での出会い、
始めての女性として、彼を迎えた夜、
彼の結婚、奥様の出産。
いろいろなことがありました。

主人には話してあるんですけど、
彼が父親になったあとも、
何度か二人だけで、逢ったことがありました。
それは、いつかまた、書きますね。

電車降りて、すぐにホテル!
ふふ、そんなこと、ありませんでしたよ。
すいません、流浪の現場監督さんの、
ご希望通りに行かなくて。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2015.04.06(月) 07:38 | URL |  【編集】

せつないですね

順子さんの気持ちですが、男性にはちょっと理解出来ないかもしれませんね。少なくとも、僕ならば声をかけますね。その後のことは考えずに(笑)
そして、流浪の現場監督さんのコメントのようになると思います。
そこら辺が女性との違いかもしれません。というか、順子さんと他の人との違いかも?

岡山の桜はこの雨で大分散ってしまいました。
今年の桜は短かったです。
にせ医者 |  2015.04.06(月) 16:51 | URL |  【編集】

毎日、花吹雪が散る中、花の命のはかなさに、寂しさを含んだ春のときめきを感じます。駅でのこと、まさにそんな感じですかね?私どもの庭の池には、今年もなんとカルガモが番でやってきてます。もう一月もすると、コガモが池に浮かんでいるのでは。。。
でも、本当に可愛いんですよ。
東京でのこと、楽しみにしています。
寅之助 |  2015.04.06(月) 18:08 | URL |  【編集】

今年の桜は短かったです

にせ医者さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

とても、声、かけられませんでした。
そんな気持には、なれなかったのです。
それが、男性と女性との違いなのかもしれませんね。
でも、今でも、彼のこと思い出すと、
こころが染まります。
もう一度、偶然逢えたら、
間違いが起こるのかもしれませんね。
そんなことないように、祈ってはいるんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2015.04.07(火) 11:01 | URL |  【編集】

コガモが池に

寅之助さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、カルガモの浮かぶ池が、お宅にあるなんて素敵ですね。
それに、カルガモ、可愛らしいでしょうね。
見てみたいなぁ。

東京でのできごと書かせて頂きます。
いろいろと、お世話になりました。

コメント、ありがとうございます。
スカイツリーでの夜景、今も忘れられません。
順子 |  2015.04.07(火) 11:06 | URL |  【編集】

成長した彼を見つけたとき、
順子さんの中に眠る女性がどんな反応をしたのか
すごくよく分かる日記だね

未成熟な彼に翻弄されて、妻であることを忘れさせられた順子さん
今の一段と成長した彼とまた会ってしまったら
きっと前以上の感覚を刻み込まれてしまうのかも
それこそ、今も続くような…。

その後のその後の話も
聞けるのを楽しみにしてます
  |  2015.04.07(火) 20:04 | URL |  【編集】

東京での事、改めてお礼申し上げます。
お食事も気に入って頂けたようで良かったです。地方からお見えの方の接待には、本当に気を遣います。何故って、地方の方が素材の新鮮さが圧倒的に東京より上。因って、お魚には気を遣いますね。
スカイツリーのレストラン、良かったでしょ!夜景が本当に綺麗でしたが、順子さんの美しさが勝っていたかな!
どこまで、綴られるのか楽しみです。
寅之助 |  2015.04.10(金) 20:55 | URL |  【編集】

夜景が本当に綺麗でした

寅之助さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、東京での夜、
ありがとうございました。
いろいろと、気を遣っていただいて、
素晴らしい時間、過ごすことができました。

連れて行っていただいた、
スカイツリ-からの夜景、
本当に綺麗でした。
良い、思い出ができましたよ。

北陸新幹線ができて、
東京と私の街、近くなりました。
また、お逢いできること、
楽しみにしています。

東京での夜のこと、
重ねてお礼、申し上げます。

順子 |  2015.04.11(土) 18:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/297-ea87d26b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |