FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

スカイツリーの夜3

2015.04.14 (Tue)


大きく開かれた私の太股の間に、しっかりと埋もれた彼の髪の下から、
ぴちゃぴちゃって、濡れた音が聞こえてくるようでした。
おびただしく溢れ、奥から透明の愛液を滴らせている秘唇の溝を上手に開いて、
それまで、柔芽をなぞっていた彼の舌が、ゆっくりと奥にまで入り込んできたのです。

kn269.jpg

聞かせたくない甘い声が、部屋の中に薄らと浮かび流れるのが分かり、
巧みなその舌先の動きに、
いくらもしないうち、私、胸を仰け反らせて、恥ずかしい悦びの声を漏らすと、
彼が望んだままに、強い頂に昇り詰めることを、告げたのでした。

02047.jpg


麻痺の治まらない私の乳房の間を、
今しがた秘唇の中に挿し入れられていた彼の舌が這い上り、
私の愛液と、二人の唾液に濡れた唇が、重なり合うと、
当たり前のように、口の中に忍び込んできた彼の舌に、
私、自分から舌を絡ませてしまってたんです。

2014-02-22 16.38.47

逞しい腰が、太腿を押し開き、驚く程熱い彼のものが、
とうとう、愛液を滴らせた秘唇をゆっくりと押し開き始めました。

主人以外には、聞かせてはいけない声を漏らしながら、
私、その腰を、両手で引き寄せ、そして、さらに、その腰に太ももを絡め、
彼が、望むままに、彼の男の人のもの、
ほんの僅かの隙間さえないように、身体の一番奥に迎え入れてしまったのです。

私の身体、緩やかな彼の腰の動きに、女として上手に応えはじめ、
夫以外の男の人を迎えること、いけないことだとわかっていたのに、
もう、仕方のないように、思えてしまっていたのでしょうね。

se461s.jpg


桃色の悦びは、驚く程早く、私の身体を襲い、
はしたない声を聞かれたくなくて、私、
慌てるようにして、彼のくちびる、自分からねだるしかなかったのです。

いくらもしないままに、眩むような悦びの頂の中で、
彼の温かい男の人の印が、身体の一番奥に注ぎ込まれてきたことが分かりました。
そして、そのことを知らされた私、
身体を震わせながら、彼の首筋に齧りついていったのでした。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg

頬を、くちびるを、首筋を、彼の温かい舌が這い回り、
二人の営みが、しっかり幕を下ろそうとしていることを感じさせられた私。

霞んだ瞳の先には、ベッドの真上にある、
煌びやかな小さなライトの光が彼の肩口の向こうに見えましたが、
その僅かな光たちが、
琥珀色のシャンパングラスの中に沈んでいる街のネオンに、
だんだんと、姿を変えて行ったのです。

N811_teburuniokaretasyanpangurasu500-thumb-759x500-2169.jpg


二杯目のシャンパングラスの向こう側に、
夜の闇の濃さが増し、更にその美しさを際立たせた東京の街の灯がありました。

少し酔ってたのかもしれません。
煌めくネオンの光から目を逸らし、そっとまぶたを閉じた、ほんの僅かな時間、
私、彼に申し訳のないような、恥ずかしいこと思い浮かべていたんですね。

そんな恥ずかしい夢のせいでしょうか、身体が少しだけ潤んでしまったこと、
彼に悟られないように、私、もう一度、くちびるにグラス、当てたのでした。


「さあ」
そう言って、彼、席を立ちました。
何も言われないのに、少しだけ、身体、預けると、
彼に自分の腕を絡めながら、エレベーターに向かいます。

もう、二人だけで、こうして眺めること、しばらくはないだろう東京の美しい夜の光が、
そんな二人を、そっと包むように、見送ってくれたのでした。

thumb5.jpg


それから、どうしたかって、
ごめんなさい、それは、みつ川の夜の時とおなじように、
ふふ、ひ・み・つ です。

IMG_3995.jpg
関連記事
07:12  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

東京の美しい夜の光

初めまして千歳からです。人生を楽しんでいる順子さんが輝いて見えます。ブログ楽しみにしているので、続きを書いてくださいね。
シゲ |  2015.04.15(水) 00:55 | URL |  【編集】

シゲさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

始めてのコメントなんですね。
ありがとうございます。
最近は、カウンターの数も伸びやみで、
ちょっと、自信失くしてるときだったので、
始めての方に、コメントいただいて、
とても、嬉しく思っています。

人生、楽しんでいるんでしょうね。
これでも、いろいろ苦労はしてるんですけど、
幸せな人生だとは、思っています。

冬に戻ったような寒さ、
千歳はいかがですか。
北海道には何度もいって、いろいろと思い出もありますよ。
体調を崩さないように、ご自愛ください。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、宜しく、お願いしますね。
順子 |  2015.04.15(水) 07:15 | URL |  【編集】

おはようございます。
いつも楽しく拝見しております。
それにしても、スカイツリーからの夜景は見事でしたね。当日は素敵な天気でもあり、本当に良かったと思います。
順子さんはいつも素敵な事を妄想されているんですね。かく言う私もですが、一瞬一瞬の出来事、他人には解らないその一瞬の思い、そうしたことの積み重ねが人生なんでしょう。決して他の人に迷惑がかからなければ、どんな一瞬を積み重ねても、きっと幸福な人生になるのでしょうね。
来月又金沢に参るのですが、新幹線の影響か、ホテルが全く取れずに困ってます。
間近になれば、キャンセル出るかな?と。
それでは。
寅之助 |  2015.04.15(水) 09:05 | URL |  【編集】

素敵な事を妄想

寅之助さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

ほんの短い時間だったのに、
変な妄想して、恥ずかしいです。
寅之助さんに、ご迷惑かけました。

えぇ、私の街、観光客の方でいっぱいです。
兼六園も、遊歩道が渋滞状態、
あんなの見たことありませんよ。

コメント、ありがとうございました。
東京の夜、楽しかったです。

順子 |  2015.04.15(水) 15:00 | URL |  【編集】

はじめまして。

おはようございます。
最近、順子さんHPに行き当たり幸せな気分になっています。

美しい躰とブログを見ていろいろと妄想に耽っています。

また寄り道します。
hide |  2015.04.16(木) 08:50 | URL |  【編集】

いろいろと妄想

hideさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

あら、hideさん、前にもコメントいただいた気がしますが、同姓の方なんでしょうか。

えぇ、いろいろ妄想、よくありますよね。
私のブログでそうなってくれるの、
嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしく、お願いしますね。
順子 |  2015.04.16(木) 14:09 | URL |  【編集】

返信ありがとうございます。

こんにちわです。

たぶん初めてだと思いますが、もし不愉快な思いをさせてしまっていたらゴメンナサイです。

これからも時々ですがコメント送りたいと思います・・・・宜しくです。
hide |  2015.04.17(金) 11:58 | URL |  【編集】

これからも時々ですがコメント

hideさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

全然、不愉快なんてなりませんよ。
皆さんからコメントいただくこと、
本当に、嬉しく思っているし、
ブログ続ける励みになっています。

まだ、お若い方なのかなぁ、
今後とも宜しくお願いしますね。
順子 |  2015.04.18(土) 18:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/296-1e2a870a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。