FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

大雪の別荘で7

2015.02.28 (Sat)


521a9c73-s.jpg


上質な羽毛布団の暖かさの中で、薄らと目を覚ましました。
裸の乳房を、Tさんの手の平が、ゆっくりと楽しんでいたのです。
私が目を覚ましたこと、わかったのでしょうか、
彼、そっと、顔を寄せて、くちびるを求めてきました。
私、満たされた夜を過ごした恋人たちのように、
自分のくちびる、重ね合せてしまったのです。

a6dd3de1-s.jpg


驚く程、長い時間愛されていたように思えました。
彼の、求めるがままに抱かれ、何度も悦びの声を聞かせてしまった夜でした。
けれど、それは、妻として、夫以外には聞かせてはならない、声だったはずなのに。

ju65s.jpg


乳房から広がる淡い快感と、
挿し入れられた舌から逃げようとした自分の舌を強く吸われことで、
私、彼の背中に回した両手に、おもわず、力を入れようとしましたが、
その時、枕元にある、丸まったいくつかのテイッシュが目に入ったのでした。

あぁ、あんなに、沢山、何度も。
それは、自分の身体の奥に出せなかった、彼の男の人の液を溜めた、
スキンを包んだものに間違いありませんでした。
私、慌てて彼の腕からすり抜けると、
それを改めて数枚のテッシュに包み直し、部屋の隅の塵箱の一番下に潜り込ませました。

「今度は、大丈夫なときにね」
そんな私の後ろ姿に、彼、そう、言ったんですよ。



隣のリビングの先にある台所から、何かしら、音がした気がしました。
私、だらしなく脱がされていた下着とベビードールを慌てて身に着けると、
Tさんの顔、見れぬままに、リビングに向かったのでした。

1799720_0.jpg


「順子、ほら、洋服置いておいたわよ」
リビングのフローリングに、きちんと畳まれた部屋着が置いてありました。

梳かしていない髪は後回しにして、
里子さんの横で、朝ごはんの準備を始めました。

「順子、ごめんなさいね」
そう、言った里子さんの言葉、聞こえない振りをして、
ボールに入ったマカロニサラダ混ぜたんです。

94524355_624.jpg


それから、暫くすると、各自部屋から降りてきてグルーミング。
皆が揃ったところで、いただきまーす。
でも、やっぱり、なんだか、皆、昨日と違う雰囲気。
それは、そうですよね。
お互い、言えないような桃色の熱い夜過ごしたんですから。

see356.jpg


「雪、すごいね」って、Tさんがぽつり。
本当は、もう、一泊する予定だったんですけど、
結局、玄関やベランダの軒先、少しだけ雪下ろしした後、
お昼過ぎには帰ることになったんですよ。

滑らないタイヤを付けた、二台の自動車、
それぞれが、それぞれの胸の中に、昨夜のこと秘めながら、
自宅に向けて出発。

「楽しかったかい」
そう言って、そっと私の手を握り絞めたパパ、
私は、返事することもできず、そっと目を閉じるたのでした。

imagesCA1V8QR3.jpg


フロントガラスをなぞるワイパーの小さな音が、
私が眠るまでの暫くの間、聞こえてはいたんですが…


関連記事
10:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

Comment

それぞれの名残が胸のうちに

3つのカップルが楽しんだ名残を残して2台の車で帰られたのですね~
雪のせい、またはお陰で、もう一泊しなくて、名残と平和が混ざり合った状態で帰れたのではないでしょうか?
きっと、パパが帰られた夜順子さんをしっかり求めたことでしょう(内緒かな)

東京に行かれて、誰かと会われるみたいですので、そこでもまた関係が生まれそうですね~
名古屋にもおいしい食べ物がありますのでお越しいただければと思います。

一度、フェラだけでもしてもらいたいなあ~Tさんと比べてもらいながら(笑)
わんぱく |  2015.02.28(土) 15:51 | URL |  【編集】

淫乱、ビッチな人妻

今回の「大雪の別荘で」を読んで私はちょっと引いてしまいました。
前にどなたかのコメントに「恥じらいがないただの淫乱にならないのがよい」というのが有ったと思いますが、私も同意見です。
以前順子さんは旦那さんの寝取らせ寝取られ性癖が無ければ、自分から積極的に他の男性と関係を持つことはないと言われていました。しかし先月の投稿で、旦那さんがご存知ない数人の男性と関係を持ったと告白されていました。
また今回は妊娠確実な日に避妊無しでTさんの精を受けられました(実際はTさんの良識で回避されましたが…)。

これでは、恥じらいがないとは言いませんが、ただの淫乱、ビッチな人妻と言われても仕方が無いように思います。

性の悦楽を求める趣味嗜好は人それぞれで、他人がとやかく言うことではないことは良く分かっています。

ただ私が心配しているのは、今回のスワッピングには3組6人のご夫婦が参加されていますが、少なからず他のお相手をされた方に対して恋愛感情が生まれないのかということです。
また、順子さんとTさん、旦那さんと里子さんといった別のパートナーとの個別の旅行とかもありです。そうなれば当然お子様達には嘘をついて行かなければなりません。
湖面に小石を投げ入れて出来た小さな波紋が、知らず知らずの内に大きな波にならないとも限りません。
これでは御夫婦二人だけの問題ではなく、お子さんも含めた三家族全員の問題になって仕舞います。
私のような部外者の老婆心で前にもコメントしましたが、それぞれのご家庭にこれからも何も問題が起きないことを祈っています。
クーガー |  2015.03.01(日) 10:16 | URL |  【編集】

フェラだけでも

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

心配していた通り、
Tさんに抱かれた夜を過ごした大雪の別荘。
皆も、桃色の夜を過ごしてしまったのでしょうね。
ここに来ると、いつもそう。
困るわ、自分の家じゃないから、
皆、大胆になってしまうんでしょうね。

ふふ、フェラ、私上手だってパパからよく言われます。
あんまり、嬉しくはないんですけど、
そんなときは、パパに喜んでもらいたくて、
一生懸命です。

わんぱくさんの、お口に咥えるのできないけど、
私からだって思って、彼女さんにしてもらってくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、おねがいします。

順子 |  2015.03.02(月) 08:44 | URL |  【編集】

ただの淫乱

クーガーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

「ただの淫乱」、自分ではそうだとは思っていませんでしたが、
クーガーさんがおっしゃるように、
本当は私、そうかもしれませんね。

主人にはまだ話してはいない男性との関係、
確かに、あるんです。
その時って、やっぱり、身体の要求のままに、
男の人、受け入れていたの、正直なところです。

いつもは、主人以外の男性に指一本触れられないようにって、
そう、思っているんですけど、
その時になると、自分の身体が求めるがままに、
流されてしまっているんですね。
主人には申し訳なく思っています。

身体を繋ぎあって、刹那的な快感を求めること以上に、
お相手の方と感情的な発展があることは、今は心配していません。

主人たちのことも、そして、私たちのことも。
でも、Tさんから、愛されているときって、
申し訳ないけど、主人のこと、こころにはないんですよ。

むしろ、他の男性に抱かれたあとほど、
狂おしい主人への愛情を感じています。

へんですよね、
でも、今はそれが、正直な気持ちなんです。

「皆の幸せが続くように」
Tさんの言葉を、信じています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



順子 |  2015.03.02(月) 09:00 | URL |  【編集】

>フロントガラスをなぞるワイパーの小さな音が、私が眠るまでの暫くの間、聞こえてはいたんですが…

って、まだこの後何かあったんですか?楽しみです。今回はいつもよりもワクワクドキドキが長く続きそうですね。
よっしー |  2015.03.02(月) 20:12 | URL |  【編集】

こんばんは、順子さん。

今回のお話、私自身は凄く燃えましたよ。
ご自身、ご主人、ご家族、お仲間との関係、世間体…。
色々なことが気になりながらも、他の男性に抱かれてしまう順子さんの性のようなものも感じてしまいました。
だからこそ、順子さん、貴方を抱きたくなったのかもしれません。

背徳とは快楽と罪悪感の中にしか存在しないもの…。
どうぞ、そのままで。

また、私の中の順子さんを抱かせてくださいね?
のり |  2015.03.02(月) 21:51 | URL |  【編集】

ワクワクドキドキ

よっしーさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

ふふ、私の文末処理がいけなかったですね。
今回のお話は、これで終わりです。
すいません。

ワクワクドキドキ、楽しんでいただいたのなら
よかったかなぁって、思います。
これからも、宜しくお願いしますね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2015.03.03(火) 14:33 | URL |  【編集】

他の男性に抱かれてしまう順子

のりさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、困った自分だとは、思っています。
年齢的に、今が、一番、男の人、
欲しい時なんでしょうか。
なんだか、隙だらけで、
自分でも、困惑しています。

えぇ、のりさんの中の私って、どんな人なんでしょうか。
夢の中で、満足するまで可愛がってあげてくださいね。
ふふ、お願いします。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2015.03.03(火) 14:36 | URL |  【編集】

本当に隙だらけの女性は、自分の事隙だらけなんて判っていませんよ。

なぜご主人に申し訳ないんですか?
ご主人は順子さんがTさんに抱かれる事に興奮するし、それを望んでいるのでしょう?。

困るわ…申し訳ない…と言いながら、文章のあちこちに女性の計算高さが感じられとても勉強になります。
ナオ |  2015.03.03(火) 15:44 | URL |  【編集】

夫婦両想い

順子さん、いつもながら優美な文章と内容のギャップに
男の本性がかきむしられる様に込み上げます。

寝取られやスワップを愉しめるのは、お互いが全てを解き放ってこそです。
他人の匂いを纏うほどに、その全てを取り返そうと更なる愛情が湧き上がる・・・。
俺も見たいと思いますよ。
妻が自ら望んで、他人棒との肉欲に溺れる様を。
そして溺れた妻を最後の最後で助け出す^^
気がついた時、いつも目の前に夫がいるんです。
な~んて・・・
年甲斐も無く、王子様症候群で面目無い(苦笑)
ドボン |  2015.03.03(火) 16:51 | URL |  【編集】

女性の計算高さ

ナオさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

女性の計算高さ、って、
私には、よくわからないんですけど、
ナオさんには、そんな風に感じられるんでしょうね。
理性よりも身体の方が、正直なのかなぁって、
そうは思ってはいるんですけど。

主人のことは、そうだろうと思います。
お互いの家庭、大事にしてくれれば、
それが一番だって思っています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2015.03.04(水) 07:24 | URL |  【編集】

王子様症候群

ドボンさん、おはようございます。
コメント、ありがとうござます。

ふふ、王子様症候群って、おもしろいですね。
「いつか王子様が」の曲が思い出されました。
おっしゃるように、
女性って、いつも王子様が助けにきてくれるって、思っているのは確かだと思います。
でも、その王子様が、夫ではない場合があるので、困ったものですね。

兼六園の雪吊りも外されました。
暖かい春が、早く来るといいですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2015.03.04(水) 07:28 | URL |  【編集】

金沢にて

順子さんお久しぶりです。
今朝、東京に戻りました。
今回は富山・金沢・京都とめぐり、
今朝朝一便の新幹線で。
順子さんとTさん。何とも表現が出来ませんが、いつも素敵な文章に引き込まれています。寝取られ、、、微妙な感覚が常に頭に残り、想像すると何か感じる事が有ります。
もう少し若ければ。
今週は東京でしたね。お気をつけてお越しください。今日は冷えてますが、きっと暖かな日差しが迎えてくれることと思います。
スカイツリーの空中レストラン、僕の友人がプロデュースしたのですよ。いつも満員のようですので、もし、そちらをご希望でしたらお手伝いしますね。
寅之助 |  2015.03.06(金) 12:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/293-a2dbaee4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |