FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

白馬のスキー場3

2015.03.20 (Fri)


朝からレストランで、バイキングの朝食。
あらっ、Sさんたち、遅いわね。
やだぁ、夜も、また、仲良ししたのかしら。

main_02.jpg


午前中、雪質も上々で、皆、スキー存分に楽しみました。
皆さんもご存じのように、どんなに仲の良い二人でも、
スキーしてる時って、一緒にいることって無理ですよね。
私たちも、初めは同じコース滑ってたんですけど、
後では、パパ、どこにいるのか、分かんなくなりました。

img_plan01.jpg


林間コース、ゆっくり一人で滑り降りてると、
「あらっ パパだわ」
コースの端で、スキー脱いでたんです。

「どうしたの?」
「うん、ビンデイングがね、ちょっと、がたがたして」って、
ヒールピースの調整してるみたい。
コースを繋ぐための林間コース。
なぜだか、滑ってくる人もいなくて、雪を被った黒い樹林に囲まれた、
雪しずりの音しか聞こえない静かな時間でした。

532-2.jpg


調整が終わって、顔を上げたパパ、
なぜだか、私の顔を見つめているんです。

「やだぁ、どうしたの、顔に何かついてるの?」
そう、恥ずかしそうに言うと、
「まつげに結晶がのってるんだ。順子、綺麗」って言って、
パパ、私のこと、林の陰に連れて行くと、そっと、抱き寄せてくれたんです。

E1405371091146_1.jpg


気温が低くて、乾燥してるんでしょうね。
私の睫毛に、きっと溶けてない雪の結晶が乗ってたんだと思います。
誰か来たら、たいへんなのに、
重なったきたくちびる、まぶたを閉じて委ねました。

糸を引くようにしてくちびるが離れると、
「ホテルに帰ろうか?」って、そう言ってくれたパパ。
私、熱くなった身体を感じながら、小さくうなづいたのです。

パパのシュプールの後、重なるように滑ります。
目の前に近づいてきたホテル、
そして、その二人の部屋のベッドの上で、午後は私のこと、可愛がってくれるのかなぁ、
そう、思ったとき、下着の中の両胸の乳首、
きゅーんって、硬くなったんです。

7959893f-s.jpg


二日目のお昼、幸せな、幸せな時間だったんですよ。



関連記事
09:44  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/290-040098cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。