FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大雪の別荘で3

2015.02.06 (Fri)



残り物をそのままのお皿で冷蔵庫に入れてしまうと、
後は、各自の取り皿とコップを洗うだけでした。
いつもは、女性たちでわいわいと片づけるんだけど、
あらっ、今夜は私だけ?別にかまわないけど。

最後のお皿を洗い終えた私、
手を拭きながら自分たちの二階の部屋に向かいました。
けれど、その途中で、なぜだか、はっと気が付いたのです。
私たちの部屋に、パパ以外に人がいること。

ドアを開くまでもなく、廊下にまで、その声、微かに漏れてました。
それは、明らかに、
男女の営みのとき、女性が聞かせてしまう悦びの声だったのです。

bcf97cad711068dd883e96e6a7b1f70d-630x427.jpg


やだぁ、私がくるってわかってるはずなのに、
妻として納得できないまま、さっきまでいたリビングに降りると、
フローリングの窓際に置かれた、二人掛けのソファーに腰を下ろしたのでした。

case1_img_04.jpg


夕食のときより更に光量を下げた部屋の中、
暖かい暖房と酔い、そして、思いもよらない成り行きに、
ゆらっとした眩暈を感じましたが、その時、隣の和室のドアが開かれたのです。

「おや、どうしたの。ああ、そうか、あいつを里子に取られて居場所がないんだ」

そう言いながらTさん、ゆっくりと私の方に近づいて隣に座ると、
少し強引に肩を抱き寄せたのでした。

素肌の肩を、Tさんの手の平がなぞり、
さっきと同じように、長い髪の下に隠れた耳元に、
熱いくちびる 触れてきたんです。

1a83a069-s.jpg


「駄目よ!」
勿論 私、そう言って、抗いましたよ。
彼の舌先が、耳元を這い回り、そして、耳たぶをそっと噛んだのですもの。

「いやっ、かんにんして」
身体を揺すって、その温かな舌から逃げようとした私に、彼ったら、
「いいだろう、ほら、もう、他人じゃないんだから」
熱い息の中でそう言って、
ベビードールの胸元を大きく開くと、手のひらを滑り込ませてきたんです。

248ff508e4e09538bdd415f3a3561c26-630x804.jpg


本当は聞きたくないその一言と、
ゆっくりと揉まれた乳房からの甘い快感に促された私、
彼の肩口に、そっと頬を寄せてしまったのです。

大好きな主人が、すぐ近くにいるというのに。
けれど、その主人は、今、妻ではない他の女性と抱き合っていること、
それが、私を混乱させたんでしょうね。
いくらもしないうちに、当然のように求められたくちびるさえも、
私、殆ど抗うことなく、許してしまったのでした。

a6dd3de1-s.jpg


逃げる私の舌に絡みついた彼の長い舌、そして、息が止まるほど強く吸われました。
「さぁ」
Tさんに促されるように引き起された私は、
そのまま、リビングの隣にある日本間に、抱かれるように連れていかれ、
Tさんたちのものである、上質な布団の上に二人、絡まるようにして横になりました。

「嫌! 堪忍して」
けれど、その時には、彼のくちびる、もう、私の左側の乳首に吸い付いていて、
私の全身から、あっと言う間に、身に着けているものがなくなったのです。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg


リビング同様、温かではありましたが、
恥ずかしくて、両手で胸元を隠しました。
既に、身体の関係があるTさんでしたが、
それは、夏の朝の慌ただしい営みで、
こんなして、裸の身体を見られること、これが初めてだったのです。

c3737040-s.jpg


そんな両手を引きはがすようにすると、
彼、私の身体、上から見下ろしているのが分かりました。

顔を横に向けて、目をしっかりと閉じて、
その視線から逃れるようにしたつもりだったのに、
「あの時は、こんなふうにして、順子の身体、見られなかったから」って。

そして、ゆっくりと、自分の身体、多い被せてきたのです。
部屋の温度以上と思われる、熱い彼の身体が重なり、
私、もう、観念するしかないって、そう、思ったのです。
思い出せない、彼の良い香りが私の身体を包んでいました。

5774bcf9b85a9518e56905a2118b3712-630x456.jpg


くちづけを受け、乳房を愛され、
気持ちとは裏腹に、私の身体、Tさんを迎える準備を終えていました。
呼吸をするたびに、秘唇から、知られたくない恥ずかしい透明な蜜液が、
溢れ漏れていたのが、自分にも分かったのです。

「今夜は、ゆっくりと順子の身体、楽しませてくれよ」
その言葉の終わらないうちに、
彼の、驚く程熱い男の人のものが、私の濡れそぼった秘唇を押し広げ始めました。

67d0636d-s.jpg

あなたがいけないのよ

Tさんのもの、少しずつ迎え入れながら、
今、ここにはいない大好きな主人に、私、そう言うしかなかったのです。

2f16f2f1284fc57e7413c5ea22ff940e-630x472.jpg




関連記事
10:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

こんばんは、順子様。またまた久しぶりにコメントさせていただきます。京都では
>来年は、パパ一人だけの自分の身体であることを願って、私、うっすらと涙を浮かべながら、パパの背中、一生懸命、抱き絞めたのでした・・・・
なのにまたまたTさんに貫かれてしまったのですね。気持ちでは抗いつつも、体はTさんを迎え入れる準備をしてしまう。何というか、女の業(ごう)を感じます。その辺の気持ちの揺れが見事に表現されていて、読んでてタマリマセン!これからも楽しませて下さいませ!
よっしー |  2015.02.07(土) 01:45 | URL |  【編集】

順子さんこんばんは。
御無沙汰しておりました。
拝読するだけでコメントを書けずにすいませんでした。
でも、順子さんファンはやめていませんよ。

今回はじっくりTさんに愛されそうですね。
背徳を感じながらもTさんに抱かれてしまう順子さんを想像してしまいました。
Tさんとのこと、もっと教えてくださいね。
続きをお待ちしています。
のり |  2015.02.07(土) 02:22 | URL |  【編集】

言葉とは裏腹に

夏のリベンジがいよいよ始まったのですね
今回はベットの上で、

大好きなご主人も里子さんと
楽しんでいるし、より一層燃え上がる
雰囲気が出来てしまいましたね(^_^)

Tさんの大きい物を待ち望んでいた
順子さんオナニーしていてもTさんを
思い浮かべてしまう程他人で無くなった
Tさんの物が欲しくて欲しくて
たまらなくなって、そうした思いが
今回は果たすことが出来るのですね(*^_^*)

順子さんがTさんと交わりながら乱れる
様子が目に浮かび嫉妬と興奮で続きが
待ち遠しいです(^_^;)楽しみにしています。
あきら |  2015.02.07(土) 09:19 | URL |  【編集】

Tさんに貫かれてしまったの

ヨッシーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、お久しぶりですね。
コメントないと、頑張ってブログ書いても、
誰も読んでくれてないのかなぁって、
寂しく思ってました。
面倒だとはおもいますけど、
宜しくお願いしますね。

主人には申し訳ないって思っています。
いくら、その時、
パパ、私とは別の人と一緒にいたとしても、
妻の私が、別の人と、こんなことしてるんですから。

実は、この時のこと、年末に主人に聞かれて、仕方なく話したんですけど、
それから、ほとんど、毎日抱かれちゃいました。
男の人って、大好きなもとられそうになると、元気になってくれるんですね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。




順子 |  2015.02.07(土) 10:04 | URL |  【編集】

背徳を感じながらもTさんに抱かれ

のりさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

久し振りのコメント、嬉しかったです。
でも、困ったことになったこと、
読んでいただいて、
やっぱり、恥ずかしいですね。

Tさん、余り詳しくは書けないんですよ。
詳しく書くと、狭い私の街のこと、
直ぐに誰か、分かってしまうんです。
主人との関わりも、同じことで書けないんです。
ただ、結婚する前、主人から紹介され、
家族ぐるみのお付き合いが、
もう、随分と続いています。
でも、こんなことになるなんて、思っていませんでした。

「君と、いつか、こうなれればいいって思ってた」って、
言われたことがあります。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2015.02.07(土) 10:10 | URL |  【編集】

Tさんの物が欲しくて

あきらさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

Tさんのもの、
欲しくて別荘に来たわけではなかったんですが、
こんなことに、なってしまいました。

パパと里子さんとのことがあったんで、
仕方のないことだと、
あきらめてしまったのでしょうね。

ここ数日の天候は平穏で、
過ごしやすいです。
あきらさんの街は、いかがですか。
順子 |  2015.02.07(土) 10:18 | URL |  【編集】

1階の和室にTさんが1人ということは、3組の夫たちがスワップすることにあらかじめ同意していた気がします。
だんな様は、聡子さんがお気に入りで,M先生も。。。
もちろん順子さんとTさんは、相思相愛の関係ですし、これからも季節ごとにこうした関係が、はたまた個別に旅行に出かけることもあるのでは・・・
旅行に行っている間に残った男女も仲良くしていたり~
いい関係が続くこと願ってます(うらやましい)

わんぱく |  2015.02.07(土) 15:00 | URL |  【編集】

スワップすること

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

スワップすること、夫婦の交換、
心配してはいましたが、
そんなこと、なければ良いのにって、
思っていたんですよ。
けれど、こんなことになってしまって。

「二人だけで、旅行に行きたい」
今も、Tさんからそう言われています。
もしも、そうなったら、
前の旅行のようには、いかないこと、
分かっているんです。

コメント、ありがとうございました。
お久し振りでしたね。
今後とも、よろしくお願いします。
順子 |  2015.02.08(日) 09:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/283-d3e230a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。