FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

パパの骨折3

2014.11.26 (Wed)


病室では、足首以外はいたって元気なパパと一緒に過ごし、
時々、お茶を入れてあげたり、身の回りの世話をしたり、本を読んだり、
私自身は、とっても幸せでした。
夕食が終わって一人で帰るの、とても寂しかったこと覚えてます。

リハビリも順調な経過で、日頃の歩行も大方大丈夫になり、
待ちに待った退院まで、後数日になった日、
また、また、恥ずかしいことありました。

DVC00311.jpg

あれから、二度ほど、パパの、お口で出してあげてて、
その日もシャワーの手伝いをしてたら、また、おっきくしてリクエスト。
けれど、今日は、それだけじゃぁ嫌だって、
そうかもしれないわね、一か月近く、私のこと、抱いてないんだから。

ベッドに横になったパパの身体から、
驚く程、おっきな私の大好きなもの、そそり立ってました。
私、スカートの中に手を差し入れると下着を脱いで、
パパの身体にそっと跨ったんです。

もうその時には、パパのもの迎える準備できてました。
指で挟んだパパの硬くなってるもの、
自分の濡れた秘唇にそっとあてがうと、

「それじゃ、入ってるとこ見えないから」って、

パパ、そう言いながら、電動ベッドの枕元を少しだけ上げたんです。
私、スカートのファスナーを下ろし、上から脱ぐと、
もう一度、慌ててながら、パパのものに指を添えたのです。
私も、欲しくて、欲しくて、我慢できなかったんですね。

8f9de5877f65676519395e7ddd880f8f-630x924.jpg

潤いを心配するまでもなく、パパの先、
私の潤ませた蜜液で、濡れ始めてました。
少しずつ、秘唇を押し開き始めたことが分かると、
パパの両膝に手をあて、私、仰け反りながら、
ゆっくりと、パパのもの、身体に迎え入れ始めたのです。

「順子の中に、入って行くのが見えるよ」
なんて、恥ずかしいことを言われましたが、そんな言葉に応える余裕はありませんでした。
パパに促されて、足の裏をベットについて両膝を広げました。
きっと、パパのもの、少しずつのみ込んでいる私の秘唇が、
パパ、お望み通り、はっきりと見えてたと思います。

181.jpg

ゆっくりと身体を上下させながら、
大好きなパパのものの先から根元まで、その長さを充分に味わいました。
伸ばした両手で揉まれた乳房からの快感も加わって、
私、恥ずかしい声、我慢できなかったんです。

8d52139c-s.jpg

パパの突き上げるような腰の動きが早くなって、ベッドの軋む音が聞こえるようでした。
敢え無く、悦びが身体を襲い、がくがくってさせながら、
私、パパの身体にしがみついたんです。

レース越しの柔らかな昼下がりの日差しがさす病室のベッドの上で、
押さえきれない麻痺に身体を震わせながら、
大好きなパパのもの、身体の奥に入れてもらったままの恥ずかしい姿で、
穏やかな幸せに包まれ目を閉じました。

45f8ab75d179c66c09958998463b1987-630x472.jpg

けれど、おびただしい蜜をあふれさせた秘唇に、
パパのもの入れられたまま、すぐに、緩やかな動きが再開。
二度目の悦びの頂を予感して、
私、抑えきれない声を漏らしたのです。

「パパ、また!」
病室で夫に抱かれ、アクメに登り詰めるなんて、それも、二度も。
そんな恥ずかしいこと、でも、我慢できなかったんです。
たわわな乳房、下から揉み上げられながら、
目の前に見え始めた頂を懸命に手繰り寄せようとしました。

無題6

後僅かで、先程以上の悦びに昇り詰めようとしたとき、
涙に霞んだ目に、
驚いて口に手をあてて、私たちの繋がった恥ずかしい姿を見ている、
登紀子先生が映りました。

見られてはいけない夫との恥ずかしい営みの姿。
けれど、それ以上に、今自分の身体を訪れようとしている強い悦びに、
どうしようもなく、身を委ねるしかなかったんです。

眩むような悦びの中で、パパの身体抱きしめるしかありませんでした。
そして、強く突き上げられたパパのものが届いた、私の身体の一番深いところに、
おびただしく注ぎ込まれるの大切な熱い液を、
我慢できるはずもない声を漏らして、迎え入れいれるしかなかったのでした。
そう、登紀子先生に、しっかりと、見られながら。

ec76a4cf425de88b75aa89bdb766fe0d-630x472.jpg

「すいませんでした。病室であんなこと」
恥ずかしくて顔を上げられないまま、登紀子先生に謝りました。

先生は穏やかな表情で、向かわれていた机の前のスクリーンから目を移されると、
部屋にある椅子を勧められました。
「いいのよ、ご夫婦の仲の良いのはいいことだわ」
何も、お応えはできませんでした。

「それにしても、びっくりしたわ、日頃は上品なあなたが、
 あんなに恥ずかしい声出して、それに、胸も嫌らしいくらいおっきいし、
 旦那様、お幸せね」

そう言うと、後は、退院した後、家庭でするテーピングの仕方のなどのお話。
私、真剣な顔に戻って、先生のお話をきいたのでした。

DSC00106.jpg

恥ずかしかった、先生に見られた病室での営み。
でも、なんだか、嬉しかった時間として、今は思い出されるんですよ。

d0065983_12374372.jpg


関連記事
10:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

このパパの骨折3のカテゴリーが「順子の日記」ではなく「幸せの行方」になっています。どうしてでしょうか?
クーガー |  2014.12.01(月) 15:06 | URL |  【編集】

どうしてでしょうか?

クーガーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

まぁ よく気が付かれましたね。
私、分かりませんでした。
単なる、間違いです。
ご指摘ありがとうございました。

私の街もすっかり冬景色。
クーガーさんも、風邪などひかれないように
気をつけられてくださいね。

ご指摘ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2014.12.02(火) 07:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/266-40cf467b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |