FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

赤ちゃんが欲しくて2

2014.11.07 (Fri)



夕方前に、東京タワー近くのホテルに到着。
近くの公園を散歩した後、お部屋でシャワーを使い、
ドレスに着替えると、レストランに連れて行ってくれました。

s_000b.jpg


都会の街の中に見える、東京タワーの灯りが素敵だったし、
目の前の大好きな夫と一緒に居られることが、
幸せで、幸せで、堪らなかったんです。

食事の後、ラウンジに上がって、お酒頂きました。
丁度、カクテルフェアをやっていて、二杯も頂いてしまったんですよ。

ph_01.jpg



部屋に戻ってきて、東京の街の灯りを珍しそうに眺めている私を、
主人、後ろから抱きしめてくれ、首筋に柔らかなキス。

めくり上げたブラウスの下から、両手が這い上がってきて、
下着越しに、ゆっくりと両胸を揉んでくれました。

あぁ、感じちゃうわ。
私、自分の背中に手を回して、慌てるようにして、ブラ、外すと、
主人の手のひら、もう一度、自分の素肌の胸に被せたのでした。

e953e8a0c036c2f3f8b74ac8a6524dd1-630x891.jpg


今の方が、乳房大きいんですけど、
まだ、赤ちゃん産んでなかったその頃の方が、張りはあった気がします。
そんな若い乳房を、主人、熱心楽しんでくれました。

乳首を摘ままれて、直ぐに、我慢できなくなった私、
振り返って、背伸びすると、夫のくちびる、おねだりしたんです。

7.jpg


赤ちゃんのできる時期だったし、
私自身が、そのことたまらなく望んでいたからなんでしょうね。
昨日ぐらいから、身体が火照って、なんだか、全身が潤っている感覚でした。
恥ずかしいほどに息を荒げ、主人の首に噛り付いていったのです。

シャワーも使っていないのに、
夫も興奮していたんでしょうね。
私を裸にしてベッドに寝かせ、白い太ももをゆっくりと開くと、
驚く程、びしょびしょの秘唇に、口を寄せてきたんですが、

kn269.jpg


「ごめんなさい、すぐに欲しいの、お願い」
そう言って私、恥ずかしいけど、腰を揺すりました。
「どうしたの、今夜の順子、すごいんだね」
そう言うと主人、膝でにじり寄ると、
熱くなっていたもの、私のものに擦り付けてきたのです。

多分、秘唇、夫のこと早く欲しくて、うっすらと開いていたのだろうと思います。
それに、蜜液が溢れ、後ろの方にまで、伝い流れていることが分かりました。

先の一番太いところが、私の入り口を、ゆっくりと押し広げて、
焦らすように、少しずつ、奥の方に入ってきました。
私、泣き声をあげ仰け反ると、それだけで、小さな頂に昇り詰めたのです。

see376s.jpg


暫く同じ体位で、抱かれ続けられて、
夫が、私の腰に手を当てて、身体をうつ伏せにするように誘いましたが、
私は、主人の身体に噛り付いて、そのまま愛してもらうように、頼みました。
それまでの抱かれ方が、私にとって、今は、一番望んだ格好だったんですね。

いくらも経たないうちに、二度目の時が近づいていることが感じられました。
恐ろしいようなその悦びを察して、夫のくちびるをねだると、
舌を差し入れて、吸ってもらいました。
そうしないと、叫び声をあげてしまいそうだったんですよ。

そんな私を見ながら、主人、悠々と動いて、
「あげるよ」って、
私は、大きく頷くと、
「お願いします!」絶え絶えにそう言ったのでした。

身体の奥で、夫のもの、それまで以上に大きく膨らみ、
驚く程熱い主人のものが、深いところに注がれ始めたのが分かりました。
そして、それと上手に合わせるようにして、
私、めくるめく頂に、昇り詰めていったのです。

see87.jpg


薄らいでいた意識が少しずつ戻ると、
身体の奥が温かいもので満たされていることがわかり、
私の身体から、自分のものをゆっくりと抜こうとした主人の腰を、
慌ててるようにして、太ももで引き寄せ、その背中を両手で抱きしめていました。

「このままでいて」

夫のくちびるが、それに応えるようにして重なりあってくると、
私は、うっすらと涙を浮かべながらも、微笑みながら舌を吸ってもらったのです。

大好きな主人に抱かれて、赤ちゃんのもと、たくさん身体の奥にもらって、
そして、身体をひとつに繋いだまま、抱きしめられる。
女として、これほど幸せな時間はないと思えました。
とにかく、主人のこと大好きだったし、
赤ちゃん、欲しくて欲しくて、堪らなかったのです。

暫くそのままでいましたが、
恥ずかしいけど、赤ちゃんのもと、もっとたくさん欲しくて、
自分から、腰を揺らしだすと、
一度目のときと変わらない、硬くなった主人のもの、
私の身体の奥にまで届いて、さっきと同じように突き始めてくれたのです。

49aeb91439271b19b500cd34816294ca-630x444.jpg


幸せの時間を実感していました。
大好きな主人から抱きしめられ、悦びの中で赤ちゃんのもと注がれる、
ゆっくりとした動きに仰け反りながら、二度目の液を求め、
主人のものを絞めつけていったのでした。


関連記事
10:28  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

抜かずの二発(*^_^*)

順子さんお久しぶりです、
大好きなご主人との新婚時代の
思い出、楽しく拝見致しました

ご主人の出張の時でも一緒に居たいので
ついて行く、ホテルで愛を確かめあう順子さんは
一度果てたご主人がつながりを
解き放とうとしてもそれを許さない
順子さんいつまでも繋がっていたい思いと
赤ちゃんが欲しい思いがひしひしと
伝わってきます、二度目の射精を子宮で感じて
果てていく順子さんが想像できて興奮します、
それほどまでに順子さんに
愛されているご主人は羨ましく思います、

そんなご主人は今は順子さんを他人に
貸し出す性癖に目覚めて、順子さんもそれに答える感じで
他人棒を愛してしまう(^_^;)
こう言う夫婦関係も私は有っても良いと
思っています、いつまでも新鮮な気持ちで
旦那が妻を思い、妻も又旦那への慈しみが生まれてくる、
一般には理解されない事ですが(-_-;)

北海道は一週間ほど前に初雪が降り北大の
銀杏並木の金色の葉もすっかり落ちて本格的な冬がやってきます、金沢の方は今は紅葉の時期かな、お体を大事にお過ごしください。
あきら |  2014.11.08(土) 09:46 | URL |  【編集】

貸し出す性癖

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

お久し振りでしたね、
お忙しかったのでしょうか。
ええ、このころは本当にパパのこと大好きで、
今もですけど。
パパが困るくらいに、べたべたしてました。

その大好きなパパの赤ちゃん欲しくて、
抱いてもらってたんですよ。

北大には、甥っ子が居たことがあって、
何度か行ったことがあります。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.11.09(日) 09:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/259-d3acb450

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |