FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

よし君とのそれから3

2014.10.07 (Tue)


「シャワーを使わせてね」
そう言って、ベッドを抜け出すと、私の裸の腰からよし君の手のひらが滑り落ちました。

浴室で腰を下ろし、私の身体の中で、最も女性らしいところに指をあてると、
さっきよし君から注がれた男の人の液が、
私の裏の部分を伝い、ゆっくりと流れ落ちたんです。

「こんなに、いっぱい」

02335.jpg

小さな柔らかいかたまりのようなものさえ見られたその白い液が、
タイルの上に落ち、私は、それを放心したように見つめながら、
深い息をひとつ吐くしかありませんでした。

浴室から出ると、私に代わってシャワーを浴びるためでしょうね、
脱衣場によし君がいました。
私、慌てて新しいバスタオルを身体に巻きましたが、
そんな様子を見てたよし君。

「順子さん見てたら、ほら、また」って、
おへそに付くくらいに反りかえった自分のものに、私の手を誘ったんです。

私、恥ずかしいそうにしながらも、
その、熱いよし君のものに、指を絡ませて、
ゆっくりと、動かしてあげましたよ。
根元から先の方まで、指でなぞってあげると、
名残のものが、ぷるんって、丸くなって出てきました。

二人の裸の身体を、幾度となく繋げたよし君のもの、
いとおしくて堪らなかったんでしょうね。
私は、ためらうことなく、その大切な液舌で掬い舐めた後、
愛液と精液にまみれたもの、お口に含んで、二度、三度、吸い上げたんです。
よし君、膝をがくがくってさせて、
声を漏らしました。
きっと、ひどく、感じたんだと思います。

0c01c450-s.jpg

お口から出した後も、ゆっくりと手のひらに包んでさすってあげると、
残っていた名残の液がその先から滲みだして、私の手を濡らしました。

「あぁ」

って、私、目を閉じて喘ぎ声を漏らしました。
さっきまで、自分の身体の中にあったそれ、
そして、そのよし君のものに突き動かされ、
恐ろしいような悦びに至ったこと、思い出してたんですね。

部屋に戻った私、バスタオルを巻いた姿で、
窓際の椅子に腰を下ろすと、
少しだけ開いたカーテンの向こう側に、
わずかに見える昼下がりのけだるい街の様子から、
そっと視線を落としたんです。

dbbcdde5-s.jpg

当たり前のウイークデイの午後。
皆、頑張って仕事をしているというのに、
私ったら、若いよし君に抱かれて、悦びの時間を過ごしているんですもの。
申し訳ないわ。
主人にさえ、今日のこと、話してないというのに。

そんな私の前にあるウッド調のテーブルの上に、
よし君、リボンのついた、可愛らしい小さな箱をそっと置いたのです。

pa-01-bl-1big.jpg

「いつも、迷惑ばかりかけて、すいません」

えっ 私に!

リボンをゆっくりと引いて、箱の蓋を開けてみると、
一目で高価なものだとわかるブローチ。

DSCN8520.jpg

「ありがとう、素敵なカメオだわ、欲しかったのよ。
でも、高かったでしょ」

恐る恐る私の言葉を待っていたよし君、
安心したんでしょうね。こぼれるような笑顔を見せてくれましたが、
すぐに、真面目な顔に戻ると、ゆっくりと話しだしました。

「順子さん、僕、結婚することにしたんです」

それまで部屋の中を漂っていた穏やかな薄桃色の空気が、
一瞬にして、凍りついたような気がしました。

201101071157207041634.jpg

「これ以上、順子さんに、辛い思いさせちゃいけないって」 

少しだけ、声が掠れているように聞こえたし、
うなだれた裸の肩も、震えているようにも見えました。
けれど、辛かったのは、私も同じだったのかもしれませんね。

「好きな人が見つかったの?」
「いや、好きな人は、順子さんだけだから」
「よし君、私を困らせたくないって、今、言ってくれたばかりじゃない」

「おじいちゃんから、知り合いの先生のお孫さんを紹介されて」
「そう、翁先生の紹介なら間違いないわ」

そう言いながら、自分の声がだんだんと震えるのが分かりました。
可笑しいですよね。
人妻が、若い恋人から別れを告げられて、瞳を潤ませるなんて。

椅子の後ろに回ったよし君、背後から私のこと抱きしめると、
そっとバスタオルを解き、こぼれ出た乳房を手のひらで包みました。
首筋を温かいくちびるが這い回ると、
私の方から我慢できずに、キスを求めたのです。
何度、こうして、唾液を啜り合ったのでしょうか。

e523568a-s.jpg

「駄目よ、慌てちゃ、ほら、歯があたっちゃうわよ」
「舌を絡めるのよ、そうよ、えぇ、よし君、上手だわ」

そんな始めてのときのことが思い出されました。
私とのことが、初めてのくちづけ、初めての繋がり、
そして、女の人の中に、自分の印を注いだのも、私の身体が初めてだったわね。

永い時間ではなかったはずなのに、
いろいろなこと、私自身が経験させられたよし君とのお付き合い。
今夜が、最後になるんだろうなぁって、ベッドに優しく横たえられながら、
私、そう、思ったのでした。

c275402b.jpg
 
二人とも、こみあげるものがあったんでしょうね。
二度、自分の印、私の中に注いだというのに、
よし君、最初と同じ太さで、硬さで、熱さで、私の中を満たしました。

これ以上は無理だと思えるほど太ももを開き、
交差した足首で彼の腰を引き寄せていました。

97e7023bfc8c3eaedd717125a68bdf28-630x472.jpg

くちびるが腫れるほど、お互いが、お互いのくちびるを求め合い、
そして、息が詰まるほど、舌を吸い合い、おびただしい唾液を啜り飲みました。

すすり泣いていたのかもしれません。
よし君の肩に噛り付いた私は、それまで見せたことのないように、
いやらしく腰を振りながら、最後だと思える彼からの液を求めたのでした。

16b921ba-s.jpg

「大好きです!順子さんのことが」
「よし君、私も、大好き! 一緒に、一緒に、お願い」

身体の奥に注がれる熱い彼の液を感じると、
人妻として、言ってはいけない言葉を叫びながら、
真っ白な悦びの頂に向かって、昇り詰めて行ったのです。

f49a3cf7-s.jpg

よし君と出会って、そして、彼との身体の関係を持って、
あと僅かで、一年を迎えようとしていたころでした。




関連記事
07:49  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

最後の営み

よし君とセックスが順子さんにとっても
日常の事のようになってきたころ
突然よし君から結婚の報告、順子さんは
別れを告げられた寂しさに耐えきれずに
体を重ねてしまう(-_-;)

名残惜しい情事の間にお互い口にしては
いけない言葉を発しながら、最後の営みを
繰り広げる様が目に浮かびとても興奮できました、

結婚してからもよし君は順子さんの体を
忘れられずにきっと誘って来る気がします、
あきら |  2014.10.07(火) 10:25 | URL |  【編集】

口にしては いけない言葉

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、二人の身体の関係が、
ずるずると続いていた時のことです。
よし君も、なんとかしなくてはって、
思っていたのでしょうね。
むしろ、私の方が、何も考えないで、
よし君との関係、
断りきれないでいたのかもしれません。

口にしてはいけない言葉、
思わず叫んでいました。
最後になるだろう彼のもの、
身体の奥に受け入れて、
仕方なかったのかなぁって、思います。

コメント、ありがとうございました。
次が、よし君シリーズの最後になる予定です。
順子 |  2014.10.07(火) 11:15 | URL |  【編集】

別れても好きな人

よし君の結婚で、順子さんから卒業になるとは…
しかも他に好きな人が出来たのではなく、決められた結婚で

そりゃ燃え上がりますよ。お互いに好きだけど別れないといけない。

順子さん、完全に気持ちがよし君に行ってましたね。

この時のご主人さん、どういう心境だったのでしょうね?

深夜に夜勤しながら妄想を膨らます、ダメ現場監督でした(笑)
流浪の現場監督 |  2014.10.09(木) 00:21 | URL |  【編集】

別れても好きな人

流浪の現場監督さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます


「完全に気持ちがよし君に行ってましたね」
かもしれませんね。
よし君とのこと、あくまでも私が主導権があったはずだし、
パパのこと、大好きだったこと間違いないんだけど、
身体がよし君のこと求めて、
あんなふうだったのだと、今は、そう思います。

一度、肌をゆるしてしまうと、
女の身体って、そうなってしまうんでしょうね。
怖いような、
仕方のないような、
そう、思ってしまいます。

コメント、いつも、ありがとうございます。
現場では怪我されないように、
頑張られてください。

順子 |  2014.10.09(木) 07:47 | URL |  【編集】

羨ましいですね

独身時代に、こんな素敵な経験が出来る男性は少ないのではないでしょうか。ましてや、順子さんのように素敵な女性と。。。
僕もかつてそうした時代に、憧れの女性がおりましたが、こんな素敵な関係にはなれませんでした。素晴らしい時間をお過ごしになられたのですね。でも、今後どうなるのでしょうね。
何もない方が、もっと素敵に輝きそうですが。
話はそれますが、来月頭に金沢に出掛けます。私の遠い遠い先祖は金沢に住んでいたんですよ。今回はたった一人きりなもので、仕事が終わった後に、東茶屋の行きつけのお寿司屋さんへでも出かけようかなと考えております。順子さんたちのような素敵な方と出会いがあると良いのですが。。。
寅之助 |  2014.10.11(土) 10:11 | URL |  【編集】

寅之助さん、こんにちは。
久し振りのコメント、ありがとうございます。

女性にとって、初めての男性のこと、忘れられないように、
男の人もそうだろうと思います。
だから、よし君とのこと、
大切にお付き合いしてあげたつもりなんですよ。
ただ、後では、私の方が、
ちょっと、おかしくなってしまったんですが。

あらっ、私の街に来られるんですね。
東茶屋のお寿司屋さんだったら、
「みつ川」か「田村」かなぁ、美味しいですよね。
ご馳走していただけるなら、ご一緒していいですよ。
「みつ川」に入る路地の角で待ってまぁす。ふふ。

コメント、ありがとうございました。
金沢の街、楽しまれてくださいね。

順子 |  2014.10.11(土) 14:18 | URL |  【編集】

避妊は・・・

初コメントです。いつも更新が楽しみに拝読しています。
よしくんとの交際、とってもわくわくしていましたが、いつも、順子さんの奥深く男の液を注入していますが、約1年間順子さんは、まったく無防備だったのか、何かしら避妊されていたか知りたいです。だって、その4を既読させていただいてからの記載ですが、新婦さんは、既に妊娠されていたとのこと、よしくんには、避妊のレッスンは、されなかたのかな?
わんぱく |  2014.10.11(土) 18:17 | URL |  【編集】

避妊は・・・

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

「避妊は・・・」
えぇ、女性にとって、
赤ちゃんが欲しいときでも、
そうではないときでも、避妊は大切なことですよね。

よし君との関係では、
避妊用具使ったこと、一回しかありませんでした。
私が、パパにしてあげるように、
お口に含んで、よし君のものに被せてあげたこと、
えぇ、一回だけだったんですよ。
後は、幸か不幸か、大丈夫なときだったんです。

でも、それって、だからって、許されることじゃないって、
そう、思うんですけどね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2014.10.11(土) 22:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/253-5622a278

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |