FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

二度目の混浴4

2014.09.29 (Mon)


不安な心持だったというのに、お酒と温泉のせいでしょうか、
私、浅い眠りに誘われていました。

けれど、かちって言う、ドアの鍵が回る音で、うっすらと目を覚ましたのです。
あれから、どのくらいの時間が経ったのかは、分かりませんでしたが、
私が置かれている心配な時間は、停まっていたようにも思えました。
暗闇は、眠る前と同じように、私と部屋の中の大気を包み込んでいたのです。

521a9c73-s.jpg

私は、慌ててうつ伏せになると、
隠れ果せるはずもないのに上質な羽毛布団の中に、顔を埋めました。

けれど、ベッドの足元にたどり着いた微かな足跡は、
私の身体を覆っていた軽い布団をゆっくりと剥ぎ落すと、
私の腰をそっと抱き寄せる、ベッドの縁にまで引いていったのです。
抗う小さな声を上げていたような気がします。

腰から離れた両手は、
そのまま、改めて、うつ伏せのままの私の腰に添えられました。

02544.jpg

そして、ゆっくりと、持ち上げると、
ベッドのすぐ横に立っている男の人の腰と、
ベッドにうつ伏せになり、腰だけを引き上げられた私の腰が、
なすがままに、同じ高さになっていたと思います。
その恥ずかしい恰好のままに、下着を上手に脱がされました。

抗うことはできたはずなのに、
先程、温泉で肌を寄せ合った時の、穏やかな先生の顔が思い浮かびました。
お会いして、まだ、数時間しか経っていない男の人のものを、
私は、このまま、迎えるのかしら、目を閉じて、数回髪を揺らしたのに、
身体は正直に準備を終えていたのです。

男の人のものの中で、一番太いところが、私の、おびただしく濡れた溝をなぞります。
糊の効いた枕の縁を、これ以上は無理だと思えるほど強く噛んで、
誘われるような甘い声が漏れるのを我慢したつもりでしたが、
恐ろしく太く思えたそれが、私の秘唇をゆっくりと押し広げながら、
僅かに入り込んだ瞬間、
思わず、恥ずかしい声をあげてしまっていたのでした。

407e6d98224288e8c44cac8d27d3236d-630x420.jpg

太い男の人のものは、進み、戻り、そして、また、進み、
溢れるように湧いた蜜に助けられて、
とうとう、私の身体の一番奥にまで、届いてしまったのです。

異常な興奮と、強い快感のためだったのでしょうね。
私は、その瞬間、短い頂に登り詰めていました。

夫ではない、行きずりの男の人のものを、
拒むこともなく身体の奥に深々と受け入れ、
そして、瞬く間に悦びの時を迎えてしまった私。
言い訳のできない時間が、更に、私を混乱させたのです。

819b70e9-s.jpg

激しい動きに息が詰まります。
太いものの先が、思うがままに、私の身体に突き入れられ、
その度に、主人以外に聞かせてはいけない、はしたない声が、
途切れることなく、暗闇の中に、響き渡り、翻弄され続けました。

肘をついて少し上体が起きると、たわわな乳房が揺れ、
清潔な大きな枕に噛り付いても、強い快感から逃げおおせなかったのです。

恐ろしいような頂が予感されて、
許しを乞うような言葉が、何度か口元から迸ったような気がしましたが、
激しい動きは治まることなく続き、
これまでの男の人との営みの中で、
経験のないような目もくらむような頂がとうとう襲ってきたのでした。

一瞬、目の前が真っ白になり、暫くは、気を失ったのかもしれません。
何を口走ったのもわかりませんでしたが、
暗闇の中で、自分の白い身体に、
どうにもできない強い麻痺が何度も走るのがわかりました。

4e0dced9-s.jpg



関連記事
13:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

Comment

この間、ずうっと後ろから犯されてますよね。前を向いたらご主人だった!なんてオチは無しですよ!順子様が夫以外の男性に貫かれたってことで、けっこう興奮して読んでるんですから。
よっしー |  2014.09.29(月) 22:14 | URL |  【編集】

他人棒に貫かれて

順子さん、こんにちは!
なんとなくですが、順子さんの興奮度合がいつもより強い感じを受けますね。先生の肉棒が相当良いモノだったのでしょうね。
体の奥に先生の樹液を受け入れ、
恍惚の時間を過ごす…
素敵です。
隠れ順子ファン^_^ |  2014.09.30(火) 08:20 | URL |  【編集】

始めてコメントさせてもらいます。
前から読んでいて気になることがあります。
順子さんは旦那さんの事が大好きで、旦那さんの寝とられ性癖が無ければ、他の男性からすすんで抱かれることはないと言われていたと思います。しかし、旦那さに寝とられ性癖があると分かる前から他の男性に抱かれたと告白されています。今でもご自分から積極的にご主人以外の男性から抱かれたいと思っておられるとは言えないのですが、結果的にはそうなっていますよね。これではただのスワップ大好き浮気大好きな夫婦の寝物語になっていませんか?
クーガー |  2014.09.30(火) 08:38 | URL |  【編集】

前を向いたらご主人だった

よっしーさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

前にも書いたように、
ブログ書き溜めていて、都合の良いときに、
その都度、UPしています。
「二度目の混浴2」も、既に書き終えていて、
これから、変更するつもりはないんですよ。
そのお話が、よっしーさんの思われている展開かどうかは、
ふふ、楽しみにしておいてくださいね。
もぉ、流石なご指摘、嬉しいけど、困っちゃうわぁ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.09.30(火) 11:10 | URL |  【編集】

体の奥に先生の樹液

隠れ順子ファン^_^、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、素敵な方で、ふらふらってしました。
しょうがないのかなぁって、
気持ちにもなっていたんです。
でも、もちろん、こころの準備、
できているはずなかったんですよ。

他の男性と肌を合わせるって、
たいへんなことですよね。
この時の私も、やっぱり、うろたえていました。

コメント、いつもありがとうございます。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.09.30(火) 11:16 | URL |  【編集】

スワップ大好き浮気大好きな夫婦の寝物語

クーガーさん、こんにちは。
始めてのコメント、ありがとうございました。

えぇ、おっしゃるように、
なんだか、つじつまが合わないこと、
多いですよね。
主人以外の男性に抱かれること、
絶対にないって思っていても、
その時の成り行きで、
思いもかけない時間になることって、
ありました。

主人から言われるがままに、
他の男性と肌を合わせることが、
大好きな主人の望むことだったらって、
思いながらも、
本当は、そうではない身体の要求に、
正直に任せたこともあったのだろうと思います。

「スワップ大好き浮気大好きな夫婦」なのかもしれませんね。
けれど、それで、二人幸せなんだから、
今は、いいのかなぁって、思っています。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願いしますね。
順子 |  2014.09.30(火) 11:27 | URL |  【編集】

先生の一物で突かれて

顔も見ない相手に後ろから突かれる
興奮しますねたぶん先生だろうと思っていても明らかに主人と違う感触が順子さんをあっという間に頂きに導いたのでしょうね

気が遠のくほどの快楽におそわれて
順子さんの体の赴くままに求めてイクのでしょうね(^_^)

今晩は先生と朝まで楽しむことになるのかな、先生も順子さんの体に魅せられて
妻と違う女性を味わっていつも以上に
勃起が激しくなって順子さんを打ち続けてくれることでしょう(*^_^*)
あきら |  2014.09.30(火) 11:56 | URL |  【編集】

先生と朝まで楽しむ

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

本当に、熱いもの身体の奥に迎え、
恐ろしいようなアクメを知らされて、
私自身驚いていました。

素敵な方だったこともあったのでしょうね。
主人からも許された時間を持ってしまったこと、
仕方のないことだと、納得したのかもしれません。
あぁ、随分と前のことなんですけど、
思い出すだけで、ため息がでちゃいます。
女の身体って、困ったものですね。

コメント、いつも、ありがとうございます。
続き、読んでみてください。
順子 |  2014.09.30(火) 14:42 | URL |  【編集】

兼六園で

先日匿名で一度メールさせて頂き、リンクについてのお話を致しました。このサイトのしっとり感にいつも素敵な時間を過ごさせて頂いております。
今日は、兼六園で熊が捕獲されたという話を聞いて、直ぐにメールしたくなり、キーをたたいております。
もう随分長いこと、このサイトにお邪魔させて頂いており、そういえば兼六園の夜のお話があったなぁと思い、メールした次第です。
くれぐれも、熊に襲われないようにして下さい。
寅之助 |  2014.09.30(火) 21:10 | URL |  【編集】

熊に襲われないように

寅之助さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、お久しぶりでしたね。
いつも、読んでいただいているとのこと、
本当にありがとうございます。

兼六園の熊のこと、
えーと、それって、金沢城公園のことだと思います。
本当、私もびっくりしました。
怖いですよね、ばったり会いでもしたら。

でも、熊なら逃げてくれるかもしれないけど、
夜道の人間の方が怖いかなぁ。
熊じゃなくて、男の人に襲われないように、
気をつけたいと思います。

コメント、ありがとうございます。
これからも、書き込み宜しくお願いしますね。
今夜、また、更新する予定です。
順子 |  2014.10.01(水) 07:23 | URL |  【編集】

妄想の相手は?

部屋のドアが開いて…

ダメと思っても、体は受け入れる準備を 
待ちわびたれ熱い物に貫かれ…
歓喜の声を漏らしてしまう

さぁ、いったい誰なんでしょう( ̄∇ ̄)

出張中のひとり暮らしで、期待しながら読んでます(笑)
流浪の掲載監督 |  2014.10.01(水) 20:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/245-0a9a104a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |