FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

二度目の混浴2

2014.09.22 (Mon)

パパのいたずらの指に誘われて、
恥ずかしい声が少しだけ大きくなったと思えたとき、
私たちが背にしていた岩の影から、
小さな咳ばらいが聞こえたような気がしました。

335_01_04.jpg

やだぁ、誰か、いるんだわ。
同じように気づいた主人、恐る恐る岩越しに覗くと、
「あら、いらっしゃったんですね」って、誰かに声を掛けたんです。

「すいません、ご迷惑だったでしょ」、
そう言いながら主人、咳払いの聞こえた岩陰の方に回り込みました。

ご婦人なんでしょ、そっち行ったら駄目よって、
主人の手引いて戻そうとしたのに、
そんな私に目もくれないようにして、
岩陰の夜目にも白く浮かび上がる、綺麗なご婦人の隣に寄っていったんです。

01166.jpg

もう、たった今まで、私の身体を楽しんでいたくせに、
パパ、駄目でしょ。

その時、
「おや、お友達が出来たのかい」
脱衣所から湯殿の方にこられた旦那様が、そう声を掛けられたんです。
私、急いで小さなタオルで胸元を隠しました。

「申し訳ない、奥様が、あんまりお綺麗だから、少し、お話をって思いまして」
パパ、奥様の身体から、少し離れると、ちょっと、慌ててそう言ったのです。
ほらぁ、叱られた、だから、駄目だって言ったのに。

「いや、いいんですよ。そのまま、そのまま。
 家内は、人と話すことが苦手だから、お願いしますね」
「それは申し訳ない、良かったら代わりに、うちのと話してあげてください」って、
主人、私の方に、目を向けたんです。
やだぁ、そんなの。

パパにそう言われたご主人、
嬉しそうに私の隣に、その逞しい身体を浸からせてきました。
「すいませんね、ほぉ、奥様、お綺麗ですね」
そう言って、私の身体、舐めるように見たんです。

140527a_0006-580x829.jpg

私、もう一度、タオルを広げ直して、胸を隠しました。
けれど、小さなタオルだから、私のふくよかな胸、隠しきれないんですよ。
それに、胸を隠すと、澄んだお湯のために、
隠しきれない恥ずかしいところも見えちゃうし、
もぉ、困っちゃうわ。

ご主人、そんな私を見て、視線を湯殿の縁の木々に移してくれました。
永く新潟の大学に勤めていること、
子どもたちも巣立って、お休みのときは、奥様と日本中を旅していること、
などなど、ゆっくりと、お話してくれました。

そういえば、さっき夕食のとき、隣の席で仲良くお食事されてましたねって、
私の方からも、少しずつ、お話をさせてもらったんです。
新潟の大学って言えば、兼六園でお会いした先生がおられるはずでしたが、
そのことは、お話しませんでした。
あの時は、お互い、ちょっと、恥ずかしい時間でしたから。

他愛もないお話を続けましたが、大学の先生だけあって、
なんだか、ひき込まれるような魅力を感じました。

肌が触れ合うほど隣に、会ったばっかりの裸の男性がいるというのに、
嫌な感じは全くしなかったのです。
肩に腕を回された時も、恥ずかしそうにはしましたが、
特に、嫌な素振りをしなかったのも、なぜだったんでしょうね。

2014-02-22 16.39.25

「素敵な胸なんですね」
そう言って、タオルの上から広い手のひらを被せられた時も、
そのまま、されるがままにしてたんですよ。
すぐそばに、主人がいるというのに。

02346.jpg

岩陰の向こうから、何かしら曇った声が聞こえたような気がしました。
やだ、主人たら、奥様にいたずらしてるんじゃないかしら。

そう思った時、先生の手のひら、タオルの下に忍び込んで、
直に、私の乳房、触り始めたんですよ。
流石に、身体をひねらせて、その手から逃れようとしたけど、
そのために、タオルが浮き上がって、
先生の手のひらにある、乳房、全部見えちゃったんです。

「駄目ですよ、奥様がいらっしゃるのに」
小さな声でそう言った時、
ここからは見えない岩陰から、明らかに奥様のものと思える、
か細い声が聞こえてきたんです。

「旦那様も、家内の身体、楽しんでるみたいですよ」
って、先生、改めて私の身体を自分の方に抱き寄せたのでした。

cf148b24-s.jpg

タオルから完全にはだけてしまった私の胸、
先生の広い手の平、その乳房を、ゆっくりと楽しみ始めていたのです。
パパがいけないのよ、こんなところに誘うから、
それに、人の奥様に、そんな、悪戯するから。
ご主人以外の男の人だというのに、

優しく揉まれた胸元から、淡い快感が身体中に広がり始めていました。
先生の指先に、正直に反応した乳首も、硬くなりだして、
薄っすらと開いた唇から、微かに喜びの喘ぎが漏れていました。

いたたまれなくて、先生の肩に顔を寄せると、
タイミング良く、おとがいに手を添えられて、くちびるを求められたのです。

お風呂の中だとはいえ、裸の身体を抱き寄せられ、乳房をいいように揉まれ、
そして、くちびるを求められる。
それも、大好きな主人が、すぐ、そこにいるというのに。
混乱した私は、先生の求めるがままに、くちびるを委ねるように顔を向けたのでした。

無題
関連記事
13:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

混浴でのアバンチュール

混浴風呂で見知らぬ夫婦と一時の
夫婦交換ってなかなか考えられませんね
きっとご主人が寝取られ夫婦とあらかじめ
示し合わせて演出した事だと思います、

この際順子さんも思いっきり乱れて見ては
いかがでしょうか(^_^)ご主人もきっと
喜んでくれるはずです、混浴風呂は二組の
夫婦だけでは無いので見知らぬお客さんに
覗かれる危険もあるので、これもまたスリルがあって良いかも(^_^;)

前回の混浴風呂での出来事は順子さんの
心の内にしまい込んだ、秘密な出来事のようですが、男心をくすぐる順子さんってやはり
小悪魔みたいですね(^_^;)

今日の札幌は秋真っ盛りの良い天気で、私も今近くの山に散歩しに行って帰ってきたばかりです、紅葉ははまだですが、真っ赤な実を付けたナナカマドが秋って感じでした。
あきら |  2014.09.23(火) 15:16 | URL |  【編集】

夫婦交換

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、前回の混浴で、
すっかり味を占めたパパ。
今回も、何か楽しいことがないかって、
楽しみにしていたのかもしれませんね。

夫婦交換って、言葉。
聞いただけで、胸がドキドキします。
そんなこと、
絶対にあってはいけないことなのに、
もし、そんなことになったら、
自分がどうなるんだろうなぁって。

ナナカマド、綺麗でしょうね。
こちらは、段々と、
秋の装いになってきたところですが、
今日は30度近い気温、
台風も近づいていて、蒸し暑かったです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
とんでもないこと、あったんです。
順子 |  2014.09.23(火) 16:54 | URL |  【編集】

こんばんは!順子さん。

ご主人の企みかもしれませんが、
ごく自然に隠微な世界に溶けて行く
順子さんの行為に高まりを感じました。

順子さんはどうなってしまうのでしょう?
今回の展開にも期待していますね。
のり |  2014.09.25(木) 02:15 | URL |  【編集】

段取りがイイネ

ご飯食べて、混浴風呂に入って2人でイチャイチャして…

そんな普通の展開では終わらないよなぁって、前の日記から思ってましたが…

やっぱり(笑)しかも旦那様の裏での計画が
プンプン臭いますね( ̄∇ ̄)

素晴らしい段取りに、現場監督としては勉強になります(笑)


さぁ、旦那様の計画通りに順子さんは年配のご夫婦との交換に身をゆだねるのか

楽しみです(^^)/
流浪の現場監督 |  2014.09.25(木) 11:53 | URL |  【編集】

隠微な世界に溶けて行く

のりさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

楽しみにしていた主人との温泉旅行。
前回もどきどきでしたが、
今度もこんな成り行きになるとは、
思ってもいませんでした。

素敵な先生で、こころ揺れたのが、
正直なところですが、
駄目ですよね。
人妻がこんなことじゃ。

続き、読んでみてくださいね。
コメント、ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願いします。
順子 |  2014.09.25(木) 14:01 | URL |  【編集】

ご夫婦との交換に身をゆだねる

流浪の現場監督 さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

企んだかどうかわからないけど、
ここまでは、主人の思惑通りですね。
恥ずかしかったけど、
なんか、自然な成り行きで、
時間が流れて行ったんですよ。

このころからだったかなぁ、
なんだか、主人以外の男性にも、
心惹かれることがあるようになったのは。

思っても見ない夜でした。
読んでみてくださいね。
 
コメント、
いつも、ありがとうございます。
順子 |  2014.09.25(木) 14:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/243-b87ff64b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。