FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

よし君とのそれから

2014.09.17 (Wed)


ヨシ君と繋がりあい、彼のものを身体の奥に注がれたあの夜のこと。
けれど、他人ではなくなった二人の関係は、その時が最後ではありませんでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

「順子さんの身体を思い出すと、堪らないんです。
 仕事が手につかなくて」
事務所に私とヨシ君だけだった、ある日の午後、
彼のデスクにコーヒーを持って行った時に、そう言われました。
 
「駄目ですよ、お仕事の途中でそんなこと考えたら」
彼は、うつむいて、小さく頷きました。

office1.jpg

自分の熟れ始めた身体に、彼のものを迎え入れてしまった私。
情熱的なその夜のことを、私自身、まだ、忘れることできないでいましたが、
それは、あくまでも、思いもよらなかった時間として、
そして、主人のいる人妻として、
忘れようと努めていたということだけは事実でもありました。

c275402b.jpg

「もう一度だけ、あの時みたいに」
彼の端正な顔立ちときらきらとした瞳が私を見上げると、
座ったまま、傍らに立っていた私の腰に腕を回してきたのでした。

「お願いだから、もう、言わないのよ」
なのに、そう言いながら、私の身体はあの夜のことを思い出していたのでしょうね。
腰に絡みつく腕を振り払うこともしないで、
そのまま、彼の手の温かさを感じ始めていたのです。

140514a_0001-580x725.jpg

「約束してね、今度が最後だってこと」
スカートの中に忍び込もうとした彼の手を止めながら、
私は、慌てながらも、そう言ってしまっていたのでした。

私の言葉にほっとした笑みを浮かべた彼、
ゆっくりと立ち上がり、私の身体を抱きしめると、
暫く前に、私が教えた通り、上手にくちびるを求めてきたのです。

一度肌を合わせしまった男性に、女性は弱いものですね。
私のくちびるをゆっくりと開いて、滑り込んできた唾液に濡れた彼の舌を、
むしろ私が待っていたようにして絡め吸っていたのでした。

imagesCA59K191.jpg

彼が私の身体に溺れないように、気を付けていたつもりでしたが、
恐ろしいほど硬く逞しかった彼のもの、
そして、驚く程おびただしい量だった彼の若く濃い液、
気が付かない間に私自身が、その若さに、ゆっくりと翻弄され始めていたのでしょうか。

c3737040-s.jpg

Yさんと研修生のお二人は裁判所へ、翁先生は、お友達との会食のためホテルへ、
お客様は事前に連絡があるのが当たり前の事務所だから、
重なり合った二人の恥ずかしい影を、誰かに見られることはありませんでした。

777449_00a5c0dedc_toppage_image.jpg

彼の男の人の液、あんなに沢山受け止めた私のお尻を、
その時のことを思い出すように、彼の手が這い回ります。

上手に外されたブラウスの開きから忍び込んできた手のひらが、
ブラと肌の間から少し強引に挿し入れられると、
彼にとっては懐かしいだろう私の乳房に被い被さり、
ゆっくりと持ち上げるようにして
その柔らかさと大きさを楽しみながら、揉み込み始めたのでした。

驚くように早く、乳首が硬くなったのがわかり、
同時に、溶けるような快感が、それまで以上に身体の中に広がり始め、
喘ぎ声が唇から洩れそうになって、やっと、彼の胸を押し返したのでした。

7b6ac544-s.jpg

糸を引くように二人のくちびるが離れ、
私は、彼に背中を向けて、息遣いの治まるのを待つしかありませんでしたが、
「順子さんのお仕事のない日に」
後ろから抱きしめられ、
耳たぶを優しく噛まれながら言われた、よし君のそんな言葉に、
再び、身体を繋げ合うことになるだろう時間を、
当たり前のように、約束をさせられてしまっていたのです。

Yさん、ごめんなさい。
大切な事務所で、こんなふしだらなことしちゃって、
でも、Yさんと奥様、お二人がいけないんですよ。
人妻である私の身体を、息子さんに与える算段、
ご夫婦がされたんですからね。



関連記事
07:20  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

じゅんこさん、貴女の内側の疼きが文字から伝わります^^
同時にこそばゆい程の、男の欲情を掻き立ててくれますねぇ(苦笑)

もはや「ロスト・バージンママ」・・・じゃないですか。
昔の作品も含め、これからも益々『欲情』させて下さい。


広告は俺のブログにも勧誘が来ます。
エログですけど、見た目にいかにも・・・なのは嫌なので
俺はずっとスルーしてますよ。

このブログの〔しっとり感〕・・・素敵ですよ^^
ドボン |  2014.09.17(水) 14:52 | URL |  【編集】

求められるままに

よし君も順子さんもお互いあの夜の
事を忘れられずに約束をしてしまいましたね、これが最後ですよと言いながらも
肌を合わせると又会いたくなってしまう(^_^)年が離れていても男と女は温もりを求めて愛し合いたいと思う物です(*^_^*)

順子さんは人妻と言う立場であってもご主人が寝取られる事を望んでいるので罪の意識は持たなくて良いのでは?よし君は仕事が手につかないほど、順子さんに夢中になってしまったみたいで、Yさん夫妻もこの事を知ったら順子さんによし君を預けて事を後悔するのでは・・・

よし君が順子さんとどのようにして決別
して行くのか楽しみにしています、それともこのままズルズルと関係を続けて行くのか(^_^;)
あきら |  2014.09.17(水) 15:02 | URL |  【編集】

ロスト・バージンママ

ドボンさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、皆さんに嘘をついていたわけじゃないんだけど、
結婚した後、夫以外の男性に抱かれたこと、
実は、あったんです。

なんだか、今は、そんなこと、時々あったりして、
その都度、主人には話してあるんですけど。

〔しっとり感〕・・・素敵ですよ

ありがとうございます。
ドボンさんの言われるように、
広告、暫く考えてみたいと思います。

コメント、ありがとうございました。
お久しぶりでしたね、
読んでくれてるのかなぁ。
今後とも、宜しくお願いしますね。
順子 |  2014.09.17(水) 17:13 | URL |  【編集】

温もりを求めて愛し合いたい

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

温もりを求めて愛し合いたい。

主人には、いつもと同じように愛してもらっているんですけど、
よし君とのことでは、やっぱり、私、
どうかしていたんだと思います。

寝取られる事を望んでいる。

主人が、絶対に駄目だって叱ってくれるんだったら、
きっと、私、そうするだろうと思うんですけど。
そうじゃないから、段々と、
身体のおもむくままままに、
流されてしまうんでしょうね。
自分ながら、困るなぁって、思っています。

コメント、ありがとうございました。
楽しみにしてますから、
宜しく、お願いしますね。
順子 |  2014.09.17(水) 17:18 | URL |  【編集】

順子さんの艶っぽさ

こんばんは。
今回のシリーズも刺激的に昂らさせて頂いて、何度も読み返してしまいました。

「一度肌を合わせてしまった男性」

女性にとってもそうかもしれませんが、男性にとってもそんな思いがあると思います。

許されない行為と頭ではわかっていながら、体が反応してしまう…。
そんな順子さんを想像してしまいます。

このよしくんのシリーズはつづくのでしょうか?
順子さんの綴る艶っぽい文に思いを馳せながら、これからの展開に期待しますね。
のり |  2014.09.18(木) 21:58 | URL |  【編集】

溺れる

案の定というか、事の最中に次の約束を取り付けられながら
それを想像してぶるぶると身震いさせられてしまう順子さん、こんばんは
その一文だけでどれだけ順子さんが若い肉体の
虜になってしまっているのかがよく分かりますね。

溺れているのは果たしてよし君なのかな?それとも順子さん?
そんなこと聞くまでもなかったかな(笑)
 |  2014.09.19(金) 00:53 | URL |  【編集】

一度肌を合わせてしまった男性

のりさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、彼にとって、初めての女性になったせいなんでしょうね、
肌を合わせた男性に、やっぱり、心が揺らぎました。

主人のときと同じように、身体が反応してしまうのは、
女としてしかたのないことなのでしょうか。

よし君シリーズ、残り三回程度を予定しています。
長くなってすいません。
宜しく、お願いします。
順子 |  2014.09.19(金) 07:41 | URL |  【編集】

若い肉体の 虜

いつもの方、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

おっしゃるように、
若い人の身体に溺れていたのかもしれませんね。
主人だって、この頃は若くて、今以上に元気でしたんですよ。
でも、初めての女性だったっていうのが、
いろいろな感情を抱かせたんでしょうね。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.09.19(金) 07:46 | URL |  【編集】

そりゃ仕事になりません

よしくんとのそれから…やっぱりあの夜だけでは終わりませんよね。

目の前にあんな刺激的な夜を過ごした相手がいて、ガマンして仕事に集中しろってのがムリですわ。

ましてや初めての相手ならなおさら…

そりゃ二人っきりになったら求めてしまいますよ。

それを拒みきれない、いや自分も求めてしまっている順子さん…たまりません。

よしくんシリーズの続きが楽しみです。

あぁ、もちろん私も今仕事しながら妄想してますが何か(笑)
流浪の現場監督 |  2014.09.20(土) 13:36 | URL |  【編集】

仕事しながら妄想

流浪の現場監督さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、よし君と事務所で二人きり、
若いよし君、私の身体思い出してしまうの、
仕方のないことなのかもしれません。

それどころか、言い寄られた私まで、
拒めなかったこと、
年上の女性として、駄目だなぁって、
そう、反省しています。

よし君シリーズ、一度休憩して、
別の出来事書きますね。
よし君とのことは、それが終わってから、
また、書きたいと思っています。

コメント、ありがとうございました。
お仕事、頑張ってくださいね。
ふふ。
順子 |  2014.09.21(日) 15:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/241-8334fcbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |