FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

佐渡旅行3

2014.08.01 (Fri)


自分の部屋に戻ると、流石にほっとしました。
今日一日の移動の疲れ以上に、
やっぱり、張り詰めていた気持ちの方が大きかったような気がしたんです。

けれど、先生から言われた言葉、
「今夜、もう一度、逢いたいね」ってその言葉に、
どんな意味があったのでしょうか。

15.jpg

寄り添って過ごした今日一日、
先生への気持ちの傾きは、正直、自分にも感じ取れました。
このまま、先生のお部屋に行ったら、
旅行前に心配していたような、そんな時間になっていまうかもしれない。

抱き寄せられ、くちびるを求められ、
そして、先生のものを、開いた身体の奥深くに迎え入れる。
そんな、時間の予感を感じて、薄っすらとした眩暈を感じました。

16.jpg

その時、籐のテーブルの上に置いてあった電話に、
深い青の色が瞬き、瞬時に私は、人妻としての、
そして、母親としての顔に戻ったのでした。

「パパ? 子どもたちは?」
「あぁ、親父たちに甘えられるから、上機嫌さ。 今、どうしてるの?」
「私? 自分のお部屋よ。パパがいないから、一人で寂しいわ」
「先生たちとは?」
「ええ、さっきまで、一緒にお風呂、入ってたの」
「えっ! 二人で」
「ふふ」
「裸、見られたのか」
「お風呂だから、しょうがなかったわ」
「断れなかったのか」
「だって」
そんなこと話しているうちに、
パパの息遣いが、少しだけ、荒くなっていくのがわかりました。

今朝まで一緒にいたパパの声が、ひどく、懐かしく思えて、
私、浴衣の胸元を少しだけ開くと、左手を滑り込ませ、ブラのホックを外したのです。

17.jpg

大好きな主人の声を聞きながら、ゆっくりと自分で乳房揉みながら、
既に、硬くなっていた乳首に手の平が触ると、
あっと思うような甘い快感が、身体中に流れ込んできました。

「求められるかもしれないわよ」
「ああ」
「パパ、それで、いいの?」
遠く離れているはずの、お互いの荒い息が、部屋の中で絡み合いました。
沈黙の後のパパの言葉は、
「順子のしたいとおりにすればいいさ」

小さなガラスのテーブルの上に電話をそっと置くと、
ひとつだけ息を吐きました。
心配していた夜に向かって、
桃色の時間がゆっくりと流れ始めたように思えたのです。

「順子のしたいとおりにすればいいさ」

18.jpg

先程聞いたパパの言葉に誘われるようにして、私は立ち上がり、
部屋の鏡の前に立つと、
浴衣の襟元に見える後れ毛を上げ直し、簡単な薄化粧をしました。
お湯を使ったばかりの肌は、自分でも惚れ惚れとするほど、輝いていたのです。

18b.jpg




関連記事
20:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

質問

この裸の写真なんですが本人様なんでしょうか?
 ネットなどでとった写真なんでしょうか?

突然質問してすみませn

こうゆうブログに対してウブなもので
回答できるようでしたらよろしくねがいます
サイクロンz |  2014.08.01(金) 23:09 | URL |  【編集】

裸の写真なんですが本人

サイクロンzさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

初めてのコメントでしょうか、ありがとうございます。
写真については、カメラを趣味にしている主人が、
他のカテゴリーの作品も含め、
収集しているものの中から使っています。
半分くらいは、私が書いたあとに、
主人が貼り付けているんですよ。
著作権のこと、心配しています。

えーと、前にも書きましたが、
主人が撮ってくれた私自身の写真や、
主人と仲良くしているときの写真も結構使っています。
最初から見ていただくとわかっていただけると思います。

どの写真が私自身の写真かは、ふふ、恥ずかしくて言えません。
ちょっと前のコメントで、
「順子さんの写真、これでしょ」って、
当てられそうになって、ちょっと、慌てたことがありました。
ふふ。危なかったです。

これからも、感想宜しくおねがいしますね。

コメント、ありがとうございました。
これからも、宜しく、お願いします。
順子 |  2014.08.02(土) 10:30 | URL |  【編集】

「順子のしたいとおりにすればいいさ」

順子さんも甘えられるご主人と
話しているうちに、人肌が恋しくなって
翁先生と一時を過ごす覚悟が出来た見たいですね(^^;)翁先生はお年をめされて
いますが、女を喜ばせる術を心得て
いると思うので楽しみですね(^_^)

ご主人の一言で決意した順子さんは
そう言う場面を想定して翁先生に
貸し出される訳なので一生懸命に
翁先生を楽しませる事でしょう(*^_^*)

佐渡での思い出楽しみにしています。
暑い中ブログの更新大変でしょうが
体に気をつけてお過ごしください。
あきら |  2014.08.02(土) 10:56 | URL |  【編集】

一時を過ごす覚悟

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

ええ、歳は離れていても、
翁先生、とっても素敵で、私もどうなるのかって、心配しました。
それに、主人もあんなこと言うんですから。
想いで深い夜になるのかなぁって、
そうも、思ったのですが。

北海道、気候はいかがですか。
今まで、6月と2月に旅行行ったことがありますが、
何れも良い思い出が残っています。
こちらは、例年よりは暑くはないのでしょうが、
それでも、やっぱり夏の装いです。

暑い夏、ご自愛されてお過ごしください。
コメント、ありがとうございました。
順子 |  2014.08.02(土) 12:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/228-05d4785e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。