FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

歓迎会

2014.07.18 (Fri)

子どもたちにとっては、楽しみな夏休みが始まりますね。
保護者の連絡会があったので、京都まで行ってきました。
久しぶりの母校で、嬉しかったんですけど、
その後、ちょっと、どきどきなこともあって。
いずれ、また、書いてみますね。

さて、随分前になりますけど、お勤めをしていたときのことを書かせてもらっています。
続きを読んでみてください。


仕事を始めて一月ほど経ったころ、
私のために、歓迎会を開いていただきました。

25647d7a-s.jpg

お休みの日の夕刻、
事務所でよく使われるという、素敵なレストランの個室で会食。
翁先生とYさんと奥様、それに息子さんと研修生のお二人、
フランス料理のコースをいただきましたが、豪華な内容でとっても楽しめましたよ。
翁先生の隣に座らせてもらった私は、先生のグラスにワインをお注ぎしたり、
お肉を、お皿についであげたり、かいがいしくお世話させていただきましたが、
翁先生も、そんな私のこと、随分と喜んでいただいて、
時折、私の手を握って、いろいろとお話してくれました。

s_000b.jpg

「父さん、順子さんの手、そんな握ったら、セクハラだよ」って、
おどけてYさん言ったら、翁先生、目を伏せたまま、
「母さんの手も、こんなふうに、きれいな手だった」って。
 それを聞いて、皆、ちょっとしんみりしたんです。
「いいんですよ、私でよかったら、奥様の代わりをさせていただいて」
翁先生、ありがたそうに頷いて、
けれど、私の手をそっと放すと、部屋の中のどことも定まらぬところに、
視線を移したのでした。

imagesCA1V8QR3.jpg

その後は、お若い息子さんや研修生の方のお話に、
皆笑いながら、楽しいひと時を過ごしたんですが、
時折、寂しそうな表情をされ、目を伏せられていた翁先生のこと、
やっぱり、気にはなっていたのですが。

res6.jpg



翁先生が帰られた二次会は、
駅から少し歩いたところにある、夜景の素敵なお店に連れて行ってもらいました。
ゆっくりとしたソファー、夜景が楽しめるラウンジで、
少し強めのお酒を頂きました。

photo1.jpg

前にも言われていた翁先生のこと、Yさんから言われました。
仲良くされていた奥様を亡くし、
子どもたちが巣立った広い屋敷に一人住まい。
随分と寂しいだろうから、自分たちのところで一緒に住めばって言うんだけど、
母親との思い出のある屋敷から、
離れることなどできないって、頑として拒まれているそうです。
奥様のこと、そんなに愛されていたんですね。
うちのパパ、私が居なくなったら、どうなのかしら。
きっと、すぐに、新しい女の人と、暮らしちゃうんだろうなぁ。

「順子さんには、悪いけど、ねぇ、順子さんて、お母さんに似てない?」
「やっぱりそう思うかい。この間逢って話しながら、僕もそう思ったんだ。
 顔立ちもそうなんだけど、何て言うか、立ち居振る舞いが、なんだかねぇ」
Yさんご夫婦の言葉に、皆さん、同感するように頷いて、
私の方を見たんです。
へぇ、そうなのかしら。私は、奥様にお会いしたことはないからわからないけど、
そんなことって、あるんですね。
それに、奥様のお名前は、淳子。同じ、呼び方なんですよ。

「こいつ、勉強ばかりしてて、少しは遊びを覚えろっていうんだけど」
Yさんから、そう言われた息子さんの義則君。
お母さん似なのかなぁ、細面の今流の素敵なイケメンなんですが、
なるほど、ちょっと、幼い感じ。
在学中に、司法試験に合格したんですから、
優秀なことには、間違いないんですけど、
その分、遊んでる暇なんて、なかったんでしょうね。

bar_p01.jpg

「そうよ、ヨシ君、順子さんに教えてもらいなさいよ」って、
母親から言われて、可哀想にうなだれてました。
「ほら、順子さん、とっても綺麗でグラマーだし。ヨシ君の好きなタイプでしょ」
「いいわよ、私でよかったら、今度デートしましょうか」
そう言うと、義則君ゆっくり、と顔を上げて、頷いたのでしたが、
研修生の二人に、大いに冷やかされて、恥ずかしそうにしてたんです。

20130116_n06.jpg

そんな風にして、楽しい歓迎会の夜は更けて行きました。
お仕事をするってこと、いろいろと心配していましたが、
まぁまぁのスタートなのかなぁって、その時は、思ってたんですけど。



関連記事
21:20  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

おじさまと純真な弁護士

順子さんはおじさまにももてるんですね(^_^)今回はどうなるんでしょうね(^^)

若くて純真なヨシ君 母親に
「そうよ、ヨシ君、順子さんに教えてもらいなさいよ」と意味深な言葉 まさか順子さんに筆おろしして貰いなさいと言うことか?ヨシ君もしかしたら童貞?

これからどうなるかとても楽しみです。

順子さん色々とお忙しそうですが
あまり無理せずにいてくださいね(^^)
あきら |  2014.07.19(土) 10:09 | URL |  【編集】

順子さんに教えてもらいなさい

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

ええ、ちょっと、家族のことで忙しくて、
間が空いてしまいそうです。
今度のお話は、
随分と前の出来事なので、
思い出しながら書いているんですよ。

翁先生は、素敵な紳士で、
私を困らせるようなことはないだろうって、
このときは、そう思っていたんですけど。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2014.07.19(土) 10:30 | URL |  【編集】

Re: お帰りなさい

> はじめまして。
> いつも拝見しております。
> お帰りなさい。
>
> 色々と大変な時期かもしれませんが、
> お体に気を付けて下さい。
> 今後の展開に期待しております。

のりさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

いつも読んでいただいているとのこと、
本当に、ありがとうございます。
今後とも、よろしく、お願いしますね。

のりさんのブログ、ありますか?
良かったら、おじゃましたいと思います。

ええ、ちょっと、家族の病気のことで忙しくて、
少し、間が空きそうです。

コメント、ありがとうございました。
また、書いていただくこと、待っています。
順子 |  2014.07.19(土) 10:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/223-3bad0709

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。