FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

私のこと、探さないでくださいね。

2014.07.05 (Sat)

高校と大学を、京都で過ごした私は、
今の街に、その時の友達って、多くないんですけど、
それでも、数年に一回開かれる中学時代の同窓会、楽しみにしてるんです。
今年の夏も、二年ぶりの同窓会、その打ち合わせ会が開かれました。

D651398_m.jpg

前に書いたことのある、健二君を始め、久しぶりの面々八名と、
土曜日の昼下がり、ホテルのお部屋をお借りしての打ち合わせです。
今年は、当時担任だったS先生のご都合も良いようで、
近くへの一泊小旅行になりそうです。
お話が終わった後、都合の良い人たちと夕食。
主人も、今夜はお付き合いで遅くなるとのことだったので、
一度連絡をして、夕食会、私も参加することにしました。

フルコ~1

ホテルのレストランで、デイナー。
メインはお魚をお願いしましたが、ええ、とっても美味しかったですよ。
皆の、近況報告を含めたくったくない会話も面白くて、楽しい時間を過ごせました。
中学生だった私のまだ幼い乳房に、驚く程たくさんの男の人の液、
思いっきり降りかけた健二君も、もう、二人の子どものいる立派なお父さん。
家庭も円満みたいなんだけど、
会議室から、レストランに席を移すほんのちょっとしたときに、
「今度、二人だけで、逢いたいんだけど」って、
それって、お誘い?
昔みたいに、私のこと、困らせないでね。


散会になった後、時間がまだ早かったので、
住まいが近所の里子さんと二人で、ラウンジへ。
夜景を見下ろしながら、少しだけお酒、いただきました。
お互いの旦那さんや子どもたちのお話で、それは、それで、楽しかったんですが、
その後、私の顔色の変わるような、びっくりするお話。

「ねぇ、順子、『バージン★ママ』ってブログ知ってる?」

それまでの話から、急に全く別なところに、それも、思いもかけない話題に飛んで、
主人と私以外には、内緒で書いてる『バージン★ママ』のこと、
私、息が詰まりました。
「何のこと、そんなの知らないわ」って、そう、言おうとしたんですけど、
昔から、嘘をつくこと、上手ではありませんでした。

慌てた様子が見てとれたんでしょうね。
「やっぱり、あなたなのね、あれ、
旅行にくる友達のために、兼六園のこと調べてて、ヒットしたの」

薄っすらとした眩暈が、私を襲っていました。
私と主人以外、誰にもわからないように、
同じ街に住む人たちに、私たちのことだとわからないように、
充分に注意して書いていたつもりだったのに、
やっぱり、気付かれてしまっていたんですね。

やだぁ、どうしよう。

「あれ、読んでると、なんだか、とっても、楽しそうだわ。 
ねえ、順子、良かったら、私たちも、仲間にいれてよ」って。

里子さんは専業主婦、旦那さんは、真面目で、堅物な学校の先生。
皆で遊ぶのには、こちらから、誘ってもいい魅力的な同級生なんです。
「ええ、それは、かまわないけど」
「あら、良かったわ、じゃ、主人にも言っとくから、お願いね。
 ねぇ 夏に 泊まりがけでどっか行かない。
 最近、主人とマンネリで、ちょっとだけでいいから刺激が欲しいわ。」

そういう里子さんの喉を、
ハワイアンブルーの綺麗な液が、流れ落ちて行ったのでした。

ishikawa02.jpg

お願いです。私のこと、探さないでくださいね。
街のことも、行きつけのお店のことも、
確かに、そのまま、実名を使っていることが多くて、
もしも、探されたら、
私が、誰なのかは、きっと、それほど、苦も無くわかってしまうことなんです。
だって、「順子」っていう名前さえも、間違いのない、本名なんだから。

もしも、ある日、
あなたが、いつものようにIEブックマークをご覧になって、
時々読んでくれていた『バージン★ママ』が忽然と消え失せてたとしたら、
それは、きっと、
私が誰なのかが、本当は知ってもらいたくない皆さんに、
分かってしまったときなんでしょうね、

そして、その時は、
『順子』と、皆様との、お別れの時になるのだろうなぁって、そう思っています。
私にとって、それほど悲しいことはないけど、
それは、それで、仕方のないことなのだとも、思えるのですが。

gazo69.jpg


文中にある、中学時代にあった、健二君との出来事は、↓からどうぞ。

水色の封筒 1から4




関連記事
10:55  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

私のこと、探さないでくださいね(-_-;)

意味深なタイトル、読んでいくうちに
バージンママが突然閉鎖になるかも(-_-;)
ショックでした、今まで想像だけで順子さんを
思いながらもハラハラドキドキしながら
ブログ更新を楽しみにして来ましたが、ある日
突然にブックマークをクリックしても順子さんの、面影を見ることが出来なくなったら、
しばらくは放心状態でパソコンを開く気力が
無くなるかも^^;

順子さんの都合もあると思いますが
是非ブログを続けてくれることを
願っています。
あきら |  2014.07.05(土) 23:24 | URL |  【編集】

意味深なタイトル

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

励ましのお言葉、ありがとうございます。
ええ、里子さんに言われて、
本当に、びっくりしたんです。
ブログ続けていいのか、
それとも、もう、止めようかって、
主人とも相談したんですよ。
誰かに、ご迷惑のかかることがあったら、
申し訳ないし。
でも、もう暫くは、続けることにしました。

次回からの思い出話も、
実は、私の勤めのことで、
これも、私のこと探されたら、
すぐに、わかってしまう内容なんです。
それに、いろいろと恥ずかしいお話だし。

コメント、ありがとうございました。
曇り空の日が続きますが、
お元気でお過ごしください。
順子 |  2014.07.06(日) 11:24 | URL |  【編集】

最後に写真のおっぱいなかなかいいですね。
hiro |  2014.07.06(日) 18:47 | URL |  【編集】

最後の写真のおっぱいの間違いです。
hiro |  2014.07.06(日) 18:49 | URL |  【編集】

写真のおっぱい

hiroさんこんばんは。
コメント、ありがとうございます。

ふふ、hiroさんも、おっぱい、好きなんですね。
男の人って、皆、大好きみたい。
女の人も、そんな男の人が大好きですよ。
自分の胸、愛してくれて嬉しいんですから。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.07.06(日) 21:14 | URL |  【編集】

俺からも・・・

消えないで欲しいと、願うばかりです。
具体的な事柄は、ふんわりオブラートで包んでも
読み手はそれぞれの味わいで愉しむんですから大丈夫・・・^^
何よりしっとりとした、順子さんの語り口がお目当てですから。
「慎重」にして「大胆」でいて下さいね。
ドボン |  2014.07.07(月) 17:29 | URL |  【編集】

「慎重」にして「大胆」

ドボンさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

ええ、きっと大丈夫だと思いますが、
主人の仕事関係とか、
私の、友人関係とかに、
知れ渡るようなことがあったら、
やっぱり、無理かもしれませんね。

全く架空の街を背景に書けばよかったのかなぁ、
でも、それって、私には書けないような気がするんです。

コメント、ありがとうございました。
ドボンさん、お久し振りでしたね、
ブログ、読んでくれてるのかなぁ、ふふ、お願いしますね。
順子 |  2014.07.07(月) 21:11 | URL |  【編集】

都会なら、だれも気にしないのですがね。そちらでは有名な美人奥さんなのでしょうか。遠くから読んでいてもなんとなく場所がわかりそうなので近所の人ならわかりそうですよ。
hiro |  2014.07.08(火) 00:16 | URL |  【編集】

有名な美人奥さん

hiroさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

美人奥さんかどうかわかりませんが、
やっぱり、お付き合いは多いですね。
ええ、大きな街ではあるんですが、
いろいろなところに知人はいるし、
ネットでのブログって、
ちょっと怖いところがあります。

コメント、ありがとうございました。
これからも、宜しくお願いします。
順子 |  2014.07.08(火) 17:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/221-57dee5ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。