FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「こと座流星群2014」の夜

2014.06.20 (Fri)

自分のものと繋がる私の身体を、彼、見下ろすと、
太股を大きく左右に開きました。
私の蜜液の甘い匂いが、二人の身体を包みます。
手を添えられた彼の熱いものが、私の、同じように熱く、
そして、おびただしく濡れた秘唇の溝を、
ゆっくりと、何度も、何度もなぞりながら、
少しずつ、けれど、確実に、
彼の、思うがままに、その入り口を押し開き始めたんです。

e7a05410-s.jpg

なすすべもない私の涙声は、とうとう、泣き声に変わってました。
とめどもなく、熱い涙が頬を伝い、
泣きじゃくるような声を出し始めていたのが、
自分にも分かりました。
けれど、この人の、今宵ばかりの妻になること、
もう、諦めるしかなかったんです。

ふいに、彼、転がるようにして私の横に、仰向けに身体を横たえました。
それまでの、部屋に満ちていた私の喘ぎ声が治まり、
静寂が二人を包みました。
見上げていた私には、彼の姿の変わりに、
それまで気がつかなかった、
天井にある、薄っすらとした桃色のライトの傘が見て取れました。

「大切な妻が、泣くほどいやがること、するわけいかないからね」

思いもかけない彼の言葉に、
はっと、しました。
かりそめとはいえ、彼にとって待ち焦がれた夫婦の時間だったのに、
それは、私の涙のせいだったんでしょうか。

私は彼に抱き寄ると、そっと、くちづけを求めました。
あれほど、嫌がっていたというのに、
自分の濡れた舌を使って、
彼のくちびるを開き、彼の舌を絡め吸ったのです。
「ごめんなさい、でも、ありがとう」
永い時間、お互いのくちびると、舌、そして、唾液をすすり合い、
喘ぎ声が漏れそうになりながら、私は、そう、言ったんです。

0776e7f18b6ebc9000d21406109d2e45-630x510.jpg

求められたわけではなかったのに、
彼のものに手を伸ばした私は、細い指でそれを包みました。
先程と同じように、大っきなままの彼のものは、
その先から滲ませた、おびただしい透明な液で濡れてました。
暫くの間、ゆっくりと、手を上下させてましたが、
ああ、いい気持ちだって、彼の言葉を合図のようにして、
なんのためらいもないままに、自分のくちびるを寄せると、
彼の、固く大きなものをお口に含んだのでした。

無題22

できるだけ、喉の奥にまでって、少し、涙を浮かべて髪を揺らしました。
そのことが、せめて、
私に対しての彼の優しい想いへの、恩返しだと思えたからでしょうね。

自分の、くちびると、舌と、手のひらと、指を使って、
一生懸命に、彼を頂に誘いました。
主人にも、よく誉められるから、彼にも、きっと喜んでもらえたと思いますが、
でも、これって、自分も、ひどく、感じるのは、
女性の皆さんは、ご存知のとおりと思います。

彼のものをお口に含みながら、
実は、その大っきなものを迎える準備のために、
私の身体からは、驚くほどいっぱいの、蜜液を滴らせていることに気付いてました。
どうかしたら、そのまま、彼の腰に跨って、
お口の中で、脈を打っているその大きなものを、
自分から導き入れたかもしれませんね。

無題3

「順子!」
唸るような声と、私の胸を楽しんでいた手のひらの力みから、
その瞬間が訪れたこと、分かりました。
彼が一番喜んでくれるよう、
私の身体を抱かなかったことを後悔しないよう、
それまで以上に、舌を巻きつかせて、手のひらで包んで、
とにかく、彼が、いっぱい出して満足してくれるように、
妻として努めを懸命に果たそうとしてたんです。

驚くようにたくさんの液が、私のお口の中を満たしだしました。
けれど、その大事なものを飲み込むことに、
こだわりや、ためらいはありませんでした。
確かに、強い匂いの、ひどく粘り気のあるたくさんの液を、
一滴も残さないよう飲み下すのは、正直、たいへんだったけど、
少しだけ、柔らかくなった、
彼のものの先に滴っていた名残りのものさえ、
まるで、絞りだすように、
そして、吸いだすようにして、喉を鳴らしたのでした。

42259283-s.jpg

夜空に「こと座流星群2014」の光の帯が舞い降りるころ、
彼の妻としての色濃い時間は、
こうして、静かに、流れ去ろうとしていたのでした。

maxresdefault2.jpg


関連記事
21:21  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

妻の涙

いざなうような時間が流れて
順子さんの体もTさんの逸物も
準備ができていざ鎌倉と言う段階になって
順子さんの涙に心が移ろう^^;
突然の出来事で挿入を中断(^^;)

「大切な妻が、泣くほどいやがること、
するわけいかないからね」
Tさんの優しさが順子さんに
痛いほど伝わった時間だったのでしょうね


Tさんへの償いのフェラは順子さんの
心のこもった愛だったのですね(^_^)

今回の寝取られ旅行で交わる事が
無くなってしまうのかな?続きを
楽しみにしています。
あきら |  2014.06.20(金) 23:24 | URL |  【編集】

色濃い時間

順子さん、こんばんは。
順子さんの涙の理由は何だったのでしょうか? 旦那さんへの裏切りの気持ち?それともあまりに身近な人と特別な関係になってしまう事への恐怖? Tさんへの心の篭ったフェラチオには愛も感じられます。
一方で初めての肉茎で掻き回されて乱れる順子さんを見たい気持ちもあります。ああ、益々妄想にうなされそうです…
元男優 |  2014.06.20(金) 23:47 | URL |  【編集】

男ってやっぱり・・・・

女の涙には超弱いもんなんですね。たとえ、それがずっと待ち望んだ願いが叶う瞬間であっても、泣かれれば、涙を見せられれば、その瞬間に気分が萎んで現実に引き戻されて、しかも、女の前ではエエカッコでいようとしてしまうんですね。「大切な妻が、泣くほどいやがること、するわけいかないからね」ってのたもうたTさんの気持ち、イタイほど分かります。だからこそ、その後に順子様から唇を重ねられ、さらに愛のこもったフェラをされたTさんが感じまくってしまったのでありましょう。
順子様って魔性を秘めたヒトなんでしょうか。
でも、この後、繋がったんでしょうか?とても気になります。楽しみに続きを待ちますね。

PS.コメントはあまりしませんでしたが、毎回記事の更新を楽しみにしつつ、ドキドキしつつ、拝見しておりますよ。順子様のブログを見てコメントしつつ、ちょっとした浮気気分を味わっております。
よっしー |  2014.06.21(土) 00:46 | URL |  【編集】

心のこもった愛

あきらさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

身体の準備は恥ずかしいほど、出来ていました。
でも、泣き声だったのも、正直なところでした。
いろいろと、混乱していたのでしょうね。
ありがたかったんですよ、
Tさんが、私の身体、諦めてくれたこと、
お礼は、一生懸命にさせてもらいました。

続き、読んでくださいね。
コメント、いつも、ありがとうございます。
順子 |  2014.06.21(土) 09:56 | URL |  【編集】

肉茎で掻き回されて乱れる

元男優さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

身体は熱くなって、Tさんのもの、
受け入れる準備できていましたが、
でも、やっぱり、そうならなかったこと、良かったです。
そうなったら、女の身体が、どうなるのか、
わかっていましたからね。
怖かったです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。
順子 |  2014.06.21(土) 10:06 | URL |  【編集】

ちょっとした浮気気分

よっしーさん、おはようございます。
コメント、あんまり早くって、驚きました。
いつも、ありがとうございます。

ええ Tさんとの始めてのくちづけ、
私から、求めました。
主人には、申し訳なかったけど。
お口に含んだの、
それから、Tさんの男の人の液、飲んだのは、
初めてではありませんでしたが、
拒んでいたキス、初めてだったんですよ。

コメント、ありがとうございました。
Tさんとの旅行、次回で終わりたいと思っています。
楽しみに待っていてくださいね。
順子 |  2014.06.21(土) 10:11 | URL |  【編集】

一枚の写真

「こと座流星群2014」の夜の
中の写真の中に、私の目に止まった
写真が有りました男性の愛液で顔を
濡らしながら、情事が終わった満ち足りた
顔をされていた写真です、再び順子さんの
ブログを訪れたら、その写真が無くなって
いました(-_-;)私の勘違いだったのでしょうか(^^;)とてもステキな女性でした(^^)
もしかしたら順子さん(^_^)
あきら |  2014.06.21(土) 14:10 | URL |  【編集】

もしかしたら順子さん

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

お昼過ぎに、家族でワオーキングに行って、
たった今、シャワーを使ったところです。
下着にTシャツを着ただけの、
お行儀の悪い格好でPCの前に座ってます。
ブラも着けていないんですよ。
ふふ。

写真、ああ、もしかしたら、
あきらさんの、思っているとおりかもしれません。
皆さんには、黙っていてくださいね。
他にも、私の写真、結構、たくさん、
貼っています。
主人が、悪戯にいつの間にか、
貼っているのも、あるんですよ。
探してみてくださいね。
B88 Dカップ でも、身体つきは、
細いって、言ってくれる人、多いです。

コメント、ありがとうございました。
Tさんとの、旅行二日目のこと、
また、書きますから、
読んでくださいね。


順子 |  2014.06.21(土) 16:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/217-48337452

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |