FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

二度目の悦び

2014.06.18 (Wed)

彼のくちびるが、
私の、最も女である秘唇を求めるために、
身体を下にずらし、ゆっくりと太股を押し広げ始めたときも、
私は、彼のするがままに、身体を開きました。
おびただしく濡れた、秘唇を見られることは、
もちろん、ひどく恥ずかしいことだったけど、
それは、これから、いつわりとはいえ、夫婦の営みの時間を過ごす自分にとっては、
もう、仕方のないことのように、思えたんです。

無題2

永い時間、彼のくちびるは私の秘唇で這い回ってました。
柔らかな太ももの内側を、強く吸い上げられた時、
彼のくちびるの印を付けられるだろうことも、拒めませんでした。
くっきりと付けられたその印を、主人はどんな気持ちで見るのでしょうか。
溢れた蜜液は、音を立てるようにして、吸われ続けていたし、
彼の指で開かれた秘唇には、数本の指が差し入れられ、私に細い声をあげさせました。
そして、その指の出し入れを続けながら、
柔芽を彼の舌がなぞり、くちびるがそれを挟んだとき、
私は、あえなく、頂に登りつめることを彼に告げ、身体を仰け反らせたのでした。

bcf97cad711068dd883e96e6a7b1f70d-630x427.jpg

二度、三度と、今は、彼のものである私の身体を、強い麻痺が襲います。
それまで、自分の乳房に添えていた両手を、彼の髪に添え直すと、
恥ずかしいことに、更に深い喜びを求め、
自分の秘唇を、彼のくちびるに擦り付けていたのです。

喘ぎのため、乳房の揺れが、まだ、治まる前だというのに、
二度目の悦びに私を誘うため、
彼のくちびると舌が、濡れた柔芽に触れてきました。

彼のするがままに、彼の思うがままに、
私は、自分の身体を与え続けるしかない夜であることを、
諦めたように納得していたんです。

自分のものと繋がる私の身体を、彼、見下ろすと、
私の太股を大きく左右に開きました。
蜜液の甘い匂いが、二人の身体を包みます。
手を添えられた彼の熱いものが、私の、同じように熱く、
そして、おびただしく濡れた秘唇の溝を、
ゆっくりと、何度も、何度もなぞりながら、
少しずつ、けれど、確実に、
彼の、思うがままに、その入り口を押し開き始めたのでした。

e7a05410-s.jpg



More・・・

彼のくちびるが、
私の、最も女である秘唇を求めるために、
身体を下にずらし、ゆっくりと太股を押し広げ始めたときも、
私は、彼のするがままに、身体を開きました。
おびただしく濡れた、秘唇を見られることは、
もちろん、ひどく恥ずかしいことだったけど、
それは、これから、いつわりとはいえ、夫婦の営みの時間を過ごす自分にとっては、
もう、仕方のないことのように、思えたんです。

無題2

永い時間、彼のくちびるは私の秘唇で這い回ってました。
柔らかな太ももの内側を、強く吸い上げられた時、
彼のくちびるの印を付けられるだろうことも、拒めませんでした。
くっきりと付けられたその印を、主人はどんな気持ちで見るのでしょうか。
溢れた蜜液は、音を立てるようにして、吸われ続けていたし、
彼の指で開かれた秘唇には、数本の指が差し入れられ、私に細い声をあげさせました。
そして、その指の出し入れを続けながら、
柔芽を彼の舌がなぞり、くちびるがそれを挟んだとき、
私は、あえなく、頂に登りつめることを彼に告げ、身体を仰け反らせたのでした。

bcf97cad711068dd883e96e6a7b1f70d-630x427.jpg

二度、三度と、今は、彼のものである私の身体を、強い麻痺が襲います。
それまで、自分の乳房に添えていた両手を、彼の髪に添え直すと、
恥ずかしいことに、更に深い喜びを求め、
自分の秘唇を、彼のくちびるに擦り付けていたのです。

喘ぎのため、乳房の揺れが、まだ、治まる前だというのに、
二度目の喜びに私を誘うため、
彼のくちびると舌が、濡れた柔芽に触れてきました。

彼のするがままに、彼の思うがままに、
私は、自分の身体を与え続けるしかない夜であることを、
諦めたように納得していたんです。


自分のものと繋がる私の身体を、彼、見下ろすと、
太股を大きく左右に開きました。
私の蜜液の甘い匂いが、二人の身体を包みます。
手を添えられた彼の熱いものが、私の、同じように熱く、
そして、おびただしく濡れた秘唇の溝を、
ゆっくりと、何度も、何度もなぞりながら、
少しずつ、けれど、確実に、
彼の、思うがままに、その入り口を押し開き始めたんです。

e7a05410-s.jpg




関連記事
20:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

オーガニズム

順子さんがこれからTさんと初めて結ばれる
期待と不安がこれ程までに順子さんを
より一層の高見の悦びに誘うためのオーガニズムを繰り返しているのでしょう(^^)
あっという間に初めの悦びが襲ってきて
次第に順子さんが知らないかたちでの
絶頂をむかえる事になるのでしょうか(*^_^*)

今回の寝取られで、順子さんがご主人と
違ったセックス体験をしたらきっと
今回の寝取られが終わった後も
再びTさんを忘れられず求めてしまうかも(^_^;)

この後の告白楽しみにしています。
あきら |  2014.06.18(水) 22:07 | URL |  【編集】

蜜液の甘い匂い

とうとう迫ってきましたね。
Tさんの長大な亀頭が順子さんの秘裂に隠れて行きます。順子さんのそれはいとも簡単に包んで行くのです。初めてTさんのモノを受け入れ、子宮を広げられる感覚はどんななのでしょうか。順子さんの理性は破壊されていくのです… 嫌らしい音を立てながら。理性を失った順子さんが見たいです。自分の肉棒も急激に固さを増しています。
元男優 |  2014.06.18(水) 22:46 | URL |  【編集】

忘れられず求めてしまうかも

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

もう、諦めるしかありませんでした。
主人以外の男の人のものを迎えること、
こともあろうに、
主人自身から、勧められた出来事だったのですから。
本当、Tさんのこと、忘れられなくなったら、
どうするんでしょうね。

続き、読んでみてくださね。
いつも、コメント、ありがとうございます。
順子 |  2014.06.19(木) 18:06 | URL |  【編集】

Tさんのモノを受け入れ

元男優さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

どうしようもありませんでした。
昔からTさんには、身体を求められていましたし、
妻として拒んできたのに、守ってくれるはずの主人が、
今度の旅行、勧めたんですもの。
けれど、旅行中、主人のこと、思い出すことはなかったんですよ。

続き、お楽しみに。
コメント、いつも、ありがとうございます。
順子 |  2014.06.19(木) 18:12 | URL |  【編集】

とうとうこの一瞬が訪れてしまいましたね!もう、読んでて興奮の連続です。凄いです、順子様の表現力。圧倒されます。圧倒されていても、私の茎は勃ちっぱなしです。次回、いよいよ繋がるんですね!順子様の感じた全てを読ませていただきます。
よっしー |  2014.06.20(金) 00:45 | URL |  【編集】

茎は勃ちっぱなし

よっしーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

お久しぶりですね、
もう、読んでくれてないのかなぁって、
思ってましたよ。
やだぁ、私の、文章で大きくしてるんですか、
それって、恥ずかしいけど、
でも、嬉しいです。
後は、奥様に、お願いしてくださいね。
私には、どうしようもできませんから。
ふふ。

コメント、ありがとうござました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2014.06.20(金) 07:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/215-c0163e13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。