FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

妻に戻る日2

2014.05.14 (Wed)


「帰ってきてたんだね」
鏡に映る私の後ろに、いつの間にか、主人が立っていました。
気配を察して、二階の寝室から降りてきたのでしょう。

「ごめんなさい、ご迷惑、かけました」
その言葉を、主人が聞き終わらないうちに、
案の定、私は、後ろから抱きしめられました。

594.jpg

「抱かれたのか」
そういわれながら、ブラを脱がされ、今朝までTさんに愛されていた乳房を、
焦るような、主人の手のひらが被います。
強い力に、私、思わず、声をあげようとしましたが、
手を添えられた、今朝まで彼のものであったくちびるに、
主人のくちびるが張り付いてきたのです。

1313.jpg

息を乱しながら、主人、私の身体から、身に着けているものを脱がせ、
恐ろしいほどに、熱く、硬くしたもので、
二人の身体を、後ろから繋げようとしてきました。

「二階で」って、言ったのに、許してはくれませんでした。
まだ、潤いの不足していた秘唇にあてがわれた主人のものが、
きしむようにして、私の身体を押し広げながら入ってくると、
両胸を掴まれ、そして、激しく突かれ続けました。

それは、これまでの私たちの営みにはなかったような、
乱暴な動きだったようにも思えました。
けれど、二人にとって、それは、仕方のないことのようにも、思えたのです。

1873-14s.jpg

他人の妻として過ごした、本当は、自分のものであるはずの私の身体を、
主人、そうして、引き戻したかったのでしょうね。

いくらもしないうちに、身体の奥に注ぎ込まれたパパの温かいもので、
やっと、本当の妻に戻れたことを実感しながら、
私は、穏やかな頂に登りつめていったのでした。

こうやって、案じていたTさんとの時間は、静かに幕を下ろしました。
思ってもいなかった時間でしたが、
そのことを望んだ主人にとっても、
そして、そのことを拒みきれなかった私にとっても、
後戻りの出来ない時間であったことは、
もう、間違いないことでした。

日記調のブログって、やっぱり、たいへんですよね。
Tさんと過ごした数日のこと、ここに書こうか、書くまいか、
今も、決めかねているんですよ。

o0yUBa.jpeg




関連記事
21:16  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

他人の精

順子さん、こんばんは。
夫に抱かれて安心したと同時に、
他人の男の人のものを受け入れ、精を受けた今、変化はあるものでしょうか? 気持ちとは裏腹に体は別の反応を示してしまうのでは。
Tさんとの情事… 聞きたいです。
女の人の性器は男のものとは違うものだと言いますから…
元男優 |  2014.05.14(水) 22:41 | URL |  【編集】

他人の精

元男優さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

夫以外の精を受けるって考えただけで、
やっぱり、震えちゃいますよね。
女性って、好きな人のもの求めるのが、
やっぱり、当たり前だから。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしく、お願いします。
順子 |  2014.05.15(木) 21:12 | URL |  【編集】

震え

返信ありがとうございます。
元男優です。
自分も過去に人妻さんを抱いた事があります。人妻からの要望がきっかけでした。その方との情事が終わった時に、女は好きな人でなくとも
男のものを受け入れると特別な感情を持ってさまう生き物なの。と言っていたのです。その時は避妊していましたが、付けずに直接受け入れたら時に一体どうなってしまうのかと。夢の中で順子さんの奥深くにたっぷり射精したいです。
元男優 |  2014.05.16(金) 02:02 | URL |  【編集】

奥深くにたっぷり射精

元男優さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

やだぁ、そんなこと書かないでくださいね。
想像しちゃうわ。
やっぱり、大好きな人のものが、
身体の奥に注がれるのが、
女として、一番幸せなときですね。
パパの時も、それだけで、
深い喜びに誘ってくれます。

コメント、ありがとうございました。
良い週末を、お過ごしください。
順子 |  2014.05.16(金) 07:11 | URL |  【編集】

背徳は麻薬

・・なんだろうと、俺は思います。
止めようとしても、あればまた欲しがってしまう。

何度も?注がれたTさんの「精液」
順子さんの中で、予想以上に拡散しているかも知れません。

公認?・・・となれば、それはまさに常習化という魔界へ?

などと・・・勝手な妄想が膨らみます。
ドボン |  2014.05.16(金) 17:44 | URL |  【編集】

まさに常習化という魔界へ

ドボンさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

ええ、確かに、予想以上に拡散しているのかもしれませんね。
公認? って、言っていいのかもしれません。
主人に勧められての、旅行でしたから。
それが、主人自体を、奮い立たせるのですからね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2014.05.16(金) 18:21 | URL |  【編集】

寝取れ妻の心境?

順子さんをTさんに3日間妻として
与えた旦那様の性癖は、男として
少しは理解しているつもりですが、
その行為を受け入れた順子さんの
心境は、どんな感情で3日もTさんの
他人妻としての日々を過ごしていたのかと
女性の立場から、あるいは人妻の立場からの
心境に、非常に興味があります、
初めての寝取られを体験するには3日はあまりにも長すぎるし
旦那さんにしてみたら、あまりにも切なく
身を切り刻まれる思いで過ごされて3日
だと思います(-_-)

それ程までして順子さんを貸し出して
愛したい旦那さんの思いが伝わって
この世界に足をふみいれてしまった
二人にエールを送りたいと思います、

それ以上にお子様と順子さんの家族が
壊れないことを祈っています。

あきら |  2014.05.16(金) 22:23 | URL |  【編集】

寝取れ妻

あきらさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

きっと、そうだと思います。
主人、私たちがいない夜を、どうして過ごしたんでしょうね。
あきらさんが言うように、切ない夜だったのかもしれません。
主人から言われて、仕方のない夜だったのですが、
夫婦二人にとっては、やっぱり、たいへんな時間だったことは、
間違いのないことのようです。

コメント、いつもありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いしますね。

順子 |  2014.05.16(金) 22:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/196-7f495e6f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |