FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

迎える準備2

2014.02.21 (Fri)


高校時代、友達が私のことを人に紹介するとき、
「大きなおっぱいと、おちょぼ口がトレードマークです」
とそう言ってくれていた小さな唇を一生懸命開いて、パパのものお口に含みました。

何時ものことなので、なんでもないことだったはずですが、
やっぱり、Tさんのことがあったから、
後ろめたいところが、感じられました。
ごめんなさいね、パパ。

0651fdd4247e1a7fa35f558f8f042caf-630x776.jpg

だからって言うわけじゃないけど、私、いつも以上に一生懸命パパにご奉仕。
唇と舌と指と総動員で、パパのこと愛したのです。

「そんなにしたのかい、Tにも」
パパゆっくりと腰を揺らして、気持ちよさそうにそう言いました。

Tさんのものが思い出されました。
男の人って、自分のものの大きさを気にするらしいけど、
女の人って、そんなことって、あんまり問題じゃないと思います。
そんなことより、あの夜の時のことが思い出されたことで、
どきんって、荒い息になってしましました。
パパ以外の男の人のものを、
しかたがなかったとはいえお口に含み、
舌を使い、唇を使い、指を使いました。
そして、最後には、Tさんの驚くほどの量の精液を、
すっかり、飲み込んでしまったのです。

10ede1c5-s.jpg

舌を、パパのものに巻きつかせながら、
手の動きを忙しくさせました。
今 自分のお口の中で跳ね返っているものが、
パパのものではなくて、Tさんのもののように感じられて、
いつも以上に、ねっとりとした蜜液が、
とうとう、秘唇から、漏れ流れそうになっていたのです。

「ああ、また今度、Tさんのものを飲まされることってあるのかなぁ」

そう思った途端、それまで以上に鼓動が激しくなり、
慌てて指の動きを早めたのです。

「ああ、出そうだ、Tのものだと思って、全部飲むんだよ」

パパの動きが強くなり、大きく、太くなったものが奥まで届きました。
私は少し咳き込みながらも、唇をすぼめ、舌を絡めながら、
一生懸命に髪を揺らしたんです。
 
パパのうなり声と同時に、喉の奥に最初の塊を感じました。
そして、それは、言われたままに、
あの時飲まされた、Tさんのもののように感じた私の身体は、
とうとう、うっすらと開き始めていた秘唇から、
その量に耐えかねた愛液を、つぅーって漏らしてしまったのです。

「僕が精液を出し始めたと思っても、
良いっていうまで、手や舌の動きを止めるんじゃないよ」っていうのが、
結婚前から、パパに言われていることでした。

今も、少し動きは緩やかにしたものの、手を動かし続け、
精液で満たされた口の中で、相変わらず硬いままのその先に、
舌を巻きつかせていました。
パパの身体に力が漲り、声がでてます。
良かった、最後まで、全部出してくれたみたい。
ふぅ、たいへん。

97fb8064-s.jpg

やっと、少しだけ柔らかくなったパパのものがお口から抜かれると、
「口を開いて、一度見せるんだよ」だって、
そっと、お口開いてあげると、パパ、嬉しそうに覗いて、
「さあ、Tのだと思って、ゆっくりと飲んでごらん」

645766cc-s.jpg

喉を濃い精液が伝い流れ落ちるのが分かりました。
それは、まぎれもなく、大好きなパパのものなのに、
そうではないTさんのものを、いつか秘唇の奥に迎える準備を、
だんだんと、させられているような、そんな気分になったのでした。


関連記事
21:04  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

きれいだね
hiro |  2014.02.21(金) 23:45 | URL |  【編集】

コメントありがとうございました

Hiroさんおはようございます。
コメントありがとうございました。

Hiro って、私にとって、
思い出深い名前です。
まさか!

コメントありがとうございました。
またお願いしますね。
順子 |  2014.02.22(土) 08:14 | URL |  【編集】

精魂込めてのご奉仕

旦那さんへの償いなのか、順子さんは
いつもより精魂込めてのフェラ(^^)でもつい
Tさんとの事を思い出してしまう(^_^;)

ご奉仕をしながらも順子さん自身も
感じて自然と陰部から愛液が溢れてしまう
順子さんの女のしての本能が開花して
乱れてしまうのでしょうね(*^_^*)

男性ならそんな女性と一緒に居るだけで
幸せです、旦那様に嫉妬してしまいます。
あきら |  2014.02.22(土) 08:32 | URL |  【編集】

女のしての本能

あきらさん、おはようございます。
穏やかな日曜日の朝、いかがお過ごしですか。

昨夜は、主人から求められて、長い時間抱かれました。
お陰で、今朝は、ちょっとお寝坊さんです。
でも、心も身体もすっきり、気持ちのよい朝ですよ。

女としての本能は、
もちろん、主人に対してだけのもののはずなんですけど、
最近はちょっと違うほうにも向けられることもあって心配です。
それも、主人から、そっちの方に誘われているんですから。

コメントありがとうござました。
これからも、よろしくお願いしますね。
順子 |  2014.02.22(土) 09:52 | URL |  【編集】

お久しぶりです。
相変わらず、綱渡りでパパさんへのバージンを守っておられますね。でも、寝取られ願望が割りと強めのパパさんの様ですから、Tさんと繋がってしまうのもそう遠くないかもしれませんね。
ところで、今回の迎える準備ってタイトル、秀逸でした。最後の一行を読み終わってからもう一度タイトルを見て、あ~!!ナルホド!!って思いました。順子様の文才、かなり高いと思います。
よっしー |  2014.02.23(日) 01:32 | URL |  【編集】

寝取られ願望

よっしーさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

寝取られ願望って、男の人って皆あるんですかね、
なんだかそんな感情って、不思議です。
自分の大切なもの、人に奪われて嬉しいのかなぁ。

ブログは、ワードで書いて後で貼り付けますが、
最後にタイトルを考えています。
文才あるのかどうか、自分でも分かりません。
多分、ないのだろうと思っています。

コメント、ありがとうございました。
また、待っています。
順子 |  2014.02.23(日) 09:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/163-7fbec6ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。