FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

夜の兼六園4

2014.02.07 (Fri)


ほんの僅かに残っていた貞操の意識に、寸前で呼び戻されました。
私は柔らかな下草に膝を着くと、
目の前にある、怒ったようなTさんのものに唇を寄せたのです。
彼が、私と身体を繋ごうとする欲望を治めるためには、
その時の私には、こうするしか思いつきませんでした。
そして、ためらう余裕はありませんでした。
Tさんの腰を両手で寄せると、
彼のおっきなもの、ゆっくりとお口に含んだのでした。

81dce1c554719508086adeaa23ed7199-630x819.jpg

喉の奥にまで、それは入ってきました。
私が髪を揺らすまでもなく、彼の腰は、浅く深く、ゆっくりと前後に動き、
私のお口の中で、大きさと硬さを、さらに増したような気がしました。
ああ、すごいわ。こんなに、大きくなっちゃって。

imagesCAEPH5NX.jpg

月の内の数日、主人を迎えられない時は、
お口で満足してもらうことが、私たち夫婦のお約束になっていて、
主人にも、とっても上手だって喜んでもらっています。
女の人が一生懸命に舌と唇と指を使えば、
男の人が気持ちよくなってくれることを知っている私は、
とにかく、早くTさんにそれを出しきってもらって、
私の身体への欲望を、鎮めてもらいたかったのでした。

お口を犯されながら、
その行為は、本当にTさんのものを、
秘唇に受け入れたのと同じような心持がしました。
その証拠に、秘唇からは、それまで以上に、溢れるほどの蜜液が滴っていたのです。

無題2


「全部、飲んで」
むせるほどに私の口の奥まで自分のものを差し入れると、
そう、Tさんは慌てた掠れた声で呟きました。
その時になって、お口に出された後の彼の液を、どうすればいいのかと狼狽えました。
けれど、その答えを見つけだす前に、
私の舌と唇と指の動きに応えて、
とうとう、彼の唸りと同時に射精が始まったのです。

それは、驚く程の量でした。
喉の奥に、最初の塊がはじき出された後も、二度、三度と、
むせる私を無視するかのように、何度も、何度も射精は続きました。
お口の中を、精液が満たしたとき、
もちろん、そのまま、吐き出そうとも思いましたが、
けれど、やっぱり、この場所ではできませんでした。
私は、仕方なく、その粘り気の強い彼の液を、
飲み下すことしかできなかったのです。



関連記事
21:03  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

寸前の所で順子さんの貞操が呼び戻され、お口でTさんの大きな物を口に含んで順子さんもお口で女の悦びを味わったのでは、全部飲み干してと言うTさんの言葉に戸惑いながらも、さすがに文化遺産の兼六園で男性の精子を吐き出す訳にはいきませんよね、金沢を愛する順子さんの気持ちがこんな些細なところにも伺えます(^_^)ここのブログを見ることになるご主人はTさん以上の白濁液を順子さんに与えてくれるのでしょうね(*^_^*)いずれはTさんの白濁液を受け容れる時が来るのでしょうが、その時は桐子さんと旦那さんが結ばれている場所が良いですね。
あきら |  2014.02.07(金) 21:59 | URL |  【編集】

Tさんの白濁液を受け容れる時

あきらさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

もぉ、あきらさんまで、そんなこと、
言わないでくださいね。
私も、本当に困っているんですから。
ええ、あの場所で、吐き出すことは、
やっぱり、できませんでした。

コメント、ありがとうございました。
あんまり、早くて、ちょっと、
驚きましたよ。
順子 |  2014.02.07(金) 22:37 | URL |  【編集】

口淫

その瞬間の、順子さんの表情はきっと同じですよ。
口を開け、眉間に苦悶の証しが浮かぶ顔・・・
男根が躰の奥で弾ける時を、その表情で連想するのです。
次は必ず・・と、決意も新たにね。
困ったTさんです、羨ましいけど(苦笑)
ドボン |  2014.02.08(土) 22:28 | URL |  【編集】

困ったTさん

ドボンさんおはようございます
コメントありがとうございました。

本当に困ったTさんですよね、
私を困らせてばっかり。
これ以上のこと
ないといいんだけど。

コメントありがとうございました。
またお願いしますね。
順子 |  2014.02.09(日) 08:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/158-15ffa6cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |