FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

午後の浴室

2014.01.17 (Fri)

皆さん こんにちは。
お陰さまで、インフルエンザ、ほぼ、治りました。
ご心配していただいて、ありがとうございました。
私の街でも、本格的な雪の季節になってきましたよ。
皆さんも、風邪気をつけられてくださいね。

kotojikasumi11.jpg

昨日「午後の診察室4」をUpしましたが、
今朝、朝ごはんの洗い物をしていたら、さっそく、主人から言い寄られました。
「あきらに何をされたの、まさか、診察室で最後まで」
二本のスプーンが重なり合うように後ろから身体を寄せてきて、
そう、言ったのです。

これまでの男性との経験については、結婚前に主人には話してあります。
M先生とのこと、そして、今回の彼 あきらさんとのことも。
主人、昔のことには、いたって肝要です。
それに、そんな、私と男性たちとの交わりの話聞くこと、
逆に結構好きだったりして、
詳しく話してくれって、よく言われるんですよ。刺激あるんでしょうね。

お尻に感じていた主人のもの、ひどく熱くなっているのがわかりました。
姫初めから、私の身体 暫くおあずけだったので、
きっと、主人たら、いっぱい溜まっていたのでしょうね。
それに、主人に悪いことしたってブログに書いたこと、
何時ものように、刺激剤になっていたのかもしれません。
主人、私の胸元に手を伸ばすと、
「これ、あきらのいいように、揉ませたんじゃないの」だって、

imagesCAVYUUFA.jpg

ばかぁ。あきらさん、あなたの学校の後輩でしょ。
そんなこといったら、失礼だわ。

「お風呂暫く入れなかったから、さっき沸かしたの、
 パパも一緒に洗ってあげようか」
そう言ってあげると、嬉しそうに、私の両胸を揉んでくれたのでした。

39340edf.jpg

昼間の明るい浴室で、先に私が身体を洗い終わるころ、
主人が入ってきました。
私の大好きなもの、
ソープで洗う前から大きくなっていてたいへん。
駄目よ、そんなに押し付けないで。

1873-24s.jpg

手を動かし洗いながら、私興奮してやっぱり息が乱れます。
ふふ、でも、幸せ。



 
関連記事
22:07  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/146-fe421405

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。