FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

午後の診察室3

2014.01.12 (Sun)


imagesCAX9KBRJ.jpg

手際よく点滴の準備をした彼、
私のウールのシャツの袖を捲くり上げ、腕を何度も擦ると、
「ちょっと、痛いけど」って、注射針をブスリ。
「あっ、痛い!」
「暫く休んでおくといいよ、僕は診察室にいるから」
私の身体に薄い布団を掛けながら、そう彼は言うと白衣の後姿を見せたのです。

imagesCAD6HSZ7.jpg

何か分からない機器のランプや、低い小さな音。
白い天井を見ながら、私はいつしか、眠りに引き込まれていったのでした。

ひどく恥ずかしい夢を見ていたのは間違いありませんでした。
乳房から全身に広がる堪らない快感に、
身体を悶えさせ、喜びの声さえ漏らしていたような夢でした。

1925-114s.jpg

そんな夢から虚ろに覚醒し始めたとき、
胸元に何かしら不自然な動きを感じたような気がしましたが、
自分が今どこにいるのか、何をしていたのか、
はっきりとするまで、随分と時間が掛かったようにも思えました。

もう少しで終わろうとする点滴の液を、霞んだ目で見上げ、
幾らか、身体が楽になったような気がして、
ゆっくりと身体を起こしたのですが、
その時、あら、って慌てたのは、
ウールのシャツがみぞおちくらいまで開かれていて、
下着のホックまで外れていたことです。
それに、両胸の乳首が診察室の時以上に、硬く大きくなっていたし、
彼が掛けてくれていたと思えた薄い布団は、
足元まで捲られていたのです。

imagesCATFEW6X.jpg

診察室で、しっかりと身繕いはしたつもりでしたが、
熱もあったので、だらしない格好のままに、
点滴を受けていたのかもしれませんね。

暫くすると、
休憩から戻ってきた看護師さんたちで、診察室が慌しくなりました。

私も、彼にお礼を言いに行くと、
「金曜日に、今日と同じ時間にまた来てね、経過、診るから」って、

お薬頂いて、帰宅しました。
熱のために、何だか自分勝手に、
はらはら、ドキドキを感じていたんでしょうね。
お薬のお陰で、随分と楽になったことは、ありがたいことでした。

金曜日、また、診てもらいに行く予定です。


関連記事
10:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

熱を出して病院に行っても変な夢を見てたなんて、もしかしたら若先生とのエッチな事を考えて濡れていたのでは(^_^)そんな思いでいてくれたなら男の人は幸せですよ、金曜日の診察の時は何かが起こりそう、でも看護婦がいるので病院では!!順子さんどうする(^_^;)
あきら |  2014.01.12(日) 14:53 | URL |  【編集】

何かが起こりそうな金曜日

あきらさん こんにちは。
処置室での恥ずかしい夢、
本当にどうしてでしょうね。

金曜日の診察室でのこと、
明日UPしますから、
楽しみにしておいてくださいね。

いつもコメント、
ありがとうございます。

順子 |  2014.01.12(日) 15:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/144-6bf90268

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。