FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

午後の診察室2

2014.01.11 (Sat)

予約していた時間に行くと、
医院の待合室は電気も消され、静まり返っていました。
ソファーに座ろうとする私を、
診察室の奥から、懐かしい声が呼んでくれました。

imagesCAZTKZYR.jpg

「ご無沙汰しています。すいません、ご無理を言って」
節目がちにそう挨拶をすると、
「そんな他人行儀な挨拶をされると、寂しいね。
順子が、人の奥さんになったって、
やっぱり、納得するしか仕方ないのかなぁ。」って、

私をひどく困らせることを、
彼は、昔のままの、相変わらず端正な顔をして言ったのでした。
思い出したくない彼との関わりは、
もう、随分と前のことなのに。

彼は私を座らせると、当たり前のように両手を握り、
額に手を当て、口の中を覗きました。
そして、聴診器を耳に付けると、これも当たり前のように、
「前を開いてくれる」

imagesCAEIW2HN2.jpg

成人の女性が、お医者様に聴診器を当てられるとき、
乳房を露わにするのかどうかという相談、結構あるんですね。

私は余りこだわったことはありませんでしたが、
相手が彼であることで、ちょっと、何時もとは違いました。
けれど、躊躇することは、彼に失礼であるようにも感じたし、
それより、ないより、早く診察を終えたかったのです。

診察室という個室に彼と二人。
カーデガンを脱ぐと、先に置いていたコードの上に乗せ、
ウールのシャツも脱いで、その上に乗せました。
カルテを見ている彼の横顔を見ると、
上半身下着姿なった私の姿に、
まだ、納得できないような様子が見て取れました。

聴診器を耳に当てて私の方を見直した彼、
「ごめんね、下着も」
そう言われるのかなって思っていたし、慌てるのはおかしいから、
言われた通りにフロントのホックを外しました。

それまで、押さえられていた乳房が、
彼の目の前にこぼれるように現れました。
恥ずかしかったのは、仕方のないことです。
私は目を閉じて、聴診器を当てられるのを待ったのでした。

imagesCADOZM4V.jpg

ちょっとだけ冷たい聴診器が、胸に当てられます。
何も不自然なことはありませんでしたが、
左胸に当てられたときは、
聴診器を持った手で、
私のたわわな乳房を持ち上げるようにしての診察になり、
暖かい彼の手が私の乳房に触れたと感じた瞬間、
困ったことに乳首が反応し始めました。
それは、背中の方を診てもらっている間も続いて、
もう一度彼の方を振り向いたときには、
私の両胸の乳首はしっかりと盛り上がり、硬くなっていて、
そんな私の身体の変化、彼にしっかりと観察されたことだと思います。

imagesCATFEW6X.jpg

ちょっと艶っぽい、私を困らせたドキドキはここまで、
「インフルエンザの検査をするよ」って、
彼、下着のホックを留めている私に言うと、
私のお鼻の穴に検査棒を入れて、粘液を採取。
暫くして戻ってきて、
「インフルエンザの可能性が高いね、今、流行っているから」
そう、言ったのでした。

即効性のある良いお薬があるというので処方していただきました。
小さな容器を口にあてて、
何度か深呼吸をするお薬で、
変わった処方なのね、ちょっと、驚いたのは正直な気持ちです。

imagesCAKOY3JH.jpg

昨日から食事が摂れていなかったことを話し、
点滴をしてもらうことになりました。
診察室から簡易ベッドが並んでいる処置室に移ると、
ひんやりとしたベッドに横になったのです。

imagesCAX9KBRJ.jpg





関連記事
14:26  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/143-d8032cde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。