FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

京都の夜景2

2013.12.30 (Mon)


b0214819_20251978.jpg

「ここで、抱かれたんだね」って主人、
私をストールごと抱きしめると、
前開きから手を入れて、下着の前のホックを上手に外しました。
夜目にも白く光るような乳房が、こぼれるように現れました。
「駄目よ、こんなところで」
膝を折って、乳首を吸ってきた主人を慌てて止めようとしましたが、
「こんなところで、抱かれたんだろう」って。
薄暗がりの闇の中で、二人の影が重なりあっていたのだと思います。
でも、誰かに見られたらたいへんだわ。
だって、近くのビルには、まだ明かりの点いた窓も見えるんですもの。
乳房を伝って全身に広がり始めた甘い快感を振り払うようにして、
「お部屋に戻りましょう」と、言ったんですが、
その時にはもう、膝のところまで、下着を脱がされていました。
そして、私に手すりを摑まらせ、まだ、潤いの不足していた秘唇に、
熱く固くなった、おっきな自分のものを押し付けてきた主人、
息を荒くしながら、そして、とうとう、乱暴に身体を繋いできたのです。
痛みさえ感じた気がしましたが、
暗がりの闇の中で、
動物たちのように後ろから、主人のものを受け入れたのでした。
私は身体を仰け反らせながら、
それでも、できるだけ奥まで主人のものが入ってこられるように、
知らないうちに腰の高さを調整していたように思えます。
主人が満足してくれるように、妻として、女として、
懸命に努めたかったのでしょうね。

「M先生の代わりに、中にいっぱい出してあげるから
 M先生のものだと思って、感じるんだよ」
その言葉を聞いた途端に、
身体の奥に新しい愛液が溢れたような気がして、
主人のもの、きっと締め付けていたと思います。
そして、私の身体を貫き揺さぶる男の人のものが、
まぎれもなくM先生のもののように、感じ始めていたのでした。

imagesCAEELYGW.jpg

「あなたの子どもが産みたい」
そう言って、M先生を困らせたことがありました。
まだ、20歳になったばかりだったのに、
M先生によって、性欲に翻弄される女にされた時期だったのです。
松江に二人で旅行に行った数日の間、
大丈夫な時だからと嘘をついて、
どうしても欲しかった先生の精液を、
そのまま身体の奥に出してもらったことがありました。
けれど、本当は、赤ちゃんのできる時期だったのです。
暫くして、妊娠していないことが分かった時、
悲しくて涙を流しました。
今になって思えば、どうして、そんなことをしたんだろうって不思議ですが、
その時はわたしなりに、M先生への恋に一生懸命だったのだと、
今は自分を納得させるしかありません。

1916-01s.jpg

冴えた月光に照らされながら、長い時間、主人は愛してくれました。
口に手をあてて我慢していたあえぎ声が漏れることも、
もう、どうしようもなくなってきたのです。
主人にゆっくりと突かれながら、こころはM先生の胸の中に抱かれていました。
「順子は素敵になったんだね」
そんなM先生の声が聞こえたように思えた瞬間、
こころの中で、
「先生」って、叫びながら、
自分から主人に激しく腰をぶつけると、
とうとう、絞り出すような声を出して、
がくがくって身体を震わせながら登り詰めていたのでした。
その声に釣られるようにして、男の人のものが、私の奥で大きく膨らみ、
そして、射精を始めたのがわかりました。
今だけは、懐かしいM先生の精液としての温かいものが、
身体の一番奥に広がり始めたのです。

15.jpg

パパが私の腰から、大事そうに両手を離すと、
私は力が入らない膝を折って思わず腰を下ろしました。
高いハイヒールのため、開いてしまった太股の間に垣間見える秘唇が、
濡れた口を僅かに開いて、
そこから、たった今主人のものから出されたばかりの、
驚く程の量の白い精液が、ゆっくりと伝い流れ落ちるのがわかりました。
「私へのプレゼントは、パパからのこの大切な精液だったのね。
 でも、ありがとう、ママはとっても、幸せです
 メリークリスマス。来年も、沢山ちょうだいね」

f0102363_23482988.jpg




関連記事
20:05  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

順子さんお帰りなさい。
能登では踏み止まったんですね。
旦那様の真意はどっちだったんでしょう。

京都の出来事に複雑な心境が現れてる様な気がします。
素敵なWhiteXmasでしたね(^-^)

京都には、おいらが最愛の妻を亡くした後
男としての自信を取り戻させてくれた女性がいます。
最近また逢いたいねってメールをもらい
再会を誓ってます。
ともぞう |  2013.12.30(月) 21:03 | URL |  【編集】

ぜひ、再会されてくださいね

ともぞうさん、こんばんは。

悲しい思い出がおありになり、言葉もありません。
でも、京都にそんな方がいらっしゃるのなら、是非、再会されてくださいね。

明日は大晦日、穏やかな一日になることを、祈っています。

おやすみなさい。
順子 |  2013.12.30(月) 21:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/134-58e4cdbf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |