FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

別荘での忘年会6

2013.12.27 (Fri)


imagesCAN9DL4G.jpg

その時、脱衣場の方で、女性たちの声が聞こえました。
その声に、目を覚ましたように気を取り戻した私は、
それまで、自分の乳房を楽しんでいたTさんの両手を慌てて振り払うと、
身体を離し、立ち上がったのです。
幸いなことに、間一髪で、
私は、Tさんのものになることから、逃げ果せました。
そして、バスタオルを身体に巻いて入ってきた桐子や葵たちと、
入れ替わるようにして、浴室から出て行ったのです。

部屋に戻ると、主人が横になっていました。
「抱かれたのか」
私はぶつけるように、主人の隣に身体を横たえました。
「パパがあんなことするから、ばかぁ」
きっと、泣きじゃくっていたと、思います。
泣きながら、主人の部屋着を脱がせると、
先程以上にそそり立ったものに、慌てるようにして跨っていったのです。
早く、欲しくて、欲しくて、堪りませんでした。
早く、主人のものを、いつもにように、自分の身体に迎え入れることが、
過ちを犯そうとした自分を、許してもらえる一番のことのように思えたのです。

20130618a13.jpg

「出されたのか」
主人も興奮していたのでしょう。下から私のこと強く突き上げてきました。
「だって、あんなこと言うから」
その瞬間、私の身体の奥で、大きく膨らんだものの先から、
大切な液が噴出すのが分かるような気がしました。
「ごめんなさい、嫌いにならないでね」
主人に息が詰まるかのように抱きしめられながら、
私は、仰け反りながら、迸る温かい液体を、身体の奥に迎えたのでした。

思い切ってたくさん出して、主人も満足な様子でした。
私も、息遣いが、やっと治まっていました。
ほら、主人にとって、私が誰かに抱かれたと思ってくれることが、
それまで以上に私のこと、強く愛してくれる、薬なんですよね。

1873-12s.jpg


関連記事
20:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

順子さんが言っていた大変だったんだからの意味が解りました、一度はTさんの大きくなった物を受け入れる様に順子さんの蜜壺が潤いで満ちあふれた瞬間に奥さん達が入って来た事によって寝取られが実行未遂に終わったのですね、でも旦那さんは順子さんとTさんがセックスしたと思っていたのでしょうか?その事に旦那さんが燃えて順子さんをいつもより激しく愛してくれたのでしょう、本当は順子さんもTさんに入れて欲しかったのでは(^_^;)旦那さんの認めた上でのTさんとのセックス旦那さんより大きな物を順子さんが味わう事が出来たのですよ、そう言う特異な場面ではいつもより感じてしまうはずだったでしょう(*^_^*)私は未だに女性のそこら辺の心の内がつかめません、だから女性が好きなのでしょう(^_^)TさんとSさんの奥さん達はきっと順子さんとTさんがセックスしたと思っているのでしょうね(^_^;) 私はブログを持っていますがここ何年も正確には5年更新していないので順子さんのブログと相互リンクするにはとても失礼だと思っており相互リンクはごめんなさい(-_-;)
あきら |  2013.12.27(金) 22:59 | URL |  【編集】

あ〜ハラハラしたぁ
間一髪回避できたんですね
ホッとしたような残念なような
いつも以上に興奮する旦那さんの気持ちわかります
おいら自身、寝取られ性癖の旦那さんの前で可愛い奥様との行為をみせつけたり、おいらの彼女(人妻ですが)を若い男性と可愛がったりしてるんで(^-^)
しかし、実体験以上にドキドキするのは順子さんの文章から伝わる魅力ゆえなんでしょうね
ブログはあきらさんと同じで昔挑戦したんですが、文才がなくて・・・
ともぞう |  2013.12.27(金) 23:46 | URL |  【編集】

危なかった忘年会でした

おはようございます。
コメントをありがとうございました。

いろいろなことがあった忘年会。
主人にとって、良かったのか残念だったのか私にはわかりませんが、
少なくとも私はホットしています。
主人一人を大好きなこと、間違いないんですけれど、
他の男性からいろいろとされてしまうと、
女の身体が反応してしまうことが、やっぱり怖いですね。
これからも、間違いがなければいいけどって、心配しています。
今から主人と京都に娘たちを迎えに行ってきます。
パソコンもっていくので、
続き更新できたらしますね。

ありがとうございました。
順子 |  2013.12.28(土) 09:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/130-260e2ef5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |