FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スキー場での恋2

2013.12.07 (Sat)

三日目の朝。
ここのホテルの楽しみは、食事。
やっぱり、お昼中スポーツしてるんだから、
しっかり食べておかないと、持ちませんよね。
子どもたちもビフェスタイルに喜んで、
たくさん食べてくれています。

img043.jpg

さて、本日は午前中に上級コースを頑張った後、
午後から、昨日と同じように林間コースに入りました。
少し、曇ってきた感じがしましたが、
快適に滑りました。

imagesCAJ767YA.jpg

おやって、思ったのは、
そういえば、昨日、彼と衝突した場所。
その彼が、ボードを雪に挿して、一人で佇んでいたのです。
横に止まりました。

「ここにいれば、また、あなたと会えるかもしれないと思っていました
 縁があればって、あなたは言っていたから」
私が言葉を探せないままでいると、
「ねえ、いっしょに行ってもらいところがあるんです。
 眺めがとっても素晴らしいから。 いいでしょ」
そう言って、ボードを付け始めました。

断る理由はありませんでした。
困る理由も探せませんでした。
彼の滑るままに、そのシュプールについていったのです。

林間コースから、
そうとう上級ではないと入れない狭いコースを過ぎると、
急に明るくなって、見晴らしい良い場所にでました。
彼が言うように、見事な眺めでした。

 「ねえ、いいでしょ、ここ。 あなたに見せたくて
  ごめんなさい、昨日から」

あらためて、彼の横顔を見つめました。
多分10歳以上年下の人。
幼さが残る顔立ちですが、知的で、素敵です。

私たちは、どうして、ここで、こうして出会っているのでしょうか。
今はそう、思うしかありませんでした。

imagesCAYTTY1K.jpg

彼は背負っていた小さなザックを下ろすと、
その中から、可愛らしいシートを出して、
私に座るように勧めてくれました。
私が彼の横に座ると、安心したようにしてザックからコンロやコッヘルなどを出すと、
お湯を沸かし始めたのです。

「コーヒーお好きですか」
慣れた手つきで、ミルを回すと、沸き始めたお湯を注いで、
素晴らしい眺めの中での、お茶の時間を作ってくれました。

imagesCA0RIYR2.jpg

これ以上はない光景の中で、
これ以上はない、美味しいコーヒーを飲みながら、
いろいろなことを、随分な時間を掛けてお話しました。
ちょっと笑ったり、ちょっと驚いたり、
これまでにはないような、時間のように思えました。

私が飲み終えたチタンのコーヒーカップを、
シートの横の雪の上に置くと、
それを待っていたように肩を抱き寄せられたとき、
なぜだか、それほど、抵抗はしませんでした。

「あなたが、そんなに綺麗だから」
そう言った彼の顔が近づいて、
そっと、唇が触れ合ったことも、
自然に任せたいたように思えます。

imagesCARH0YF1.jpg

唇だけのキスだと思いましたが、
彼の舌が、私の唇を開こうとしたときにも、
彼の舌が、私の舌を探し絡めようとしたときにも、
そのことが、この見事な景色の中で、
当たり前のようにも思えました。


「随分遅かったのね、ちょっと、心配したわ」
葵さんに言われたとき、返答に困りました。
彼と別れたあとも、
なんだか、ホワイトアウトの中にいるような空ろな気分で、
やっと、ホテルに帰ってきたような気がしていたのです。

無題

思いもよらなかった、スキー場でのできごと。
ごめんなさい、あなた。
でも、正直に書いたんですよ。


関連記事
21:16  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/107-0b34b17d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |