FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スキー場での恋

2013.12.07 (Sat)

寒くなって、遠くの山に白いものが見えるようになると、
やっぱり、スキーに行きたくなりますよね。
幼い頃から両親に連れて行ってもらっていて、
スキー大好きです。
私も主人も、国体予選に出場したこともあるんですよ。

bever-53144-0910.jpg

数年前、Sさん夫人の葵さんたちと、数日間のスキーを楽しみました。
主人たちはお仕事で行けなかったけど、
両方とも子どもたちが同じ年頃の娘たちで小さい頃から仲良し、
部屋も子どもたち4人の部屋にしてあげて、
母親たちも手がかからないで、自分たちのスキーが楽しめました。

imagesCAZ4AHJ6.jpg

ボードも興味がありますが、やっぱりスキーが好きです。
夜行バスでホテルに着いた一日目、
暫くのんびりとした後、
午後から、子どもたちはスキースクールに参加、
私たちはゆっくりとスキー楽しめました。

二日目も朝から快晴。
葵さんは上級者コース、子どもたちはスクールだったので、
午後から私ひとり林間コースを楽しんでいました。

imagesCAVCGK6O.jpg

ボーゲンでゆっくりと粉雪の舞うコースを滑っていた私に、
後ろからきたボーダーが、どすん!
2、3メートル飛ばされて、雪溜まりの中に転んでしまったのです。

img01.jpg

追突・衝突、よくあることなんですが、
彼の肩かひじが、運悪く、私のみぞおち付近に当たったんでしょうね。
数秒息が止まって、足をばたばたさせました。
慌てて抱き起こしてくれた彼。
「ごめんなさい、大丈夫ですか」
きらきらとした目が、心配そうに私の顔の近くにありました。
彼の胸の中で息を整えた私は、
「死んじゃうわ、あなたが、乱暴だから」
と言って、笑顔を返してあげると、
彼、ほっとした様子で、
なぜだか、それまでよりも、私のこと強く抱きしめたんです。

imagesCAF0HFQV.jpg

私その時になって気付きました。
衝突のショックで、ブラの前ホックが外れたことに。
スキーウエアの下にはフリースを着ているので、
何も心配はないんだけど、
なんだか頼りなく乳房が揺れるのがわかりました。

「わぁ、綺麗な方なんですね」
あなたにブラ外されたわ、次はどうするつもり、なんて思いながら、
引き続き彼の胸の中で、そんな言葉を聞いていたのです。

「こんなとこ、主人に見られたら、離婚されちゃう。
 あなた、責任とってくれるの」
そう笑顔で言って、ゆっくりと彼の腕を解き、立ち上がろうとすると、
私のスキーウエアに付いた雪を払ってくれていた彼、
私を抱き起こしてくれようとしたのですが、
雪だまりの深い雪に足を取られてよろめいた私は、
また、また、彼の胸の中に抱かれてしまいました。

さっきと同じように、目の前に端正な彼の顔と唇があり、
なぜだか、ずきんってしたっていうのが、正直な印象です。

そんな気持ちを振り払うように、
「お互い気をつけましょうね、でも、山側の責任ですよ」って、
目を移して、外れたスキーを付け終えた私に、
「また、お会いできますか」って。
「先のことは、誰にもわからないわ。ご縁があれば、またね」
私はそう応えると、ゆっくりと、
夕暮れの近づいた斜面を、滑り出したのでした。

imagesCAT5B3YL.jpg

家族湯の浴槽で、私の右の乳房にうっすらとついたものを見て、
S夫人の葵がびっくり。
「まあ、順子。そのあざどうしたの」
「林間コースの雪の上で、男の子に乱暴されたの、ブラも外されたわ」
驚いている葵に説明してあげて、二人でことこと笑いました。

こうやって、二日目の雪の夜は更けていったのでした。

imagesCALJ65IM.jpg




関連記事
16:52  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/106-40153843

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |