FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

天草旅行6

2020.09.15 (Tue)


222.jpg

膨れ上がった、硬く、太い彼のものが、
それまで、知らなかったと思える身体の奥の、更に奥にまで届き、
さらに、押し開こうと突き入れられようとしているように思えると、
背中に回した両手に、それまで以上に力が入り、
彼の逞しい腰に、自分の太ももを絡めてしまったこと、自分ではどうしようもなかったことだったのです。

そして、最初の一突きで、身体の中に、短くも鋭い悦びが走り抜けることを感じると、
そのこと、正直に彼に告げてしまったのでした。


その後、どれほど、抱かれ続けたのか、はっきりとは思い出せません。
数えきれないほどの深い悦びを、自分よりも随分と若いはずの彼に、
教えられ続けたのです。

腰に当てられた彼の手のひらに促されるように、
ふらふらと気だるそうに膝を立て背中を見せると、
できるだけ深く、男の人のもの迎え入れるために、
後ろから突き入れられる彼の腰の動きに、上手に合わせるように、
自分でも驚くほど激しく、自ら腰を振っていました。

pakopako_sex_6828-064s.jpg

求められてもいないのに、
ごろりと横たわった彼の身体に、覆いかぶさるように跨ったのも、
私の方からでした。

そして、彼の湯気が上がりそうに熱くなった、自分の手にした濡れた男の人もので、
うっすらと開いていただろう秘唇を開きながら、
慌てるように身体の中に埋め、桃色の恥ずかしい声を漏らしていたんです。

sex_5795-019s.jpg

僅かな間、気を失っていたのかもしれません。
けれど、良い匂いのする愛おしい彼の身体が、重なってくると、
当たり前のように、太ももを開いていました。

missionary_position_5262-040s.jpg

「スキン、付けたから、安心してくださいね」
「えっ」
「ご主人に言われたんです。危ない時だからだって」

恥ずかしそうに眼差しを上げた私、見下ろす彼に微笑むと、くちづけをねだったのでした。
彼の、大切な男の人の液。
心配のなかった奈良での夜、何も遮るもののないままに、一度は受け入れていたんです。

d0f5c9dc-s.jpg


関連記事
14:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |