FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

天草旅行5

2020.09.08 (Tue)


5142.jpg

「あぁ、無理。おじさまの」

隣の部屋から、彼女の、糸を引くようなやるせない甘い声が漏れ聞こえました。

これまで、夫に言われるがままに、その夫ではない男の人たちと、
あってはならない時間を過ごしました。
それも、一度や二度ではなかったことは、皆さんもご存じの通りです。
けれど、同じ部屋で、夫ではない男の人に身体を開き、
繋がりあう、恥ずかしく、そして、申し訳ない自分の裸の姿、
見せてしまったことは、数えるほどしかなかったのです。

resize_img (8)

抱きかかえられるようにして連れてこられ洋室のベッドの上、
開かされた太ももの間から、
ぴちゃぴちゃと、溢れだした愛液を啜る音が聞こえていました。
まだ、若くて、それほど経験はないはずなのに、
幾らもしないうちに、彼の、巧みな、唇、舌先、指使いに、
あえなく二度、悦びに昇り詰める声を聞かせていました。

「良くなる時は、教えてくださいね」

開いた膝の向こうから、熱く言った彼の言葉に応えるように、

「あぁ、また、いっちゃう」

そう、はっきりと、伝えると、手繰り寄せるように彼の髪に手のひらをあて、
たわわな胸を揺らしながら、仰け反ったのです。

kn266.jpg

悦びの余韻に荒い息を吐きながら震える身体に、
彼の腰が、ゆっくりと跨ってきたように感じると、
涙に濡れていた頬に、彼の熱い男の人のもの、摩り付けられたのがわかりました。

何の躊躇も、ためらいもありませんでした。
今まで、自分を悦びに導いてくれたお返しに、彼の望んでいるままに、
私、恥ずかしいほど、大きく開いたお口の中に、彼のものを迎えたのです。

ベッドの宮台に両手を付いた彼、ゆっくりと腰を揺らして、
私のお口を犯し続け、
時折開いた目の前には、彼の逞しい筋肉質のお腹が動いていました。

嫌ではありませんでした。
幾らかした後、きっと、彼と私の身体を繋げあう、大切な男の人のもの、
出来るだけ、硬く、太く、なってもらいたかったのでしょうね。
彼の腰に上手に動きを合わせ、髪を揺らした私、
一生懸命にくちびるをすぼめ、舌先を絡ませていたんです。

150109a_as036tn.jpg

「あぁ、もう、お願い」

私が、そう言うと、彼も我慢できなかったんでしょうね。
汗に濡れた身体をずらすと、今まで、私のお口に含まれていた自分の男の人の先で、
私の秘唇の溝を探り出したのです。

膨れ上がった、硬い男の人のものが、
濡れた秘唇の溝を押し開こうとすると、私は、首筋を仰け反らせ、
彼の背中に回した両手を手繰り寄せていました。

sex_5795-003s.jpg

夫のことは、こころにありませんでした。
大切な夫は、すぐ隣の部屋にいるというのに、
その夫ではない、違う人の男の人のもの、その彼の求めるがままに、
今、身体の奥に迎えようとしていたのに。


関連記事
13:34  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |