FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

天草旅行7

2020.09.29 (Tue)


72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

夜の長さを知らされた時間でした。
私の身体、飽くことなく求め続けた彼、一度、スキン越しに思いを噴出した後、
幾らもしないうちに、二枚目のスキン、私がお口を使って付けてあげると、
身体を重ね合わせ、硬さを失わない男の人のもの、繋げてきたのです。

2604-690x900.jpg

重なり合うたびに、悦びが段々と深くなっていくようで、少し、怖かったです。
頭の中が、真っ白になって、すぐ近くに、夫がいるというのに、
何をか叫んでいるようにも思えました。
そして、そのたびに、彼への正直な思いが、幾重も重なっていくようにも思えました。

020109.jpg

「あぁ、もう、我慢できない。順子さんが、素敵だから」

降りかかるように、喘ぎの中に聞かされた彼の言葉、
けれど、私、慌てるように身体を持ち上げ、彼との繋がりを一度外すと、
二人の愛液にまみれた彼の男の人のものを手の中に包み、
しっかりと被さっていたスキン、自分でも驚くくらい、上手に外すと、
むしゃぶりつくように、もう一度、お口に含んだんです。

興奮して、頭の中が桃色に染まっていて、
息遣いが普通ではないこと、自分でもわかっていました。

jukujyo_9093-001s.jpg

どうして、そんなことをしてしまったのか、
ただ、身体が求めるがままに、そうしてしまったのでしょうか。
それは、夫以外の男性にすることではなかったし、
男の人のしるし、
安心して受け入れることができない夜に、することではなかったはずなのに。

ちょっと、驚いたような彼の視線から目を逸らすと、
私、両手を回した彼の腰を手繰り寄せるようにして、
もう一度、迎えるために、白い太ももを開いたのです。

59b88c8a-s.jpg

「いいんですね」
「お願い、あなたを、そのまま欲しいの。きっと、きっと、大丈夫だから」

そう言った私、彼の首に両手を回し、そして、くちびるを求めながら、
男の人の精液を欲しがって、腰、擦り上げていたのでした。

「出そうだ」
「あぁ、お願い、そうた君の」

髪を振り乱して、叫ぶように泣き声をあげたと同時に、
それまで以上に、えぐるように突き入れられた腰、
震えだしたのわかりました。

安心できる日ではなかったその夜、
それなのに、迎えてはならないはずの、彼の精液、
こんなにもたくさん注がれ、
夫ではない若い男の人の、熱く濃い精液で、まぎれもなく満たされたこと、
温かくなった身体の奥に感じていたのです。

creampie_sex_5094-015s.jpg


関連記事
15:38  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT