FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

天草旅行4

2020.08.29 (Sat)


前に書いた純君をはじめ、福岡や熊本に親戚があるし、
小松空港から福岡空港まで、1時間半ほどで行けるおかげで、
九州には、毎年のように来ています。
いろいろと観光地も多いし、美味しいものもあるんですけど、
私の街では、余り馴染みではないお魚も多くて、楽しみしているんですよ。

s-IMGL9670.jpg

目の前に置かれた蟹も、そのひとつですね。
渡り蟹って言われるこの蟹、ずわいがにを頂くことの多い私には、珍しいものです。
上品な味のずわいがにに比べると濃厚な味で、違った美味しさがありますね。
お刺身のお醤油も、溜まり醤油っていうのかしら、
どろっとして甘い味なんですよ。でも、とっても美味しくて、私は好みですね。

「この蟹、美味しいんですね」

そんな渡り蟹、嬉しそうにしゃぶって私に向けて顔を上げたいたそうた君、
その濡れた口元を見て、ちょっと、どきってしてしまいました。

他人ではなくなった初めての神戸での夜、
そして、お互いの身体を確かめ合うように求めあった奈良での夜でも、
その濡れたくちびるで、私の秘唇から溢れる愛液を啜り飲み、
腫れぼったさを感じるほど、
お互いのくちびる、長い間激しく吸いあったことを思い出したのです。
また、あの時のようなことが、あるのかしら。

deep_kiss_6511-023s.jpg

部屋に戻ると、お座敷に贅沢な二人分のお布団が敷いてありました。
二人はお布団で、もう二人は隣の部屋のベッドで、休むのでしょうか。

夕食の時の日本酒の酔いのため、
ソファーにぐったりと横たわった彼女の隣に座った主人、肩を抱き寄せて、
太ももに手のひらを這わせ始めていました。
今夜がどんな夜になってしまうのか、その幕が上がり始めたことを思い知らされたのです。

img_visual.jpg

「ああん、おじさまの、すごい」

そんな、笑いの混じった弾けるような声が、遮るもののない声が聞こえ、
夫と彼女の、隣の和室での様子が、思われました。

そして、私たち、洋室のベッドの上、
成り行きのままに座り込んでしまっていた私の肩から、
そっと、後ろから置かれた彼の手先が、白いバスローブを滑り落とすと、
上手に、ブラのホックを外そうとするの、私、もう、拒めないでいたのです。

「僕たちも、ねぇ、いいでしょ」

外されたブラ、そっとサイドテーブルの上に置いた彼の両手、
柔らかさを楽しむように、ゆっくりと、私の胸揉み上げ、
固くなりだしてしまっていた乳首、そっと、摘まんだんです。

9708b51b-s.jpg

息をひとつ漏らし、諦めたように瞳を閉じてしまった私、
そんな私の首筋に、濡れた彼のくちびるが這いまわると、
思わず振り返って、彼のくちびる、ねだってしまっていたのです。

関連記事
10:56  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT