FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ソープランドごっご2

2020.06.18 (Thu)


「ああん、パパ、いっちゃう」

バスタブのお湯が、パパの腰の動きのために波音をたて、
繋がりあった性器と、柔芽に添えられた指先の動きに応えるように、
悦びに昇り詰める声を漏らしながら、首筋を仰け反らせました。

1ed600521ccde14e981199ce21cae2e0-630x882.jpg

「いくときは、はっきりと相手の男にわかるように言うんだ」

それは、学生時代、M先生から何度も言われ、しっかりと教えられたことのひとつでした。
繋がりあった自分のもので、相手の女の人が昇り詰めることって、
やっぱり、男の人、嬉しいんですよね。
悦びを告げる声を聞き、仰け反る女の人を見下ろす時って、
間違いなく、その人を自分のものにしたことを実感できる瞬間なんだろうって、
そう、思います。
そして、女の人も、相手の男の人のもので、正直に悦びに昇り詰めることは、
身体も、そして、こころも、その男の人のものになるってことなんでしょうね。

1930-07s.jpg

悦びの余韻が、身体を走り抜け、その度、甘い声が口元から漏れましたが、
ふいに立ち上がったパパ、バスタブに腰掛けると、
たった今まで二人を繋げていた、怖いくらいにそそり立った自分の男の人のものに、
私の手を引き寄せたんです。

1873-24s.jpg

パパがしてもらいたいこと、わかりましたよ。
私、パパの腰に顔を近づけると、大好きなものに何度か頬擦りすると、
恥ずかしいほどくちびるを大きく開き、ゆっくりとお口の中に含んだんです。

あぁ、幸せ。
たった今、私を悦びに誘ってくれた、私だけのパパの大切なもの、
妻としての幸せを感じながら、舌を絡め、はしたないけど、音を立てながら、
吸い立てていたのでした。

「飲んで」

いつになく、早くに堪えられなくなったパパ、息遣いが荒くなってきて、
それまで以上に、パパのもの、太く硬くなった気がしました。
私、分かってもらえるように、目を合わせ、はっきりと頷くと、
細い泣き声のような声を漏らしながら、それまで以上に、髪を揺らしたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

パパの精液を飲むこと、もちろん、嫌ではありませんよ。
大好きなパパの、大切な液、
もちろん、身体の中に注いでもらうのが一番良いけど、
これまで、数えきれないほど、何回も、お口に出してもらって、
そして、妻の務めだと納得しながら、そのまま、飲み下していました。
飲み下しながら、身体の中に出される時と同じような、
妻としての、女としての幸せを感じることができるんです。

その人の精液を飲み干すことで、
自分が、間違いなく、その人のものになることが感じられるからなんでしょうね。
女の人、相手が好きな人だったら、きっと、皆、そうだろうと思います。

これまで、何人の男の人の精液、飲んだことでしょう。
大学一年の春、初めて男の人を身体に迎えてから、幾らもしないうちに、
その人のもの、ちょっと、強引に飲まされました。

男の人との、初めての経験を済ませ、女として新しい時間を過ごし始めていましたが、
私の身体の中に、自分の男の人の液を弾き出した先輩の背中を抱き寄せ、
自分の身体を満足してもらえるように、
教えられるがまま腰を擦り付け、泣き声を上げるような日々を過ごしていたんです。

1916-13s.jpg

けれど、初めて、彼のものを飲まされた時は、やっぱり、慌てましたよ。
男の人の精液って、中学時代に見たことも、触れたこともあったけど、
唸り声を聞かせられながら、熱い精液がお口の奥に弾き出され、
その驚くほどの量と、強い匂いにむせ、涙を浮かべながら、
それでも、しっかりと飲み下したことを覚えています。

抱き寄せていたパパの腰に力が入り、それまで以上に奥にまで突き入れられると、
脈打ちだしたパパのものから、
塊のような最初の精液が、喉の奥に弾き出されました。
私、細い声を漏らしながら、舌を絡め、慌てるようにして動きを速めたんです。

「一度、男が出しても、止めないで、最後の一滴まで搾り取るんだ」

これも、大学時代、M先生から、何度となく教えら、
パパやパパ以外の男の人との時、そうしてきました。
褒められても嬉しくはないけど、上手だって、いつも、言われてるんです。

パパの腰が跳ねるように動き、
その腰にむしゃぶりつくようにして、根本まで咥え込んで髪を揺らしました。
曇った声を聞きながら、
残らず全部出してもらえるように、一生懸命、くちびると舌と指先を動かしていたんです。

jukujyo_9093-001s.jpg

「口の中を見せて」

荒い息の中で、パパにそう言われると、
涙に濡れた目を見上げ、溢れるほど注がれた精液、幾らか滴らせながら、
そっと、お口を開いたんです。

9ccff1be.jpg

「全部、飲むんだよ」

そんなパパの言葉に応えるように頷き、
わかってもらえるように、ごくりって喉を鳴らしながら飲み下すと、
そっと、目を閉じたのでした。

肩を震わせ、喘ぎの治まらない私の身体に両手を伸ばし、
両胸の房を下から持ち上げるように、揉み上げていたパパ、

「良かったよ。こんなに上手なの、ソープランドにもいないかも」
「やだぁ、こんなことまでするの?」
「そりゃあそうさ、プロだからね。だから、高い金、払うんだよ」
「まぁ、すごいのね。ねぇ、だったら、私もお小遣いもらえるの」
「あぁ、いいよ。幾ら欲しいの」
「パパの誕生日のプレゼントの足しにしたいから、えーと、じゃぁ 一万円。駄目?」
「一万円で順子、男の精液、あんなして飲むんだ」
「ばかぁ、パパのだけよ」
「本当か? お金貰えたら、名前も知らない男の精液、喜んで飲むんじゃないの?」

私、そんなパパの言葉、聞こえない振りすると、
手に包んでいた、幾らか柔らかくなった大好きなパパのもの、
ゆっくりとしごきました。
そして、プルンと出てきた名残の丸い精液、舌先で舐めとると、
大好きなパパに、恥ずかしそうな笑顔を向けたんです。

c1fd7e27-s.jpg

思いもかけないことで、お出かけできない日が続く毎日ですけど、
皆様、いかが、お過ごしでしょうか。
お家の中で、今までできなかったことなどに挑戦してみるなど、
いろいろと工夫をして、貴重な時間を楽しみたいものですね。
皆様も、ご健康に留意して、お過ごしください。

marshmallow_tits_7192-011s.jpg



関連記事
14:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |  NEXT