FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

奈良での夜6

2020.05.14 (Thu)


six_nine_4920-053s.jpg

お互いの性器、お互いのくちびると指先で探りあうことも、
私から望んだことだったような気がします。

迎え入れる彼の男の人のもの、できるだけ、固く太くなってもらいたくて、
曇った声を漏らしながら、くちびるを窄め、舌を絡め、髪を揺らしました。
そして、そうしながら、愛液を滴らせながら、
うっすらと開いてきただろう自分の秘唇のひだと濡れた柔芽で、
彼のくちびると舌先が、ぴちゃぴちゃと音を立てるのを聞いていたんです。

six_nine_4920-012s.jpg

何も身に着けない裸の腰に、手のひらが延ばされた時も、
望まれるままに、慌てるようにして膝をたて、白い背中を見せました。

彼の温かさが触れてくると、後ろから二人の性器の位置を探る彼を助けるように、
自分から腰、押し付けていたんです。
ずぶずぶと、あっという間に、根元まで彼のものを受け入れ、
恥ずかしい声を彼に聞かせ、彼の動きを助けるようにしながら、
髪を振り乱し、腰を振っていたのでした。

pakopako_sex_6828-054s.jpg

伸ばされてきた彼の掌が、持ち上げるように乳房を揉み上げ、
硬くなっていた尖った乳首、強く摘ままれても、甘い声を漏らしながら、
ただ、されるがままでした。
今はもう、他人ではない彼から求められることだから当然だし、
そうされることは、女としての努めだと思えたのかもしれませんね。


「このまま、いいんですね」

そう言って、それまで以上に、強く肩を抱きしめてきた彼。
そんな彼を、涙にぬれたまぶた、うっすらと開いて見上げると、
その言葉に、応えるように、くちびるをねだったのでした。

はっきりと安全な時期ではないようにも思いましたが、
けれども、何も遮るものがないまま、彼の若い男の人のしるし、
そのまま、私の身体の奥に注いでも構わないと、そう、主人が彼に言ったのだから、
今は、そのまま、受け入れるしかないと思えたし、
それ以上に、自分の燃え上がり、悶えるこの身体が、
どうしようもなく、彼の熱い精液を欲しがっていたのです。

ntr_6401-022s.jpg

髪を分け、耳元に吐き掛けられる彼の息遣いが、それまでにもまして熱く感じらると、
抱かれている男の人のしるしを注ぎ入れられる、女の務めとしてのその時が、
もうすぐそこまで来ていることが、感じられ、
私は、息を乱しながら、彼の逞しい腰を迎え入れていた太ももを、
さらに、開き、両手で腰を、手繰り寄せるようにして、
ぶつけるように、くちびるをねだったのです。

「あぁ、欲しいの」
「いいんですね」
「ちょうだい、たくさん、あなたの精子」

2322.jpg

目のくらむような、恐ろしいような悦びに昇り詰めことがわかり、
その瞬間、彼の曇った声を聞かされました。
身体の奥に挿し込まれ、動かされた彼のものに、えぐるように何度か突かれると、
それまで以上に、太く、脈をうった、膨れ上がったものから、
私の中に、彼のおびただしい、
そして、若く熱いものが、とうとう注がれだしたことがわかったのです。

強く抱きしめられ、さらに強く押し付けられた彼の腰が、二度、三度、震え、
身体の中の男の人のものが、何度も、脈打つのが感じられました。

夫ではない、彼の若く熱い男の人の精子が、身体の奥を満たしだしたことがわかると、
その温かさに添われるようにして、声にならない泣き声をあげながら、
真っ白になるような、悦びの頂に、昇りつめていったのでした。

resize_img (1)


関連記事
11:05  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |