FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

奈良での夜5

2020.05.11 (Mon)


自分の女の身体の奥から湧き上がる疼き、もう、我慢できなかったのでしょうね。
私、泣くような細い声を漏らしながら、慌てるようにして彼の逞しい腰に跨ると、
湯気の立つようにも感じられる熱く膨れ上がった、
彼の若い男の人のものに手を添えました。

sex_5795-019s.jpg

「あぁ、順子さん、いやらしいんだ」
「あぁ、ごめんなさい」

自分から、繋げようとする二人の性器、見られようとしているのに、
その恥ずかしさよりも、その時はただ、彼のもの、
早く、自分の身体の奥に迎え入れたかったのです。

彼の熱いものの先が、少しづつ、滴らせるほど愛液に濡れた、私の秘唇を、押し開きだすと、
早く根元まで迎え入れたくて、擦り付けるように腰、振っていたんです。


「中に入っていくのが見える」
「あなたのがいけないのよ。あぁ、すごい、大きすぎるわ」

そう、彼が言うのと同時に、
肉ひだを押し開きながら入り込んできた男の人のものの先が、
濡れた肉壁の奥に突きあたり、
それだけで私、鋭い悦びが走り抜けるのがわかると、
どうにもできない麻痺に、仰け反らせた身体を震わせ続けたのでした。

kj720s.jpg

その夜、思いもかけず、自分の身体に隠れていた、
恐ろしいような、女としての欲望を知らされた気がしました。

これまでの男の人との営みでは、導かれるままに、身体を開き、
望まれるがままに、男の人の欲望に応えてきたと思っていたのに、
この日の夜は、何度となく襲う悦びの後だというのに、
朦朧としながらも、何度となく、彼の若い身体にむしゃぶりついて、
その男の人のもの、自分の方から迎え入れ続けたのでした。

熟れ始めた私の女の身体が、同じ年ごろの夫のものではなく、
彼のような、若い男の人のもの、
どうしようもなく、欲しがる時期だったのかもしれませんね。

それは、自分では、どうすることもできないことのようにも思え、
身体の芯から湧き上がる悦びの求めるがままに、
そして、情熱的に求める彼のために、身体を与え続けたのでした。

020109.jpg

関連記事
09:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |