FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

奈良での夜4

2020.04.21 (Tue)


106078.jpg

建物に似つかわしい伝統を感じるレストランでのお料理は、
私の大好きなホタテのワイン蒸、そして、鱧のポワレ、お肉は鴨のフォアグラソテー。
どれも、美味しかったですよ。
飲み物も、私の好きなスパークリングワインのグラスを重ねました。

育ちの良さを感じる、若く爽やかな顔立ちの彼、
それでいて、熱心に話してくれた、卒論にした石舞台古墳についてのお話など、
私、平安時代の文学が専門だったけど、やっぱり、知らないことが多くて、勉強になりました。
若いのに、しっかりしているわ。
そう思わずには、いられなかったのです。

けれど、上手にフォークが運ばれる口元を見ながら、そんな歴史のお話の間に、
その彼の身体の、若さのみなぎる固く太い男の人のもの、
根元までしっかりと迎え入れ、
その悦びに正直に身体を震わせたあの一瞬、こころによぎるのを感じていたのでした。

blog_import_5286c6b20cdf0.jpg

食事のあと、近くの庭園や池を散策しましたが、
傍からは、そんな二人の姿、どのように映ったでしょうね。
でも、そのことは、余り気にはなりませんでしたよ。
もう、彼とは、性器を繋げあった時を過ごし、
他人ではなかったことが、そう思わせたのかもしれませんね。


部屋に戻ると、予め決められたように、そっと、抱き寄せられました。
耳元を這いまわっていたくちびるが、ゆっくりと近づいてきたことが感じられ、
思わず逃げるように俯かせたのに、指先であごを持ち上げられると、
もう、諦めるようにそっとまぶたを閉じたのでした。

1873-12s.jpg

濡れたくちびるが重なってきて、舌先が開いて、探るように私の舌と絡まり合い、
唾液と一緒に吸い上げられると、
甘い喘ぎ声が漏れるのは、熟れ始めていた女として、
仕方のないことだとも思われました。

確かめるように、ブラウスの上から揉みあげる手のひらを感じ、
このまま、気持ちの高まりのままに、
身体を繋げあうことを望まれても、断り切れないほど、
何時しか知らないうちに高ぶってしまっていた身体の潤いに、
気が付いてしまったのです。

でも、そのことを知られるのは、年上の女として、そして、人妻として、
余りに、居たたまれないような気がしたのでした。

彼の胸元に手をあて、糸の引くくちびるから、やっとすり抜けると、
息を弾ませながら、浴室に向かったのでした。

furo_agari_4991-053s.jpg


お湯を使った後、鏡に自分の裸の身体を映しました。
白い肌、たわわな乳房、それは、最愛の夫だけのものであるはずなのに、
そんな気持ちとは裏腹に、
幾らもしないうちに迎えるだろう、彼の若い男の人のもののために、
恥ずかしい、一番女らしい秘唇が、正直に、
もう、薄っすらと、潤い始めていたのが分かったのです。

すぐに、彼の手で解かれることがわかっていたのに、
それでも、もう一度、バスタオル、巻き直したのは、
今は、そのことが、私が人妻である、僅かな貞操の、証だったのかもしれませんね。

furo_agari_4991-070s.jpg

関連記事
11:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT