FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

石川旅行5

2020.02.19 (Wed)


ごめんなさい、パパ。
これから先のことは、パパにお話してないんですよ。
旅行から帰った後も、本当のこと、お話ししなかったけど、
この夜、彼に抱かれてしまったんです。

bukkake_4793-026s.jpg

身体に湧きあがる桃色の快感に目を覚ましました。
いつの間にか、生まれたままの姿、豊かな乳房を、自分の両手で揉んでいることに気が付きました。

そして、そんな恥ずかしいことをさせていたのは、
曲げられた太ももの間で、ぴちゃぴちゃと音を立て、愛液を啜り飲んでいる、
彼のくちびると長い舌先のせいだって気づいたのです。

0636a039-s (2)

自分の身体を染め上げ始めたの悦びが、
もう、後戻りのできないところまできていることを知らされ、
心配していた時間が、ゆっくりと幕を上げ始めたこと、はっきりと、知らされたのでした。

「順子の蜜の味、思い出したよ」

滲みだした愛液を啜ったくちびるを舐めまわしながら、彼、そんなこと、言ったんです。
京都の国立大学出身で、今、上場企業のエリートとして、
そして、夫として、父親として、順風満帆な日々を過ごす彼。
そんな彼の巧みな舌先に、私、誘われるがままに、悦びの声、漏らしていたのです。

kn244_20140618155455e95s.jpg

大切なだんな様と、こんなことしちゃうだなんて、古くからの友人でもある、みどりさんに悪いわ、
と、今まで、何度も思ったのに、身体の悦びのままに、
また、過ちを犯そうとしていたのです。

その後は、彼の、したいがままでした。
少し、乱暴に咥えさせられたものは、
そんなこと、必要もないほど、硬く太く、喉の奥を突き続け、私、涙を潤ませたし、
秘唇にしゃぶりついて柔芽を舐め続ける、彼の熱い舌を感じながら、
私、泣き声を漏らしながら、手に握り絞めた彼のものに、舌を絡め、吸い続けていたのです。

six_nine_4920-016s.jpg

太ももが、ゆっくりと開かれ、彼が腰を近づけてくると、
それまでの、私の舌で、硬くなったものの先が、だらだらと愛液を滲ませた秘唇の溝に沿って、
何度も擦られてきたのです。

抗うことはできませんでした。
みどりさんのことも、そして、夫のことも、ここにはありませんでした。
ただ、熱く燃え上がってしまった身体の求めるがままに、
彼のものを迎えるその時を、息を荒げながら、待つしかなかったのです。

hamedori_sex_7388-012s.jpg

彼のものの先が、幾らか沈み込んだと感じられた瞬間、
仰け反りながら、思いもしない、桃色の細い声を口元から漏らして、
私の両肩の近くに突かれた彼の腕を握り絞めると、
たった今、私の身体が、彼のものになってしまってことを、告げていたのでした。

奥に進み、戻り、そして、ヒクついた濡れた肉壁を押し開くように、更に奥に進み、
とうとう、彼の太いものの先が、私の身体の、一番奥に届いたことを感じさせられると、
ただ、それだけで、目の前が真っ白になるような悦びの頂に、
昇りつめていたのです。

sex_4610-030s.jpg

関連記事
12:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |