FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

石川観光3

2020.02.04 (Tue)


彼と、若い身体を繋げ合ったのは、もう、随分と昔のことなのに、
忘れられない、良い匂いのする広い背中、
彼の強い腰の動きに仰け反りながら、抱き寄せてきました。

夫のいない夜だからこそ、過ちを犯してはいけなかったはずなのに、
お酒に酔い、隙だらけだった私のこころに忍び込んできた彼
その彼の男の人のもの、抗うこともなく、身体の奥に迎えてしまっていたのです。

seijyoui_4438-160s.jpg

幾度も肌を寄せ合い、お互いの身体を知り尽くしていたせいでしょうか。
恥毛を絡ませ合い、愛液を滲ませながら、僅かな時間で、悦びの時が近づいてきて、
恥ずかしい声、自分が叫びそうで、
思わず、彼のくちびるを求め、舌を絡めると、唾液を啜ってしまっていたのです。

seijyoui_4438-165s.jpg

身体を襲う、恐ろしいよう悦びの予感に、そして、その悦びを深めるために、
諦めたように、彼の腰に、両足、絡めてしまったのでした。

sex_4752-153s.jpg

何か、自分が、大声をあげたような気がして、はっと、意識が戻り目を開きました。
素肌の上から、薄く白いバスローブのような寝具を羽織っていましたが、
なぜだか、重ねがだらしなく広がり、
こぼれでた豊かな乳房を、茜色の薄いルームランプが染めていました。
いつもは、柔らかい乳首が、今は、痛いほどに固く膨れ上がり、
触れもしないのに、甘い快感を身体の隅々にまで、広げていたし、
恥ずかし秘唇、これから、男の人のものを迎える時のように、、
薄っすらと開き、しっとりとしているようにも、感じられていたんです。

521a9c73-s.jpg

やっぱり、彼のこと、本当は、身体が欲しがっていたんでしょうか。
あの時、自分でも驚くほど、彼のくちびるから上手に逃れ、
腰に廻された彼の両手振りほどいて、部屋に戻っていたのに、
夢の中では、自分の身体の求めるがまま、正直に、
人妻として、過ごしてはならない時間の中を、過ごしてしまっていたのでした。

今日は、能登観光を楽しんだ後、和倉温泉に泊まる予定だったけど、
昨日連絡があったように、夫は、一緒に行けないんです。
どうなるか分からない、そんな時間を思って、そっと、目を閉じるしかなかったのでした。

4e8cb764-s.jpg


関連記事
14:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |