FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

石川観光

2020.01.20 (Mon)


東京からの真っ白な新幹線が、金沢駅のホームに滑り込んできました。
号車が分かっていたので、その前で待っていたから、
開いたドアから出てきた、みどりさん夫婦、すぐにわかりましたよ。

こぼれるような笑顔のみどりさんの後ろに、背の高いスマートなだんな様が見えて、
なぜだか急に昔のことが思い出され、胸が、きゅんってなりました。

でも、良かったわ、とんでもない暑さだけど、雲ひとつない、いいお天気で。

d4ee10849bbe9e13c1410b6b7ae8c912.jpg

大学時代の友人、みどりさん。
外人さんみたいなスタイルだし、お勉強ができて、クラスでも人気者でした。
学生時代からお付き合いのあった、同じ京都の大学に通っていた彼と
卒業した後、暫くして結婚、
今は、東京で暮らしながら、二人の子どもさんにも恵まれ、お幸せな毎日です。

A73119px01_12315A.jpg

在学中、何度か私の実家に泊まりながら、一緒に北陸や新潟を尋ねましたが、
だんな様は、今まで、こっちには来たことがないとのことで、
今回、二人で旅行に来てくれたんですよ。

「まぁ、すごいわ、昔とはぜんぜん違うのね」

駅前のもてなしドームや鼓門に歓声、
確かに北陸新幹線が来て、前とは見違えるようになってるんです。
皆さんも、一度、遊びに来てくださいね。ご案内させていただきますよ。

20151123_0264.jpg

駅前の背の高いANAホテルのフロントに荷物を預けて、
5階のレストランで、お昼を頂きました。
兼六園を思わせる日本庭園を眺めながら、
北陸のお料理を楽しみに来たわって言ってくれた、みどりさんたちの期待を裏切らない、
美味しい和風ランチでしたよ。

crowne-plaza---ana-kanazawa-shi-3892402540-4x3.jpg

「ますます、綺麗になったんだね」

みどりさんが席を外した間に、急に真剣な眼差しになった彼、
テーブルの上のコーヒーカップ、ゆっくりと廻しながら、
そんな、私を困らせるようなこと、
小さな、それでいて、はっきりとした声で言ったんです。

23-h14016-mt.jpg

「もう、忘れてね。昔のことだから」
「忘れたって思っても、急に、思い出すんだ、君の身体のこと」
「駄目よ、みどりさんに悪いわ」

目を伏せると、私、そう言うのが、精一杯でした。

学生時代。みどりさんのマンション、
シャワーを使っていた浴室で、そして、隣の部屋にみどりさんがいるというの客室で、
彼の求めるがまま、身体を繋げ合い、若く熱い彼の男の人のしるし、
おびただしく、注がれました。
そして、彼が大学を卒業するまで、みどりさんに隠れるようにして、
ただ、身体の欲望が求めるままに、ただれるような時間を過ごしたことがあったんです。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg

それに、二人が結婚した後、
思いもかけず東京で出会った時も、まるで、約束をしていたかのように、
身体を繋げ合ったことも。

主人には、お話してあるんですよ。

「みどりさんの彼と」はこちらからどうぞ

関連記事
15:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |