FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マスカレード7

2019.11.27 (Wed)


それでも、私、ゆっくりと、身体を回すと、仰向けになり、彼の肩を抱き寄せました。
なぜだか分かりませんでしたが、
Nさんの男の人のもの、今は、自然な形で迎え入れたかったのでしょうか。

02093.jpg

数年前、地中海の船の上で抱かれ、他人ではなくなったNさん。
その後も、最愛の夫から言われるがまま、
まるで、彼の愛人のように、度あるごとに抱かれ、
何度となく、彼の熱い精液、身体の奥に迎え、身体中に染み込ませていたのです。

ただ、ここ何度かは、彼の身体の調子が悪くて、
胸元に、男の人のしるし、撒き散らされたり、お口に含んで飲み下すことはあっても、
お互いの性器、繋げあうことができないでいたんです。
けれど、温かい肌を重ねあうだけの時、
それは、それで、私にとっては、幸せな時間ではあったんですけど。

抜かれた彼の熱い男の人のものを、
もう一度、ゆっくりと、自分の身体が迎え入れ、
重ねられてきたくちびるを、私の方から、舌先で開き、唾液を啜り合いながら、
喜びの曇った声を、微かに漏らしていたんです。

berochu_5205-128s.jpg

「若い男に入れられて、順子が、あんなにいやらしい姿見せるだなんて…」

Nさん、そう言いかけるとに、
自分のそんな言葉に、興奮したんでしょうか、
倒れかけるように、私の柔らかい身体を息が詰まるほど抱きしめ、
私の太ももを押し開いた彼のたくましい腰が、急に深く強く突き入れられ、
とうとう、震えだしたんです。

あぁ、中に出してくれるんだわ。
Nさんの精子が欲しい、いっぱい、欲しい、あの時みたいに。
そう、思った私、両手を彼の首筋絡ませ、ぶつけるようにくちびるをねだると、
身体の奥、段々と温かくなっていくの、感じていたのでした。

二人の荒い息遣いが重なり合い、精液と愛液の混ざったふしだらな匂いが、
薄暗い部屋の中を、漂っているようにも思えました。
あっ、と思うと、すっかり硬さを失ってしまった彼の男の人のもの、
私の肉壁の柔らかな締め付けのために、
おびただしい精液と一緒に、ゆっくりと押し出されたのです。

跪いた彼の腰が、胸もとに近づいてるくると、Nさんが何を望んでいるのがわかりました。
それは、これまでの、彼との営みの中で、
求められなくても、むしろ、私の方から望んで繰り返す、二人のお約束事なんです。

miuraeriko38a.jpg

硬さを失ってしまった、彼の精液と、私の愛液に濡れた男の人のもの、
何のためらいもなく、お口に含むと、
舌を絡めて、髪を揺らして、
そして、彼の大切な名残りの精液、もっと、出してほしくて、
甘い声をあげて、吸い続けながら、

「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」
「夫以外の人に抱かれるって、どうして、あんなに良いのかしら」

そんな桐子さんの言葉、思い出していたのでした。


関連記事
15:14  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |