FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マスカレード6

2019.11.20 (Wed)


喘ぎのいくらか治まった身体に、はだけたバスローブを羽織り、
薄暗い広いリビングの、
できるだけ人目のつかないようなジュータンの上に、
ふらふらと、身体を横たえました。

若い彼に、あれだけ抱かれたはずなのに、
身体の芯からの、燃え上がるような快感は、治まることもなくて、
私、熱い息を漏らしながら、白い身体、悶えさせていたんです。

015121.jpg

「さっき、彼女から飲まされたもののせいなのかしら」

うつろなまま、そんなことを思っていたのですが、
ふいに、腰を持ち上げられ、バスローブがめくられると、
熱い肌、押し付けられたのです。

「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」

3p_4530-026s.jpg

そんな、桐子さんの言葉が思い出されました。

その熱い腰から突き出ていただろう、更に熱い男の人のものが、
さっきまで、若い男の人のものを迎え入れていた、
まだ、潤う自分の秘唇の襞、探るように上手に押し開いて、
一気に身体の奥まで、突き入れられてきたのです。

pakopako_sex_6828-054s.jpg

「あぁ、駄目」

けれど、そんな、悲鳴のような私に、応えるようにして、
思いもかけず、
「順子」って、曇ったような、懐かしい声、聞かされたのでした。

「えっ!」

そう、振り返って見上げると、黒い仮面はしているものの、
それは、まぎれもない、Nさんだと思えたのです。

「順子がここに来るって聞いてね。
さっき、若い男にいいように抱かれている、いやらしい姿見たら、我慢できなくなって」

そう言いながら、ちょっと、乱暴だと思えるほど腰を突き入れ、
両手で掴んだ私の腰、激しく、揺らしたのです。

「えっ、どうして?」

そうも思いましたが、そんなこと、考える間もなく、
正直に私の身体、Nさんの太いものからの与えられる燃え上がるような快感に、
翻弄され始めていたのでした。

pakopako_sex_6828-064s.jpg
関連記事
15:49  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |