FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マスカレード5

2019.11.13 (Wed)


そう言われた時には、濡れた肉襞、ゆっくりと押し開きながら入り込んできた、
彼の太い男の人のものが、
私の身体の、一番奥にまで届こうとしていて、それだけで、もう、
強烈な悦びに導かれ始め、身体を仰け反らせていたのでした。

resize_img (8)

「この別荘のオーナーの息子なのよ、悪い子じゃないわ、お金持ちだしね。
あぁ いやらしい、ご覧なさいよ、あなた、ほら、こんなに根元まで咥えこんでるのよ」

「あぁ、すごい狭いんだね」

そんな彼からの、聞きたくもない言葉聞かせられながら、
その時、気が付いたのです。
知らないうちに、私たち、二人の前のジュータンの上で、
動物のように繋がりあっていた、仮面を着けた知らない裸の二人に、
しっかりと性器を繋げあった私たちの恥ずかしい姿、見られていることに。

208a5ae1-s.jpg

彼の両手に後ろから腰を抱かれ、突き上げるようにして、下から何度か揺すられると、
彼女から言われるたように、夫のことはこころから消え去っていきました。

身体の求めるがまま、自分から手繰り寄せようとした悦びの頂に、
もう、幾らもしないうちに昇り詰めることがわかり、
私、自分のいたたまれない恥ずかしい叫び声を聞かせないように、
慌てるようにして振り向くと、
彼のくちびる、また、自分からねだってしまっていたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

それに、繋がった二人の性器を這いまわっていた彼女の二本の指、
私の濡れた柔芽に添えられて、上手に震わせていたのです。

「あぁ、もう、我慢できない。ほらっ、出すよ」
「ほらっ、出してくれるって、旦那様のこと忘れて、全部、受け入れてね」
「嫌ぁ、堪忍して。あぁん」

sex_6576-059s.jpg

そう言って、髪を振って抗ったのに、
急に息を乱した彼、
私の身体が浮き上がるほど腰を突き上げ、
後ろから回した両手で、乳房をこねるように握りしめると、
曇った息を聞かせたのでした。

身体の奥で、私の肉壁を押し開いていた彼の太いもの、びくっびくって何度も脈打ち、
男の人しるしが、はじき出されのがわかると、
それにつられるようにして、悦びのタイミングを上手に合わせた私、
悲しげな細い声を漏らし、仰け反りながら、昇りつめてしまったのです。

d3eb7b01-s.jpg


ひきついていただろう秘唇から、彼の男の人のものがゆっくりと抜かれた後も、
横たわった裸の身体から、激しく昇りつめた名残の麻痺は、なかなか治まらないで、
その度、甘い声を漏らしていました。

彼と彼女のくちびる、私の方から、何度も、吸い続けたせいでしょうか、
なんだか、くちびるが熱くなって、いくらか、腫れたようにもなっていて、
そんな恥ずかしい自分を、いたたまれなく感じてもいたんです。
その肌に、しばらく、彼女の手のひらが這いまわっていましたが、

「ほらっ、彼からのプレゼントよ」

って、今しがた私をあんなに泣かせた彼の男の人のものから、
外されたスキン手渡されたのです。
それは、驚くほどの量の男の人の液で満たされていて、温かささえ感じました。
今夜、初めて逢って、肌を合わせてしまった若い素敵な彼、
でも、私の身体を、こんなにも喜んでくれたくれたのかと思うと、
なぜだか、愛おしさえ、こころに染みたのでした。

72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

「セックス、しちゃったわ。それも、三人と」
「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」
「夫以外の人に抱かれるって、どうして、あんなに良いのかしら」

そんな桐子さんの言葉、思い出されました。
名前さえ知らない若い男の人に抱かれてしまった、思いもかけなかったパーティー。
けれど、桐子さんの言っていたように、これだけでは、済まなかったのです。

関連記事
09:29  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |