FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マスカレード4

2019.11.01 (Fri)


どうかしていたのは、間違いありません。
彼女の巧みな指に、何度も悦びの声をあげさせられ、裸の身体を震わせ、
そして、彼女と入れ替わるように隣に座ってきた若い男の人に、
強引に肩を抱き締められ、顔を寄せられても、
何も抗うことなく、ねっとりとくちびるを重ね合い、
差し入れられてきた舌を、むしろ 私のほうから、絡めあうように委ねてしまっていたのでした。

仮面越しではありましたが、端正な顔付の、若い青年だったらしく、
黒いバスローブの重ねがはだけ、筋肉質の身体が見て取れました。

2715.jpg

「あの、不思議なお酒のせいだわ」

バスローブがはだけ、身に着けるもののない私の裸の身体を、
彼、ソファーに深く座った自分の腰の上に、軽々と股がらせると、
くるって回転させ、私を背中から抱き寄せたのです。
後ろから、脇の下から差し込まれた彼の手のひらが、
もうろうとした私の乳房を揉み上げ、いいように味わっているようでした。


「なんて素敵な身体なんだ、おっきな胸なのに、腰はこんなにくびれて。
聞いてた通りなんだね」

首筋に、さっきまで吸いあっていた濡れたくちびるが這いまわると、
そのくちびるを望んで顔を後ろに向け、私の方から、ねだっていました。

彼、二度、三度、そんな私に、どろりと唾液を飲ませ、
上手に膝の後ろに手を添えると、私の、太ももを大きく開きました。
そして、おびただしく愛液を滴らせている秘唇に、
その若々しく太い男の人のもの、擦り付けてきたのです。

0f7519d0-s.jpg

「さぁ、入れてもらうわよ。ほらっ、こんなにおっきいの」

そう言うと彼女、硬くなった私の乳首を甘噛みしながら、
二度、三度しごくように動かしていた彼のもので、私の滴るように愛液を潤ませた秘唇、
上手に押し開きだしたのです。

sex_5795-019s.jpg

「あぁ、駄目、かんにんして。夫がいるの」
「ここじゃ、旦那様のことは忘れて、今は、彼のおんなになるのよ。ほらっ」

私の掠れるような声に重なるようにして、彼女、嬉しそうにこう言ったんです。

「虜になるわよ、彼の」


関連記事
09:04  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |