FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「幸せの行方」 その20 写真集

2019.08.24 (Sat)


d24632-378-738387-0.jpg

桐子が薫を膝に抱きあげ、これ以上はない笑顔で覗き込むと、

「もう、こんなに大きくなって、おばあちゃん、抱っこがたいへんだわ」

そう、言いながらも、それまで以上の微笑で、薫と笑い合った。

二週間ぶりに、実家での食事だった。
出入りの魚屋が、良い蟹が入ったからと、
食べやすいように調理をして、持ってきてくれていた。

食後の団欒の時間を、広いリビングで過ごしていたが、
両親たちとの話は、やはり、薫のことが多かった。

「薫ちゃんも、そろそろ、お兄ちゃんになりたいわねぇ」

桐子の穏やかな視線が、順子に向けられる。
そして、その言葉に、つられる様にして、
いつになく、上機嫌な院長が、

「そうだな、薫のためにも、兄弟は多いに越したことはないから、
 順子さんにも、頑張ってもらわないとね」と、

桐子に抱かれた薫を見ながら、
多田が持ってきていた新潟の吟醸酒の杯を飲み干した。 

夏の大吟醸生原酒-イメージ商品アップ(大)_背景修正済_(中)

恥ずかしそうに、視線を落とした。
何か、言わなければいけないとも思ったのだが、
すべてを知っている雅彦もいるし、
何と返答していいのか、言葉が見つけられなかった。

既に母親である、女としての自分の身体が、
次の子どもを産むことを求めていることを、強く感じ始めていた。
順子自身、許されることなら、薫の兄弟をと思っているのだが、
けれど、それは、
もう一度、慶彦に抱かれ、、もう一度、自分の身体の奥に、
慶彦のものを注ぎ込まれることに、他ならなかったのだ。

順子は、軽い眩暈を感じながら、
家族と自分の身体が求めるもののために、
もう一度慶彦に抱かれることは仕方のないことだと、
納得するしかないように思えていたのだ。

5366.jpg


関連記事
12:06  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |