FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

恩返し4

2019.08.16 (Fri)


486.jpg

楽しみにしていた夕食、のど黒のしゃぶしゃぶや能登牛石板焼きなど、
旦那様方大いに喜んで、お酒も随分と進んだみたいだし、
私たちも、結構頂きました。
明子さんたちの、パリでの思い出話が、とっても面白かったんですよ。
外人さんはどうだ、こうだと、ちょっとえっちなお話もあったんですけど。

25410014905.jpg

お皿が引かれると、主人、明子さんたちと、海辺の方に散歩に行くっていうので、
私ひとり、先にロビーの方に降りて、お土産の品定め。
部屋に戻ると、あらっ、旦那様がお一人。

2379 (1)

「ふたりとも、下の松林に行っちゃいましたよ」

そう言って、ホテルの裏にある見事な松林に続く散策路の方に目を移しました。
私も、一緒に二人の姿探しましたが、
そっと、後ろから、彼の身体が寄り添ってきたんです。

「明子のことで、順子さんやご主人に無理を言って申し訳なかったですね」
私が、言葉を探しきれないでいると、
「けれど、そのお陰で、こんな時間を過ごせるんだから」
って、私の浴衣の身体に巻き付かせた両腕に、ぎゅうって、力こめたんです。

00232.jpg

「あんっ! 駄目」って、
甘い声が出て、思わず仰け反りました。
こんなことにはならないだろうと思っていたのに、
皆が望む夜に向かって、桃色の時間が少しずつ、流れ始めようとしていたのでした。

おとがいに手を添えられると、いい匂いのする息が近づき、
彼のくちびるが、私のくちびるを求めてきたことが分かりました。

1873-12s.jpg

夫が、近くにいるというのに、
求められるがままに、人妻としてのくちびるを、
夫ではない男の人のくちびるに、許してしまうのでしょうか。
くちづけは、それだけでは済まない時間の始まりだとわかっているのに。

僅かに、彼のくちびるが、自分のものに触れたと思えたその瞬間、
私は、自分でも驚くほど上手に、彼の両腕からすり抜けていました。
そして、乱れた息を整えながら、浴衣の胸元を重ねなおすと、

「私たちも、お散歩、行きましょうね」って、
恥ずかしそうに微笑み返したのです。
あぁ、危なかったわ。

こうして更けていった能登の夜。
四人がどんな時間を過ごしたのか、
ごめんなさい、それは、ひ・み・つ です。

ふふ。


関連記事
09:50  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |