FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

恩返し2

2019.08.06 (Tue)

thCA5BLL8F.jpg

「朝食は、ホテルで、済ませてくるから」
そう言ってたとおり、二人、次の日のお昼前に帰ってきましたが、
ひどく遅かったわね、今まで、何してたのかしら。

その後は、皆で、明子さんのために観光。
ご希望通り、二人、肌を寄せ合って、身体を繋ぎ合ったのでしょうか、
主人、私のもとに戻ってきたはずなのに、
明子さんたら、時折、主人に腕を絡めてたりして、
なんだか、どちらが奥さんか、わからない様子だったんですよ。

a9273562.jpg

夕食は自宅で手料理をって、台所で明子さんと二人で下ごしらえ。

「昨日は、ありがとう。ごめんなさいね」

聞こえない振りをして、手元の視線を移さないようにしたんだけど、
「ご主人すごいのね、順子、幸せだわ」だって、

もぉ、何が、すごかったのかしら。

00021.jpg

「約束どおり、今度、主人に恩返ししてもらうから、楽しみにしててね」

恩返し? それって、どうゆうことかしら。
まさか、私が明子さんの旦那様に、抱かれるってこと!
やだぁ、それが、恩返し!

sex_5741-124s.jpg

この街のご馳走と言えば、海産物と日本酒。
大阪も、美味しいものがいっぱいなんだろうけど、
その日の自宅での夕食、明子さん、とても、喜んでくれました。
私の隣に座った主人、今夜は、間違いなく私の大切なパパでいてくれたのです。

こうして、二日目の夜が更けていきました。

きっと、真夜中だったと思います。
暗がりだったので、何時だったかはわかりません。
けれど、主人が寝室にいないこと、すぐに気が付きました。
そして、どこに行っているのかも、なぜだか、察することができたのです。

二つの部屋を間に挟んで、
一番、奥にあるゲストルームにいる気がしたのです。
そして、そのゲストルームには、明子さんがいるのでした。

どちらが誘ったのかしら、
昨夜の繋がりを、お互いの身体を、忘れることができなかったのでしょうか。
それぞれの寝室に入った後、
もう一度、昨日の夜と同じような桃色の時間を過ごそうと、
私に、気付かれないように、約束したのかしら。

9bf5cbd0-s.jpg

明子さん、自分だけではどうしようもない、身体の求めのおもむくままに、
「すごいのね」って言っていた、
私の大切な主人のもの、迎え入れているのでしょうか。

今の時間が、夢の一幕であるように願いながら、私はそっと、目を閉じたのでした。


関連記事
08:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |