FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

恩返し

2019.08.01 (Thu)


「主人、帰ってくるの。これで、順子へのご恩返しができるわ」って、
大学時代の先輩だった、明子さんからの電話がありました。

大学に入学仕立てだった私たちに、
学科の先輩としていろいろとお世話していただいた明子さん。
卒業した後も、時折開かれる同窓会や、女子会の旅行などで親しくしてもらっていました。

久し振りに順子の顔が見たくなったって電話があり、
私の街まで遊びにきてくれたのは数年前のことでした。

caption.jpg

その日、大阪からやってきた明子さんを、駅までお迎え、
二度目だっていう街のご案内をした後、主人と合流しての夕食の時、
困ったこと、頼まれたんです。

「ねぇ、順子。旦那様、今夜、貸してくれないかしら」
和食を楽しみながら三人で談笑した後、主人がちょっと席を離れた時のことでした。

大学を卒業して、幾つか上の商社マンの素敵な旦那様と結婚。
パリでの生活を、永く過ごしてたんですけど、
お母様の身の回りの世話をって、ご主人をパリに残して実家での生活。
仲の良い旦那様とは、一年に数回しか会えないのよって、聞かされてました。

「今、ちょっと、危ないのよ。身体が男の人、欲しがってたいへんなの。
 順子の旦那様だったら、安心して抱いてもらえるし、ねぇ、いいでしょ」

fu-051-s.jpg

唖然としました。
女としての身体、男の人欲しがるのって、私にだって、よくわかります。
ほんのちょっとしたことで、身体が燃え上がり悶えるのって
ありますよね。
そんな時、旦那様がいないんじゃ、えぇ、確かに危ないわ。
けど、明子さんのお相手が、主人ということになると…。

sex_5165-158s.jpg

「そんなことしちゃ、叱られちゃうわよ、旦那様に」
そう言うしかありませんでしたが、

「実はね、私がパリでも随分とアバンチュール経験してること、主人も知ってて、
今日のことも、話してあるの、主人だって、結構、楽しんでるのよ」

私、驚いて明子さんの顔、見ました。

「大丈夫よ、変なことにはならないから、今夜だけで、いいの。
それに、ご恩返しはするわ、主人、けっこう、上手だから、
きっと、順子も喜んでくれると思うの」 

そう言うと、丁度戻ってきた主人に、華のような笑顔を向けたのでした。

「順子のお許しいただいたわ、今夜一晩、あなたの奥様になること」
驚いたパパの顔、私に向けた視線、うつむくしかなかったのです。

女性が強引に身体を求められたときに、男性から言われる、一番、嫌な言葉。
「減るもんじゃないし」

ju65s.jpg

確かに、夫とのこと、許してあげることで、
私への愛情が薄れることって、ないだろうと思うんだけど、
妻としてやっぱり、困るわ、
そう、思い直したのは、後戻りのできない、
自宅に一人で帰る、タクシーの中だったのでした。



関連記事
15:19  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |