FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ハワイ旅行3 キラウエア火山 

2019.04.22 (Mon)


ハワイ旅行二日目 キラウエア火山

腕枕をしてもらっていた、パパの広い胸の中で、ゆっくりと目を覚ましました。
窓からは、今日も暑くなることを思わせるような、
真っ青な空の色が、覗いていました。

パパがそうさせていたのかわかりませんでしたが、
自分でも知らないうちに、私の手のひら、
大好きなパパの男の人のもの、握り締めていました。

c3737040-s.jpg

そっと、その脈を打つような、大好きなもの、
私の手の動きに応えるようにして、だんだんと太くなっていくようにも思えたのです。
あぁ、すごいわ、こんなにおっきなもの、私の狭い身体の中に入るのね。
そう思っただけで、身体が熱くなってきて、
私、可愛らしいパパの乳首、思わず、甘噛みしたのに、

「さぁ、朝ごはん行こうか。お腹すいたね」
えっ! じゃあ、今夜まで、パパのこれ、お預けなの、もう、馬鹿ぁ。

hotel03.jpg

今日は世界遺産の「キラウエア火山」の見学です。
ホテル前に止めてあった、ツアーバスに乗り込みましたが、
出発の時間間際になって、里子さんたちが、慌てるようにして乗り込んできました。

「もぅ、先生が離してくれないのよ、バスが出発するからって言ったのに」
「まぁ、仲良ししてたの」
「そうなのよ、もう、お洋服着てたのに、 急に、私のこと、欲しくなったって。
 男の人って、旅先で元気よね」

tachi_back_4909-001s.jpg

「ふふ、いいじゃないの、お幸せで」
「とうとう、朝ごはん抜きだわ」
「いいわよ、ほら、直ぐに、マラサダ食べるみたいだから」

スケジュール表を見ながら、私がそう言うと、
「だったら助かるわ、あっ」
「えっ 何?」
「だって、シャワー使う時間もなかったのよ」
そう言うと、お腹に手を当てたんです。

「まぁ」
「あぁん、たいへん」
「お手洗いまで、まだ、かかるわよ」
「しょうがないわね。先生、いっぱい出してくれたんだから」

ntr_6401-022s.jpg

本当は、そうじゃなかったけど、
急に、男の人の液の、青臭い強い匂い、漂ったような気がしたんです。

途中のドライブインで、楽しみにしてたマラサダを頂きました。
バターや卵、生クリームが入ったおっきな揚げドーナツですが、
女性には人気のハワイのお菓子ですよね。
えぇ、美味しかったですよ。

「危なかったわ、もう少しで、下着に染みができそうだった。
 後から、後から、にじみ出てきそうで」

そんな恥ずかしいこといいながらも、里子さん、目を細めて、まんざらでもなさそう。
仕方がないですよね。好きなだんな様から求められて、
愛情のしるしを注がれるって、
妻としては、これ以上、幸せなことないんだから。


途中、ワイピオ渓谷展望台や、ビッグアイランド・キャンデイーズ、
虹の滝を見学したあと、世界遺産のキラウエア火山国立公園に着きました。

火山って言うと、叔父さんの住んでいる熊本の阿蘇山に行ったことがあって、
あそこも火口見学ができて、感激したんですけど、
ここもスケールの違う火口で、素晴らしかったです。
今回はできませんでしたが、火口周辺のナイトツアーがあるみたいで、
もう一度、訪れる理由ができました。

src_10072123.jpg

一度、ホテル戻って夕食を楽しんだ後、
マウナケア・ステートパークで、星空観察に出発。
標高2000mを越える高台でしたから、南国とは思えないほど冷え込みましたが、
都会では見ることのできない星空、素敵でした。

後ろから、パパに抱きしめられながら、満天の夜空に瞬く星たちを眺め、
涙が出るほど、幸せな時間でしたよ。
あぁ、フリースの上着やニットの帽子など、防寒着、準備して行ってくださいね。

colorful_milky_way_hd__supported_all_resolutions__by_shaiderali-d78q2y2.jpg

12時前、ホテルに到着。シャワーを浴びて、寝てしまいました。
朝、起き抜けのことがあったから、
私は、抱いてもらいたかったんですけど、パパ、早々と寝息、
今日は、結構、ハードな日程だったから、まぁ、仕方ないですよね。

1493-21s.jpg


関連記事
15:35  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT