FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ひろしとのこと10 モーターホテル

2019.03.11 (Mon)


「いつ、だったら、いいんだ」
「えっ、何が」
「生で出せるの、いつだったら」
「嫌、そんなこと」
「欲しいんだろう、俺の」

creampie_sex_5094-015s.jpg

約束もないままに、突然、自宅にやってきた彼と、
動物たちのように、身体を繋げ合い、抱かれ続けられ、
私の身体の奥に、そのまま、注ぐことを諦めてもらうために、
自分から、彼の男の人のものにむしゃぶりついて、
お口に出してもらったあの日の午後。

けれど、その後のまどろみの時、
乳房を揉まれながら、そう、言われたのでした。

女性の身体の奥に、自分の男の人のしるしである、濃い精液を注ぎたい。
それは、男の人にとって、大切なお勤めだし、当たり前のことなのでしょうけど、
彼の妻ではない私には、もちろん、許せることではないんです。

これまで、夫以外の男の人と、身体を繋げ合ったこと、幾たびもあります。
それは、このブログを読んでいただいている皆さんは、よく、ご存じの通りです。
お腹の上、乳房や乳首に、その温かな液、振り撒かれたこともあるし、
怒っているような熱い男の人のものに、
私がお口に含んだスキンを被せたことも、少なくありません。

bukkake_4793-109s.jpg

夫と結婚して、とにかく、早く彼との赤ちゃんが欲しかった私、
流石に、夫が困るほど、毎日おねだりして、そして、沢山、注いでもらい、
夫婦で計画した通りに、子どもたちにも恵まれたんです。

けれど、その後、夫ではない男の人の精液、何度も、迎えてしまいました。
周期的に、安全ではない時もありました。
今思うと、間違いなく、授かってしまうタイミングだったことをもあったけど、
幸い、お医者様に、相談することや、悲しい思いもせずにすんでいるんです。

mashiro_sae_7411-012s.jpg

「いつ、だったら、いいんだ」
「えっ、何が」
「生で出せるの、いつだったら」
「嫌、そんなこと」
「欲しいんだろう、俺の」

そう言われて、人妻であるはずの私、
さっき、お口の中にはじき出され、蒸せながらも、懸命に飲み込んだ彼の精液、
身体の奥に注がれることを想うと、虚ろになってしまいったのでしょうか、
彼が、心置きなく、私の中に、注ぎ入れることができる周期、
教えてしまっていたのでした。
それも、その時夫が、北海道への出張で、暫くいないことまで。
彼との、激しい営みに翻弄され、どうかしていたんでしょうね。

「泊まりでいいだろう」
「駄目よ、そんなこと」
「気絶するまで可愛がって、たっぷり、出してやるよ」
「嫌よ、怖いわ」

そう言った私、滑り落ちたブラウスからこぼれ出た乳房に、
彼の手のひらを誘いながら、自分からくちびる、ねだってしまっていたのです。

9708b51b-s.jpg

人妻と、金融会社の社員、彼も、私も、人目は心配なことでした。
前と同じように、私は、電車に乗って、幾つか先の駅で降りた後、
そこで待っている彼の自動車に乗ったのです。

そんな、隠れるような時間に、段々と、慣れたようになっていました。
その日の朝、北海道に向かう夫のために、妻として、かいがいしく準備を整えた私、
けれど、玄関先で旅行バッグを手渡し、短いキスを終え、
送り出した後のドアを閉めたその瞬間、もう、彼の妻ではありませんでした。

約束の駅で待つだろう恋人のために、
少し透けるセクシーな下着をつけると、
もう、人妻であるはずの、いつもの私ではなかったのです。

140416c_00261-580x359.jpg

富山を過ぎ、二人を乗せた自動車が、
それまで走っていた専用道路から降りると、山手の方に向かいだしました。
毎冬、乗鞍温泉スキー場ーに行くときに、使う道のようにも思えましたが、
日頃、運転は主人に任せているので、はっきりとは、分かりません。

今朝、北海道に出張する、その主人を自宅で送り出した後、
私は、別の顔をして、今、夫ではない男の人の隣にいたのです。

夫ではない男の人に抱かれるために、
その場所に向かう時間を過ごしている私。

それまで、乳房の上に撒き散らされたり、
求められもしないままに、喉を鳴らして飲み下した、粘り気の強い彼のしるし、
とうとう、身体の奥に注がれる時を、迎えようとしていたのです。

005122.jpg

本当のことを言うと、
その日、自宅の玄関ホールで、主人とくちびるを重ねあいながらも、
これから始まろうとしている、主人ではない男の人との時間を思い、
すでに、しっとりと身体を濡らしていることに、気が付いていたのです。
彼を迎えるために、正直に身体を潤ませ始めながら、
その時は、重ねあった夫のくちびるに、いくらかの喘ぎ声、漏らしていたのでした。


これと言ったお話もしないままに、連れてこられたのは、
山間の木々の間に、隠れるようにして佇む、
少し古く思えるような、質素なモーターホテルでした。

「ここが忘れられない場所になるんだ」

そう言われながら、後ろから羽交い締めにされた私、
首筋に這う、彼の濡れた舌を感じ、
薄っすらとくちびるを開くと、恥ずかしい甘い声を漏らしてしまい、
前に廻されて彼の手に、上手にブラウスのボタンを外され、
ブラを外された乳房がこぼれ出て、下から揉み上げられたんです。

bc5b006f-s.jpg

お風呂のお湯が揺れて、小さな音をたてていました。
それは、湯殿に腰かけた彼の腰に手を回し、
反り返った太い男の人のもの、お口の奥にまで咥えてしまっていた私の身体が、
ゆっくりと、振れているせいだったのでしょう。

伸ばされた彼の指先に摘ままれた乳首が、固くなってしまっていることが分かり、
そこから、身体中に広がる、居たたまれない甘い快感に誘われて、
髪を揺らしながら、そして、手の動きさえ、早めていました。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

頭の中が、紅色に染まり、もう、人妻としての、こだわりはありませんでした。
ただ、女として、待ち焦がれた彼のしるし、ただ、正直に求めてしまっていたのです。


関連記事
09:48  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |